YBC社説放送

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
YBC社説放送
ジャンル 報道番組ニュース解説番組
放送時間 毎週月曜 - 木曜 16:30頃 - 16:40頃(10分)
放送期間 1978年10月2日 -(9000回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 山形放送
出演者 山形放送のアナウンサー
解説委員
ほか

特記事項:
スタート当初は『おはようYBC・けさの主張』
として、平日の朝に放送されていた。
また、ラジオでも放送されていた時代もあった。
放送回数は2015年10月現在。
テンプレートを表示

YBC社説放送』(ワイビーシーしゃせつほうそう)は、山形放送テレビで放送されているニュース解説番組。現在は『news every.』月 - 木曜日第1部の一部をローカル差し替えの上、放送している(ただし、祝日は差し替えを行わずに休止する)。おおよその放送時間帯は16:30 - 16:40頃。かつてはラジオでも放送されていた。

概要[編集]

1978年10月2日に『おはようYBC・けさの主張』(おはようワイビーシー・けさのしゅちょう)と題して放送を開始。当初はニュース解説とローカルニュースを融合させたワイド番組であった。山形放送との結びつきが強い山形新聞社から論説委員が日替わりで出演し、新聞掲載の社説の内容を資料映像や音声を使用することで具体的に解説している。なお、日によっては山形新聞と連動しない「山形放送独自の社説」を展開する日もある。スタート当時の放送時間は7:30 - 8:00。タイトルはその後、『YBC社説放送・けさの主張』(ワイビーシーしゃせつほうそう・けさのしゅちょう)を経て、1988年7月から現在のタイトルとなる。一時期、11:00からの『YBC昼のニュース』でも再放送されていた。

現在の番組構成は前半に『社説放送』本編を、後半に『YBCお天気情報』を短く放送する構成となっている。2014年3月28日までは前半に『社説放送』本編を、後半に『YBCニュース』と当日夜の『YBC news every.』の予告と『やまがた東西南北』を放送する構成となり、さらに2011年7月までは山形新聞夕刊の記事紹介をしていた。夕刊記事紹介がある理由は、郊外では夕刊が翌日朝刊と同時配達になること(事実上の統合版)とかつてこの時間にローカルニュースの『YBCニュース350』を放送していた時の名残で、エンディングのBGMも『ニュース350』時代のものが引き続き使われている。祝日等夕刊が休刊の日には県内ニュースを伝える。なお、山形新聞夕刊は2011年7月31日で廃刊となり、夕刊紹介は7月29日に終了した。

ラジオの『けさの主張』は、その日の山形新聞朝刊の社説を伝えるだけであった。初めは9:00からの山形新聞ニュースの中の1コーナーで、その後『さわやかジャーナル』の1コーナーとなったが、1993年に終了した。

NNN報道特別番組や年末年始編成、公示日当日の『(衆議院・参議院)第一声特集』の放送のために休止することがある。

2014年3月31日から現在の時間に変更した(ただし、祝日は差し替えを行わず休止。通常通り『news every.・第1部』をネットする場合、社説放送に相当する時間帯は東京からの「木原さんのせいかつ天気」を差し替え無しでそのまま放送)。なお、金曜は廃枠となった。

山形放送 平日朝のローカルニュースワイド
前番組 番組名 次番組
無し
おはようYBC・けさの主張
山形放送 平日10:30 - 10:45
15分番組
YBC社説放送
山形放送 月 - 木曜日15:50 - 16:00
YBC社説放送
news every.・第1部
※15:50 - 16:53
【一部時間帯のローカル差し替えとして継続】
山形放送 金曜日15:50 - 16:00
YBCニュース350
YBC社説放送
オークローンテレショップ
※15:50 - 16:20