玉城ティナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たましろ ティナ
玉城 ティナ
プロフィール
生年月日 1997年10月8日
現年齢 22歳
出身地 日本の旗 日本沖縄県
血液型 O型
毛髪の色 ブラウン
公称サイズ(2019年[1]時点)
身長 / 体重 164 cm / kg
スリーサイズ 75 - 57 - 82 cm
靴のサイズ 24 cm
活動
デビュー 2012年
ジャンル 女優
モデル内容 一般
備考 ミスiD(アイドル)2013グランプリ
事務所 Dine and indy
モデル: テンプレート - カテゴリ

玉城 ティナ(たましろ ティナ、1997年10月8日 - )は、日本女優、元ファッションモデルアイドル

沖縄県出身。Dine and indy所属。

経歴[編集]

部活着で友達と家の近くを歩いていた時に事務所の社長にスカウトされる[2]

2012年7月、講談社主催の「ミスiD(アイドル)2013」で「ミスiD2013グランプリ」を獲得[注 1]。同社発行のファッション雑誌『ViVi』2012年10月号(8月28日発売)から同誌の専属モデルとなる。2014年8月号(6月23日発売)で初の単独表紙を飾った。

2014年1月スタートの『ダークシステム 恋の王座決定戦』でドラマデビュー[3]。2015年6月27日公開の『天の茶助』で映画デビュー[4]

2018年10月23日、ViVi主催のファッションイベント「ViVi night」にて、年内をもってViVi専属モデル卒業を発表した[5]

2019年2月号のViViで専属モデルとして最後の表紙を飾った[6]

人物[編集]

「アイドル」と「モデル」の良さをいいとこ取りした「モデルアイドル」を目指すとViVi専属モデル決定後のインタビューで語っている[7]

アイドリング!!!のリーダー・遠藤舞[8]や、元AKB48島崎遥香[9]など女性アイドルからも注目を集める。

飯豊まりえは同じ高校に通っていた同級生であり、お互い高校を卒業した時に映画で共演するのを目標としており、『暗黒女子』(2017年)で共演し達成された[10]

受賞歴[編集]

映画[編集]

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

ウェブテレビ[編集]

バラエティ・情報番組[編集]

ラジオ[編集]

  • 玉城ティナとある世界(2017年10月7日 - 、ニッポン放送[31]
  • 玉城ティナのオールナイトニッポンi〜SEVEN TRIP in OKINAWA(2019年7月11日、ニッポン放送)[32]

CM[編集]

ミュージックビデオ[編集]

イベント[編集]

Webサービス[編集]

  • 「Snapeee」専属イメージモデル(2013年10月10日 - )※現在サービス終了

作品[編集]

配信[編集]

参加楽曲[編集]

  • TOWA TEI「RADIO with Yukihiro Takahashi & Tina Tamashiro」 - コーラス参加
  • tofubeats「すてきなメゾン feat. 玉城ティナ」 - ゲストボーカル

書籍[編集]

雑誌[編集]

  • ViVi(2012年10月号 - 2019年2月号、講談社) - 専属モデル
  • Spoon.(プレビジョン) - 2012年12月号 表紙&巻頭24ページ掲載、2013年4月号 表紙&巻頭
  • Mgirl☆MIKA NINAGAWA(MATOI PUBLISHING) - 2012-2013AW、2013SS
  • Pen阪急コミュニケーションズ) - 15周年記念号 巻頭
  • Palm maison - ウェイバックマシン(2013年3月7日アーカイブ分)(ファブルゼィール) - 2013年3月発売 vol.009
  • きもの姫(祥伝社) - 2013年6月号 表紙&巻頭
  • SHUTTER magazine(サンクチュアリ・パブリッシング) - 2013年6月号 表紙&巻頭
  • EYESCREAM - 2013年7月 表紙+特集

写真集[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 「ミスiD」には元々グランプリは設定されていない(選考方法にも「グランプリ」の文字はない)が、選考委員の間から、「ほかの入選者と圧倒的な差があり『グランプリ』とするにふさわしい」という意見が出され選出された。
  2. ^ 八木アリサと共演。
  3. ^ テレビアニメカリメロ』(テレビ東京系)2015年4月 - 9月エンディングテーマ。

出典[編集]

  1. ^ 玉城ティナ | 株式会社ディネ アンド インディー | Dine and indy”. 株式会社ディネ アンド インディー. 2019年8月20日閲覧。
  2. ^ 玉城ティナプロフィール|Net ViVi - ウェイバックマシン(2013年1月15日アーカイブ分)
  3. ^ a b “Hey!Say!JUMP八乙女光、ドラマ単独初主演 モテない男を「ピュアに」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2013年11月24日). https://www.oricon.co.jp/news/2031215/full/ 2018年2月13日閲覧。 
  4. ^ a b “沖縄出身モデルの玉城ティナ、映画デビュー作「天の茶助」で土佐弁に挑戦”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2015年6月30日). https://natalie.mu/eiga/news/152297 2018年2月13日閲覧。 
  5. ^ “玉城ティナがViViNightで卒業発表!!ティナ×ViViの歴史♡|NET ViVi|講談社『ViVi』オフィシャルサイト”. NET ViVi. https://www.vivi.tv/topics/2018/10/7795/ 2018年10月24日閲覧。 
  6. ^ “やぎたま”八木アリサとの最後の撮影に涙
  7. ^ 美少女すぎて息ができない!14歳ハーフモデルが「ViVi」に新加入 - モデルプレス 2012年8月23日
  8. ^ Twitter / endo_mai: 今日は朝日と一緒に、なななーんと玉城ティナちゃんに会ってきたよ… - ウェイバックマシン(2014年4月17日アーカイブ分) 2012年10月9日 - 21:43
  9. ^ 島崎遥香&玉城ティナ、遊園地デート動画が公開! プリクラやメルアド交換も|エンタメ|マイナビニュース - 2013年3月22日
  10. ^ セブンティーン 2017年5月号 175頁
  11. ^ “【報知映画賞】玉城ティナ、規格外の可能性 新人賞に「本当かなぁ?」感情は「映画の中に置いてます」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年11月28日). https://hochi.news/articles/20191127-OHT1T50319.html 2019年12月4日閲覧。 
  12. ^ “鈴木伸之、横浜流星、吉沢亮、門脇麦ら「オオカミ少女と黒王子」新キャスト発表”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2015年12月10日). http://natalie.mu/eiga/news/168665 2017年2月7日閲覧。 
  13. ^ “玉城ティナ、「貞子VS伽椰子」出演”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2016年1月25日). http://www.daily.co.jp/gossip/2016/01/25/0008749562.shtml 2016年1月25日閲覧。 
  14. ^ 玉城ティナ、「貞子vs伽椰子」でホラー映画初出演!叫びすぎて過呼吸ぎみに…”. 映画.com (2016年1月25日). 2016年1月25日閲覧。
  15. ^ “本郷奏多・白石麻衣・オリラジ藤森らが追加キャストに!映画「闇金ウシジマくん Part3」&「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」キャスト発表会見”. ねとらぼエンタ. (2016年6月29日). http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1606/29/news149.html 2016年6月30日閲覧。 
  16. ^ 亀梨和也主演『PとJK』キャスト発表 高杉真宙、玉城ティナらが共演”. ORICON STYLE. 株式会社oricon ME (2016年7月9日). 2016年7月9日閲覧。
  17. ^ “「サクラダリセット」実写2部作が2017年公開、野村周平&黒島結菜が初共演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2016年9月22日). http://natalie.mu/eiga/news/202715 2017年2月7日閲覧。 
  18. ^ “清水富美加×飯豊まりえW主演、女子高が舞台のミステリー小説「暗黒女子」映画化”. 映画ナタリー. (2016年9月8日). http://natalie.mu/eiga/news/201009 2016年9月8日閲覧。 
  19. ^ a b 志尊淳主演で「ドルメンX」ドラマ化&映画化、浅香航大、小越勇輝、玉城ティナら出演”. 映画ナタリー (2018年2月13日). 2018年2月13日閲覧。
  20. ^ a b “「わたしに××しなさい!」実写化!玉城ティナ×小関裕太で映画&ドラマに”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2018年1月24日). https://www.cinematoday.jp/news/N0097892 2018年1月24日閲覧。 
  21. ^ “岡崎京子の「チワワちゃん」を二宮健が映画化!門脇麦、成田凌、浅野忠信ら出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年3月28日). https://natalie.mu/eiga/news/275378 2018年3月28日閲覧。 
  22. ^ “映画『惡の華』に伊藤健太郎、玉城ティナ、飯豊まりえら人気キャスト集結!”. (2018年12月5日). https://www.cinematoday.jp/news/N0105354 2018年12月5日閲覧。 
  23. ^ “玉城ティナ主演で「地獄少女」実写映画化、監督は白石晃士”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年9月13日). https://natalie.mu/eiga/news/299415 2018年9月13日閲覧。 
  24. ^ “入江悠の新作「AI崩壊」追加キャストに芦名星、玉城ティナ、高嶋政宏、余貴美子”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2019年6月20日). https://natalie.mu/eiga/news/336327 2019年8月20日閲覧。 
  25. ^ 妖怪と人間のラブコメディドラマ「JKは雪女」に平祐奈、横浜流星ら若手キャストがズラリ”. 映画.com (2015年8月28日). 2015年8月28日閲覧。
  26. ^ “片桐仁、“彼女とイチャイチャシーン”に歓喜 相手役は玉城ティナ”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年3月21日). https://www.oricon.co.jp/news/2107948/full/ 2018年3月21日閲覧。 
  27. ^ “玉城ティナ主演「受験ゾンビ」放送、坂東龍汰や堀田真由も出演、柄本時生は13浪の役”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2019年8月7日). https://natalie.mu/eiga/news/342698 2019年8月20日閲覧。 
  28. ^ 玉城ティナ、セクシーなミニスカサンタ姿で悩殺”. マイナビニュース (2018年2月14日). 2018年2月14日閲覧。
  29. ^ ホナガヨウコのHP [1]
  30. ^ シャキーン! - キッズワールド NHK Eテレ こどもポータル
  31. ^ “玉城ティナ、ラジオパーソナリティー初挑戦「ずっと心臓バクバク」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年9月27日). https://www.oricon.co.jp/news/2097906/full/ 2018年3月21日閲覧。 
  32. ^ 玉城 ティナ TinaTamashiroの2019年7月3日のツイート2019年8月20日閲覧。
  33. ^ カリスマモデル・玉城ティナ、「サーティワン」新イメージキャラクターに決定!”. シネマカフェ (2015年3月16日). 2015年8月7日閲覧。
  34. ^ 玉城ティナ:これからは違う方面の仕事もしたい”. まんたんウェブ (2015年7月31日). 2015年8月7日閲覧。
  35. ^ 玉城ティナ:浴衣姿でアイスCMに 「背筋がシャンとします」”. まんたんウェブ (2015年8月7日). 2015年8月7日閲覧。
  36. ^ “「マジョリカ マジョルカ」マジョリ画に続く かわいいを引き出す、魔法の動画。「魔法のピタゴラメーク」公開から3日で120万回再生突破!台湾・韓国・香港のアジア地域でも好評!” (プレスリリース), 資生堂, (2016年11月10日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000731.000005794.html 2018年3月21日閲覧。 
  37. ^ “新しい「かわいい」に出会える「マジョリカ マジョルカ」 新モデルに玉城ティナさんを起用! 2017年2月21日(火)より新コミュニケーションを展開” (プレスリリース), 資生堂, (2017年2月1日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000795.000005794.html 2018年3月21日閲覧。 
  38. ^ 「ナチュラリ ワンデー UVモイスチャー」新TVCM「ずっと一緒があたりまえ」”. 株式会社ナチュラリ. 2018年3月21日閲覧。
  39. ^ “航空券販売サイト「skyticket」のイメージキャラクターとして玉城ティナさんを起用” (プレスリリース), 株式会社アドベンチャー, (2017年8月2日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000122.000011606.html 2018年3月21日閲覧。 
  40. ^ “日本ドクターズコスメNO.1※1!!デイリーに素肌ケアする新時代へ。玉城ティナが春風に吹かれて“小鼻つるん”を披露!” (プレスリリース), 株式会社ドクターシーラボ, (2019年3月29日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000043236.html 2019年8月20日閲覧。 
  41. ^ “玉城ティナ、“かしこく、サクッと、留学。”できる海外留学サービス「スマ留」をアピール!新CMに出演”. music.jpニュース (株式会社エムティーアイ). (2019年4月16日). http://music-book.jp/video/news/news/244545 2019年4月18日閲覧。 
  42. ^ “安室奈美恵がシークレットゲスト 第16回TGC"集大成"の豪華ステージ開幕”. Fashionsnap.com (株式会社レコオーランド). (2013年3月2日). https://www.fashionsnap.com/article/2013-03-02/tgc-16th-amuro/ 2018年2月14日閲覧。 
  43. ^ “玉城ティナ、バニビ・レナらが「ミスiD(アイドル)2014前夜祭」で未来のアイドルへエール!”. GirlsNews (株式会社レゾリューション). (2013年4月20日). https://girlsnews.tv/notice/82323 2018年2月14日閲覧。 
  44. ^ “「ワーハピ」おそ松くんズで細野、教授、民生、矢野ら共演”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2013年8月13日). https://natalie.mu/music/news/97059 2018年2月14日閲覧。 
  45. ^ “玉城ティナのキュートなキス顔&萌え袖にキュン 沖縄に「可愛い」の嵐起こす<琉球アジアコレクション2015>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2015年10月25日). https://mdpr.jp/news/detail/1536875 2018年2月14日閲覧。 
  46. ^ “玉城ティナ:新CM公開記念、どちらが「ナチュラリいい女」か、を賭けて玉城ティナさんとおかずクラブゆいPさんが「イイ女診断」で対決!” (プレスリリース), 株式会社ナチュラリ, (2017年8月17日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000019846.html 2018年2月14日閲覧。 

外部リンク[編集]