山田杏奈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
やまだ あんな
山田 杏奈
生年月日 (2001-01-08) 2001年1月8日(20歳)
出身地 日本の旗 日本 埼玉県[1]
身長 159 cm[1]
血液型 A型[2]
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマCM
活動期間 2011年 -
事務所 アミューズ
公式サイト 所属事務所プロフィール
主な作品
テレビドラマ
幸色のワンルーム
新米姉妹のふたりごはん
10の秘密
大江戸もののけ物語
荒ぶる季節の乙女どもよ。
映画
ミスミソウ
小さな恋のうた
ジオラマボーイ・パノラマガール
名も無き世界のエンドロール
樹海村
ひらいて
彼女が好きなものは
テンプレートを表示

山田 杏奈(やまだ あんな、2001年(平成13年)1月8日 - )は、日本女優。元子役埼玉県出身。アミューズ所属。元ちゃおガール

来歴[編集]

2011年に開催された「ちゃおガール☆2011オーディション」でグランプリを受賞し[1]アミューズに所属。オーディションに参加した理由は、グランプリの賞品であったニンテンドー3DSが欲しかったため[3]。以降、少女漫画雑誌『ちゃお』の誌面モデル「ちゃおガール」として活動を行う。

2013年にTBS系で放送された『刑事のまなざし』で夏目絵美役を演じ、テレビドラマに初出演し、女優デビューした[3]。同年刊行のコミック『JS・JCモデル物語』に、彼女がちゃおガールとして活躍するまでのストーリーが咲坂芽亜により執筆され、「Fairy Smile〜山田杏奈物語〜」のタイトルで掲載された[3]

2015年にはまいた菜穂原作の漫画『12歳。』の実写ドラマ[注 1]にて、結衣役として初主演[注 2][4]

2016年に公開された『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』で映画初出演を果たし、スクリーンデビューした[5]

2017年に発売された週刊プレイボーイ2017年1月23日号にて、2017年注目する8人「スゴカワ2017」として特集される[6]

2018年に公開された『ミスミソウ』において映画初主演を務める[7]。また同年、『幸色のワンルーム 』においてテレビドラマ初主演を務める[8]

2019年には初の写真集『PLANET NINE』を発売[9]。同年、佐野勇斗真栄田郷敦等と共にメインキャストとして出演した映画『小さな恋のうた』での演技が高評価され、第41回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞した[10]

2020年、セーブ・ザ・チルドレンによる #SaveWithStories (子どもたちに物語を)プロジェクトにて絵本「てぶくろをかいに」の読み聞かせに参加[11]。同年12月、自身初となるカレンダー「山田杏奈 2021年 インテリアカレンダー」を発売[12]

2021年、タレントパワーランキングによるネクストブレイク女性タレントBEST10の3位に選ばれる[13]。同年3月、フォトグラファー酒井貴弘の指名により写真展「私の撮りたかった女優展 Vol.3」に参加[14]。同年11月、セカンド写真集『BLUE』を発売[15][16][17]。また、主演やヒロインとして多数の作品に出演した[18]

人物[編集]

特技は習字で、お菓子作りが好き。好きな教科は英語で[19]、苦手な教科は数学[20]。弟がいる[20]

普段はコンタクトレンズをしており、家ではメガネをかけている[21]。「目力がある」と言われることが多い[22]。いろいろと考えてから行動に移すタイプであり、周りからは真面目だと言われる、と語っている[3]。また、自分自身を負けず嫌いで[23]、男っぽくサバサバした性格だと語っている[24]。人見知りだったが、相手の名前を呼んで話しかけるように心掛けることで克服しつつある[25]

好きな異性のタイプは尊敬できる人。仕事をきちんとして、丁寧に生活できている人がステキだと感じる[25]

2019年の春から一人暮らしを始めた。「片づけはもともと苦手で。実家にいるときは、本当に自分の部屋が汚かったので、大丈夫かなと思っていた」が「意外とちゃんとやれている」とのこと[3]。寝るのが好きで、休日は家に引きこもっている。海外ドラマや映画を観たり、料理や裁縫をするのも好きであり、インドアであると語っている[3]。コロナ禍で家で過ごす時間が増えたのを機に漬物作りにハマり、糠床チェックが日課になった[26]。中学生の頃に「のあ」という名前のミニチュアダックスフントを飼い始めた[27]。亀を飼っていたこともある[28]。フィルム写真の質感が好きで、フィルムカメラを肌身離さず持ち歩く[29]

憧れの女優は満島ひかり[3][20]。映画監督では中島哲也、脚本家では坂元裕二の作品が好き[30]。影響を受けた映画は『オアシス[31]。小説では湊かなえ作品が好き[23]。「バッドエンドだったり、後味の悪い作品が好き」だという[22]

大切にしている言葉は、映画『あゝ、荒野』出演の際にキャスティング担当者に言われた「女優は汚いところを見せるものだから」[32]。高校3年生の時に女優を仕事としてやっていくことを決意し、それまで通っていた普通科高校から芸能コースがある通信制高校へ転校した[25][33]。女優の仕事の魅力は役柄を演じている時間に第2の人生を生きている感覚になることであり、演じる際にはその役の一番の理解者でありたいと考えている[34]。仕事という意識が強くなったことでその役に求められているものは何かを深く考えるようになり、芝居のストックを増やすために時間が許す限りどんな役でもやってみたいと思っている[35]。女優の仕事で一番糧になるのは心が動く経験だと考え、日々の経験とその時の思いを携帯にメモして忘れないよう努力している[29]

食べ物の趣味が同世代に比べて渋めで、小さい頃から肝や銀杏のような癖のあるものが好き[36]。衝撃的に美味しく感じたものとして福井で食べた鯖のへしこを挙げている[37]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

その他のテレビ番組[編集]

  • ちゃおちゃおTV! winter special 2012(2012年1月13日・20日、CSキッズステーション
  • ちゃおちゃおTV! 年末スペシャル(2012年12月29日・31日、CSキッズステーション)
  • ちゃおちゃおTV! ウィンタースペシャル(2013年1月11日・29日、CSキッズステーション)
  • Let's天才てれびくん(2015年1月19日 - 21日、NHK Eテレ) - 葵(ぷにょら) 役
  • 痛快TV スカッとジャパン(フジテレビ)
    • 第23回 胸キュンスカッと 「電車で出会った王子様」(2016年8月1日) - 藤原美里 役[59][60]
    • 第158回 バレンタイン胸キュン 「図書室で始まった恋の1ページ」(2019年2月25日) - 遠藤寧々 役

映画[編集]

オリジナル作品[編集]

CM[編集]

  • 小学館ちゃお」(2012年1月号 - 2013年11月号、不定期)
  • サンヨー食品「頂とろみ中華」(2014年)[78]
  • ネスレ日本 「焼きキットカット」焼くだけで!?こんがり新食感!!篇(2015年)[79]
  • アソビズム 「城とドラゴン」荒野の少女篇(2015年)[80]
  • 東京海上日動火災保険 「企業・挑戦シリーズ『背中を押す者(留学)』」篇 (2017年)[81]
  • ロッテガーナミルクチョコレート
    • 「愛だナ。」篇、「愛だナ。ガーナ」篇、「うちの母はずるい」篇、「赤チョコ育ちの娘です」篇、「ホットガーナ」篇(2018年)[82][83]
    • 「バレンタインにガチャガーナ」篇、「赤チョコよろしくね」篇(2019年)
  • ロッテアイス 「ガーナアイス」 「ひとことで言うと」篇、「このとろん、やば。」篇、「山田さん」篇(2018年)
  • au ゼロ学割「0円の主張」篇(2019年)
  • スズキ・スイフト
    • 「ドライブ父娘」篇(2019年)
    • 「二人の会話」篇(2020年)[84]
    • 「父娘の洗車」篇(2021年)
  • LGエレクトロニクスジャパン 「LG V60 ThinQ 5G」#4人で四季あつめてみた篇(2020年)[85]
  • レッドホースコーポレーション「産直アウル」
    • 「旅するアウルさんアスパラ篇」、「旅するアウルさんいちご篇」、「旅するアウルさん夏のおいしい食材篇」(2021年)[86][87]
  • 日本マクドナルド「月見バーガー・濃厚とろ〜り月見『父篇』」、「月見マックシェイク・月見パイ『娘篇』」、「月見マックシェイク・月見パイ・月見マックフルーリー『娘篇』」(2021年)[88]

MV[編集]

スチール・広告[編集]

カバーモデル[編集]

イベント[編集]

WEB[編集]

ラジオ[編集]

参加作品[編集]

書籍[編集]

雑誌・新聞[編集]

写真集[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『ちゃお』9月号と12月号に付属のDVDに収録。
  2. ^ 田口乙葉とのダブル主演。
  3. ^ 大友花恋とのダブル主演。
  4. ^ 香港のシンガーソングライター。

出典[編集]

  1. ^ a b c アミューズ 所属アーティスト 山田杏奈”. アミューズ. 2015年12月1日閲覧。
  2. ^ 山田杏奈 (2012年4月2日). “はじめまして♪♪”. ちゃおガール GO! GO! ダイアリー. 小学館. 2020年2月12日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 吸い込まれそうな瞳の凜とした美少女!:この美少女に注目|シネマトゥデイ” (日本語). シネマトゥデイ. 2021年11月24日閲覧。
  4. ^ a b “「12歳。」実写ドラマの主題歌がちゃおフェスで発売、ステージ登場も”. ナタリー. (2015年8月6日). http://natalie.mu/comic/news/156202 2016年10月27日閲覧。 
  5. ^ a b “【注目の人物】長瀬智也×神木隆之介「TOO YOUNG TO DIE!」で映画デビュー!抜群の透明感を放つ現役女子高生・山田杏奈が気になる”. モデルプレス. (2016年6月25日). https://mdpr.jp/interview/detail/1593884 2016年10月27日閲覧。 
  6. ^ “スゴカワ2017”. 週プレモバイル. (2017年1月10日). https://s-wpb.shueisha.co.jp/profile/detail.php?prof_id=1334&k=%E3%81%95 2017年1月10日閲覧。 
  7. ^ a b “押切蓮介のトラウマ漫画『ミスミソウ』実写化 山田杏奈が映画初主演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年12月13日). https://www.oricon.co.jp/news/2102267/full/ 2018年3月1日閲覧。 
  8. ^ a b “山田杏奈と上杉柊平が“被害者と誘拐犯”に、実写ドラマ「幸色のワンルーム」出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年5月29日). https://natalie.mu/eiga/news/284095 2018年5月29日閲覧。 
  9. ^ “山田杏奈が写真集記念イベントに登壇「自分のことがちょっと好きになれた」”. 映画ナタリー. (2019年1月14日). https://natalie.mu/eiga/news/315988 2020年2月9日閲覧。 
  10. ^ 第41回ヨコハマ映画祭 2019年日本映画個人賞” (2019年11月30日). 2019年12月1日閲覧。
  11. ^ 子どもたちに物語を-#SaveWithStories 著名人による「読み聞かせプロジェクト」セーブ・ウィズ・ストーリーズSNSキャンペーン 総勢105名、すべての参加者の動画を公開”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2020年11月30日閲覧。
  12. ^ 山田杏奈が自身初のカレンダー発売、予約販売もスタート” (日本語). cinemacafe.net. 2020年11月15日閲覧。
  13. ^ 【2021年版】タレントパワーランキングが選んだネクストブレイク・女性タレントBEST10|タレントパワーランキング” (日本語). タレントパワーランキング. 2021年2月7日閲覧。
  14. ^ 「私が撮りたかった女優展」待望の写真集を二冊同時発売!2021年3月女優展Vol.3、参加メンバー発表!開催支援プロジェクト開始!” (日本語). japan.cnet.com. 2020年12月30日閲覧。
  15. ^ 山田杏奈:セカンド写真集で「女性」と「少女」の両面 20歳&芸能活動10周年記念” (日本語). MANTANWEB(まんたんウェブ). 2021年10月14日閲覧。
  16. ^ 女優・山田杏奈、セカンド写真集の表紙画像&タイトルを解禁!”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2021年10月20日閲覧。
  17. ^ 20歳を迎えた山田杏奈セカンド写真集「BLUE」発売記念会見! | 株式会社 アミューズ - AMUSE -” (日本語). www.amuse.co.jp. 2021年12月2日閲覧。
  18. ^ 〝一筋縄ではいかない〟山田杏奈、映画公開相次ぐ”. 産経ニュース (2021年10月20日). 2021年10月20日閲覧。
  19. ^ FRESH ACTRESS 山田杏奈”. HUSTLE PRESS OFFICIAL WEB SITE (2016年6月19日). 2018年4月5日閲覧。
  20. ^ a b c 目美少女・山田杏奈、実弟へはツンデレ「内心で好き!」:新米姉妹のふたりごはん”. テレ東プラス (2029年10月17日). 2020年2月12日閲覧。
  21. ^ PICK UP ACTRESS 山田杏奈”. HUSTLE PRESS OFFICIAL WEB SITE (2016年12月21日). 2018年4月5日閲覧。
  22. ^ a b “山田杏奈『ミスミソウ』インタビュー 17歳の目力(めぢから)女優が目指した“エンタテインメントな残酷さ”と中高生ならではの感情”. SPICE (株式会社イープラス). (2018年4月3日). https://spice.eplus.jp/articles/180036 2018年4月5日閲覧。 
  23. ^ a b “山田杏奈インタビュー「上限を決めないで全部やっていきたい」ドラマ『先に生まれただけの僕』”. TVLIFE web (学研プラス). (2017年11月17日). http://www.tvlife.jp/pickup/148388 2018年4月5日閲覧。 
  24. ^ 山田杏奈、演じるヨッチとの共通点「男っぽくサバサバしている」”. オトナンサー編集部(2021年1月26日). 2021年2月9日閲覧。
  25. ^ a b c 山田杏奈、高校3年生で感じた変化「女優の仕事でやっていくんだ」” (日本語). bizSPA!フレッシュ (2020年11月16日). 2020年11月16日閲覧。
  26. ^ 新進気鋭の若手女優・山田杏奈さんの素顔に迫る一問一答インタビュー!” (日本語). JJ (2021年10月20日). 2021年11月9日閲覧。
  27. ^ 山田杏奈 (2013年9月14日). “我が家に新しい家族が・・・”. ちゃおガール GO! GO! ダイアリー. 小学館. 2020年2月12日閲覧。
  28. ^ 山田杏奈 (2012年10月18日). “あんなクイズ!!”. ちゃおガール GO! GO! ダイアリー. 小学館. 2020年2月12日閲覧。
  29. ^ a b 日本経済新聞社・日経BP社. “山田杏奈 面倒くさい、でも大好きなフィルムカメラ|MONO TRENDY|NIKKEI STYLE” (日本語). NIKKEI STYLE. 2021年10月24日閲覧。
  30. ^ 山田杏奈さんが刺激を受ける同世代は?” (2020年1月20日). 2020年8月23日閲覧。
  31. ^ Inc, Natasha. “山田杏奈「濃密な時間を過ごした出演作と、衝撃を受けた愛のお話」 | 私の1本、私を作った1本 Vol. 21” (日本語). 映画ナタリー. 2020年11月16日閲覧。
  32. ^ クランクイン! 新進女優・山田杏奈が大切にしている言葉” (日本語). クランクイン!- エンタメの「今」がわかる 映画&エンタメニュースサイト. 2020年11月15日閲覧。
  33. ^ Interview選択肢を多く残しておいたことが大事だった 山田杏奈” (日本語). W online. 2021年10月24日閲覧。
  34. ^ 18歳の山田杏奈が「五億円のじんせい」で見せるもの(THE PAGE)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2020年12月6日閲覧。
  35. ^ 日本経済新聞社・日経BP社. “山田杏奈 新しい役を演じ役者として求められ続けたい|エンタメ!|NIKKEI STYLE” (日本語). NIKKEI STYLE. 2021年2月9日閲覧。
  36. ^ 山田杏奈 肝や銀杏好きに「おじさんみたいって言われる(笑)」 「名も無き世界のエンドロール」イベント”. 2021年1月31日閲覧。
  37. ^ 山田杏奈&鈴木仁、人生で衝撃を受けた食べ物かぶる!息ぴったりの『ジオラマボーイ・パノラマガール』舞台挨拶|最新の映画ニュース・映画館情報ならMOVIE WALKER PRESS” (日本語). MOVIE WALKER PRESS. 2020年11月8日閲覧。
  38. ^ “女子高生AI・りんなが10月8日の「世にも奇妙な物語」に出演”. マイナビニュース. (2016年10月3日). http://news.mynavi.jp/news/2016/10/03/488/ 2016年10月27日閲覧。 
  39. ^ “木村文乃:「世にも奇妙な物語」で初主演 誰にも言えない悩み抱える会社員役”. まんたんウェブ (MANTAN). (2019年5月22日). https://mantan-web.jp/article/20190521dog00m200055000c.html 2019年5月22日閲覧。 
  40. ^ “実写ドラマ&映画版『咲-Saki-』の咲役は浜辺美波、ビジュアルも公開”. CINRA.NET. (2016年10月27日). http://www.cinra.net/news/20161027-saki 2016年10月27日閲覧。 
  41. ^ “中山優馬が殺人犯演じるWOWOWドラマ「北斗」、松尾スズキら追加キャスト15名発表”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2016年12月16日). https://natalie.mu/eiga/news/213427 2018年3月1日閲覧。 
  42. ^ “山田杏奈インタビュー「上限を決めないで全部やっていきたい」ドラマ『先に生まれただけの僕』”. TVLIFE web (学研プラス). (2017年11月17日). http://www.tvlife.jp/pickup/148388 2018年3月1日閲覧。 
  43. ^ “遺体発見の謎に迫れ!玉森裕太主演「重要参考人探偵」第5話レビュー”. music.jpニュース (株式会社エムティーアイ). (2017年11月23日). https://music-book.jp/music/news/column/166435 2018年3月2日閲覧。 
  44. ^ “ドラマ「セトウツミ」ゲストキャラにFUJIWARA原西、谷村美月、山田杏奈”. コミックナタリー (ナターシャ). (2017年10月31日). http://natalie.mu/comic/news/254806 2017年10月31日閲覧。 
  45. ^ file06 赤報隊事件 出演者”. NHKスペシャル 未解決事件. NHK. 2018年6月1日閲覧。
  46. ^ a b “佐藤寛太、山田杏奈、金子大地が「わたしに××しなさい!」に出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年2月1日). https://natalie.mu/eiga/news/267686 2018年2月1日閲覧。 
  47. ^ “山田杏奈、『グッド・ドクター』で妊娠した女子高生役「大切に演じたい」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年7月19日). https://www.oricon.co.jp/news/2115811/full/ 2018年7月20日閲覧。 
  48. ^ “オダギリジョー×仲里依紗「イアリー」に黒島結菜、イッセー尾形、山田杏奈ら出演”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2018年5月25日). https://natalie.mu/eiga/news/283643 2018年5月29日閲覧。 
  49. ^ “「コールドケース2」に飯豊まりえ、山田杏奈、成海璃子、早乙女太一らゲスト出演”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2018年8月3日). https://natalie.mu/eiga/news/293872 2018年8月3日閲覧。 
  50. ^ “山田杏奈『ストロベリーナイト』連続殺人事件の容疑者役 二階堂ふみと対決「刺激的な役」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年4月25日). https://www.oricon.co.jp/news/2134420/full/ 2019年4月25日閲覧。 
  51. ^ “寺島しのぶ&清原果耶らが歌いつなぐ…「ポイズンドーター・ホーリーマザー」特報”. cinemacafe.net (株式会社イード). (2019年5月28日). https://www.cinemacafe.net/article/2019/05/28/61766.html 2019年8月25日閲覧。 
  52. ^ “新米姉妹のふたりごはん:山田杏奈&大友花恋のW主演で連ドラ化 料理マンガが原作”. MANTANWEB (MANTAN). (2019年8月27日). https://mantan-web.jp/article/20190826dog00m200078000c.html 2019年8月27日閲覧。 
  53. ^ “向井理が娘を奪われる父に! 元妻役に仲間由紀恵、1月ドラマ『10の秘密』”. クランクイン!. (2019年11月21日). https://www.crank-in.net/news/71071/1 2019年11月21日閲覧。 
  54. ^ 特集ドラマ「大江戸もののけ物語」” (日本語). TVガイド. 2020年8月17日閲覧。
  55. ^ “荒ぶる季節の乙女どもよ。:実写ドラマのW主演に山田杏奈&玉城ティナ 文芸部に横田真悠、畑芽育、田中珠里も 原作・岡田麿里が脚本”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2020年7月30日). https://mantan-web.jp/article/20200729dog00m200077000c.html 2020年7月30日閲覧。 
  56. ^ Sexy Zone 菊池風磨、『書けないッ!?』で生田斗真と初共演 山田杏奈ら家族キャストも一挙発表”. Real Sound (2020年11月30日). 2020年12月6日閲覧。
  57. ^ 中村倫也『珈琲いかがでしょう』 滝藤賢一、貫地谷しほり、山田杏奈ら豪華ゲスト出演”. クランクイン!. 2021年3月11日閲覧。
  58. ^ 伊野尾慧×神宮寺勇太『准教授・高槻彰良の推察』 追加キャストに岡田結実、須賀健太、吉沢悠”. クランクイン!. 2021年7月17日閲覧。
  59. ^ “痛快TV スカッとジャパンの放送内容一覧”. ザテレビジョン (KADOKAWA). オリジナルの2018年3月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180301104123/https://thetv.jp/program/0000827549/plot/p6/ 2018年3月1日閲覧。 
  60. ^ 痛快TV スカッとジャパン-第62回オンエア情報”. 痛快TV スカッとジャパン. フジテレビ. 2018年6月2日閲覧。
  61. ^ 山田杏奈 (2012年4月18日). “コナン!!”. ちゃおガール GO! GO! ダイアリー. 小学館. 2017年10月29日閲覧。
  62. ^ “「咲-Saki-」実写版で浜辺美波が主演、映画は2017年2月公開”. 映画ナタリー. (2016年10月27日). http://natalie.mu/eiga/news/207012 2016年10月27日閲覧。 
  63. ^ 映画『野球部員、演劇の舞台に立つ!』オフィシャルサイト 2017年9月22日閲覧
  64. ^ “南果歩×村上淳×中村ゆり×杉野希妃「21世紀の女の子」に出演!5歳子役の抜擢も”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2018年10月1日). https://eiga.com/news/20181001/8/ 2018年10月2日閲覧。 
  65. ^ “「小さな恋のうた」主演は佐野勇斗! 森永悠希&山田杏奈&眞栄田郷敦&鈴木仁と“音楽”奏でる”. 映画.com. (2019年3月13日). https://eiga.com/news/20190313/22/ 2019年3月15日閲覧。 
  66. ^ “山田杏奈、森岡龍、松尾諭、西田尚美が「五億円のじんせい」出演、予告編も到着”. 映画ナタリー. (2019年3月13日). https://natalie.mu/eiga/news/323557 2019年5月27日閲覧。 
  67. ^ ““3A”望月歩、初主演『五億円のじんせい』公開決定 共演に山田杏奈”. クランクイン!. (2019年3月13日). https://www.crank-in.net/news/63276/1 2019年5月27日閲覧。 
  68. ^ “神木隆之介「屍人荘の殺人」初映像!葉山奨之、矢本悠馬、山田杏奈ら11名参加”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2019年8月21日). https://natalie.mu/eiga/news/344376 2019年8月25日閲覧。 
  69. ^ 岡崎京子原作『ジオラマボーイ・パノラマガール』に山田杏奈&鈴木仁がW主演”. SCREEN ONLINE. 近代映画社 (2020年6月29日). 2020年8月17日閲覧。
  70. ^ “山田杏奈「名も無き世界のエンドロール」のヒロインに、岩田剛典&新田真剣佑と初共演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年8月25日). https://natalie.mu/eiga/news/393442 2021年5月24日閲覧。 
  71. ^ “映画『哀愁しんでれら』土屋太鳳主演、幸せを求めた女性が凶悪事件を起こす“おとぎ話サスペンス””. ファッションプレス. (2021年2月4日). https://www.fashion-press.net/news/60917 2021年5月24日閲覧。 
  72. ^ “「実録!恐怖の村シリーズ」第2弾は「樹海村」! 山田杏奈&山口まゆがダブル主演”. 映画.com. (2020年7月9日). https://eiga.com/news/20200709/9/ 2020年7月10日閲覧。 
  73. ^ 映画『樹海村』公開日決定!”. 東映オフィシャルサイト (2020年10月8日). 2020年10月11日閲覧。
  74. ^ “山田杏奈主演、綿矢りさ原作の映画「ひらいて」2021年秋公開決定”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2021年2月12日). https://thetv.jp/news/detail/1020404/ 2021年2月12日閲覧。 
  75. ^ 山田杏奈、BL好きのヒロインに! 神尾楓珠主演作「彼女が好きなものは」追加キャスト発表”. 映画.com (2021年4月20日). 2021年4月20日閲覧。
  76. ^ なにわ男子・長尾謙杜の主演作「HOMESTAY」配信、山田杏奈、八木莉可子も出演”. 映画ナタリー. 株式会社ナターシャ (2021年11月9日). 2021年11月9日閲覧。
  77. ^ 鶴岡慧子監督×小川努カメラマン×柳島克己撮影監督「デジタル撮影で手に入れた新しい表現の選択 vol.02」(Vol.1)|海外レポート・インタビュー|PFF(ぴあフィルムフェスティバル)公式サイト” (日本語). PFF(ぴあフィルムフェスティバル)公式サイト. 2020年11月28日閲覧。
  78. ^ 山田杏奈 サッポロ一番 頂 とろみ中華のCMに出演のかわいさはじける美少女”. このCMの女の子誰? (2014年10月26日). 2018年3月1日閲覧。
  79. ^ 山田杏奈 焼きキットカットを美味しそうに食べる可愛い女の子”. このCMの女の子誰? (2015年3月14日). 2018年4月14日閲覧。
  80. ^ “アソビズム、『城とドラゴン』の新テレビCMを8月22日より放映開始…安留咲さんと山田杏奈さんが『城とドラゴン』テーマソングを歌う”. ソーシャルゲームインフォ. (2015年8月20日). http://gamebiz.jp/?p=148420 2016年10月27日閲覧。 
  81. ^ “【CMウオッチャー・動画付き】誰もが背中押したくなる女子高生 「あの女優は誰?」と話題の16歳山田杏奈さん”. 産経ニュース (産経デジタル). (2017年7月2日). http://www.sankei.com/premium/news/170702/prm1707020023-n1.html 2018年4月14日閲覧。 
  82. ^ ““ガーナ新3人娘”に浜辺美波・山田杏奈・久間田琳加「精一杯頑張ります」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年4月5日). https://www.oricon.co.jp/news/2108976/full/ 2018年4月5日閲覧。 
  83. ^ “浜辺美波「いいね」連発!“同い年”山田杏奈&久間田琳加と座談会で大盛り上がり”. MANTANWEB (株式会社MANTAN). (2018年11月22日). https://mantan-web.jp/movie/GWkFsiNNL9o.html 2018年11月22日閲覧。 
  84. ^ スズキ「スイフト」のCMに出演中の19歳山田杏奈 深みのある演技に注目|ニフティニュース” (日本語). ニフティニュース. 2020年8月17日閲覧。
  85. ^ CMWatch (2020年5月2日). “LGエレクトロニクス・ジャパン LG V60 ThinQ 5G #4人で四季あつめてみた 小関裕太 山田杏奈 恒松祐里 金子大地” (日本語). CM Watch. 2020年8月17日閲覧。
  86. ^ 産直サービス「OWLアウル」が初のTVCM。“旅するアウルさん”に扮した山田 杏奈が、全国の新鮮食材を直接届ける”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2021年7月17日閲覧。
  87. ^ 暑い夏を乗り切る "新鮮でおいしい" 食材を、産直アウル新CMでご紹介!旅するアウルさんに扮する山田杏奈さんセレクトのキャンペーンを同時開催。 :時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2021年7月16日閲覧。
  88. ^ 山田杏奈、娘役で父・小林薫を気遣う「私がいないとさみしいでしょ」” (日本語). マイナビニュース (2021年9月1日). 2021年9月5日閲覧。
  89. ^ “Softly胸キュン告白MVで山田杏奈&濱田龍臣が共演”. ORICON STYLE. (2016年10月5日). http://www.oricon.co.jp/news/2079475/full/ 2016年10月5日閲覧。 
  90. ^ a b “KANA-BOON谷口鮪、山岸聖太MVに「これ以上僕の心を抉らないでください」”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年9月20日). https://natalie.mu/music/news/249356 2018年3月1日閲覧。 
  91. ^ “FLOW「幸色のワンルーム」主題歌MVにドラマ主演の山田杏奈”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年7月30日). https://natalie.mu/music/news/293193 2018年8月1日閲覧。 
  92. ^ “ポルカドットスティングレイ1stDVD「秘密」はドラマMV、主演は山田杏奈と東京03豊本”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2018年10月16日). https://natalie.mu/music/news/303862 2018年11月14日閲覧。 
  93. ^ “高橋優、小関裕太&山田杏奈が出演する「若気の至り」ストーリーフィルム公開”. M-ON! MUSIC. (2019年2月28日). https://www.m-on-music.jp/0000329113/ 2019年2月28日閲覧。 
  94. ^ 山田杏奈がRADWIMPSの新曲MVに出演「夢のような時間でした」 (2020年7月27日)” (日本語). エキサイトニュース. 2020年8月17日閲覧。
  95. ^ “ジャケットは、注目の若手女優・山田杏奈! フジテレビ『痛快TV スカッとジャパン』発コンピ第2弾発売決定”. M-ON! MUSIC. (2019年2月25日). https://www.m-on-music.jp/0000328439/ 2019年2月28日閲覧。 
  96. ^ “「ええじゃないか とよはし映画祭2019」上映作品と登壇予定ゲストを追加発表!” (プレスリリース), 豊橋市, (2019年2月1日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000057.000025583.html 2019年4月25日閲覧。 
  97. ^ 山田杏奈:美肌見せ×タイトミニで大人っぽく TGCでランウエーに” (日本語). 毎日キレイ. 2020年11月29日閲覧。
  98. ^ “山田杏奈、女優として初受賞 “観客”からギタープレゼントされどよめく<第41回ヨコハマ映画祭>”. モデルプレス. (2020年2月2日). https://mdpr.jp/cinema/detail/1955504 2020年2月9日閲覧。 
  99. ^ “三吉彩花、松井愛莉、山田杏奈がランウェイに登場!『第30回 マイナビ 東京ガールズコレクション 2020 SPRING/SUMMER』”. UNIVERSAL PRESS. (2020年3月1日). https://universal-press.jp/news/3699 2020年3月15日閲覧。 
  100. ^ 山田杏奈 (2013年5月25日). “2013年5月25日”. ちゃおガール GO! GO! ダイアリー. 小学館. 2020年2月12日閲覧。
  101. ^ “清澄高校麻雀部が歌う「咲-Saki-」OP曲MV解禁、シングルにはD-51カバー曲も”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2016年12月7日). https://natalie.mu/music/news/212241 2018年3月8日閲覧。 
  102. ^ 『咲-Saki-』清澄高校麻雀部「きみにワルツ」MV(short ver.) - YouTube
  103. ^ “佐野勇斗(M!LK)×森永悠希×山田杏奈×眞栄田郷敦×鈴木仁=“小さな恋のうたバンド”が、本日CDデビュー!”. M-ON! MUSIC (M-ON! MUSIC). (2019年5月22日). https://www.m-on-music.jp/0000344025/ 2018年3月8日閲覧。 
  104. ^ 『小さな恋のうたバンド「小さな恋のうた」MV - YouTube
  105. ^ “爽やかな笑顔&瑞々しい素肌! 山田杏奈のファースト写真集が発売決定!”. B.L.T.web (東京ニュース通信社). (2018年11月12日). https://bltweb.jp/2018/11/12/anna_yamada_1st_photobook_store/ 2018年11月14日閲覧。 
  106. ^ “山田杏奈ファースト写真集「PLANET NINE」予約販売スタート!”. B.L.T.web (東京ニュース通信社). (2018年12月12日). https://bltweb.jp/2018/12/12/yamada_anna_1st_photobook_planetnine_store/ 2018年12月17日閲覧。 
  107. ^ ““透明感の暴力”山田杏奈のファースト写真集が重版出来!!「これからの自信になりました」” (プレスリリース), 株式会社東京ニュース通信社, (2019年3月2日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000669.000006568.html 2019年4月25日閲覧。 
  108. ^ 「私が撮りたかった女優展」待望の写真集を発売 + 2021年3月Vol.3開催支援プロジェクト!! | MOTION GALLERY” (日本語). motion-gallery.net. 2021年3月14日閲覧。
  109. ^ 山田杏奈セカンド写真集「BLUE」 | TOKYO NEWS マガジン&ムック” (日本語). 2021年11月18日閲覧。

外部リンク[編集]