内藤秀一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ないとう しゅういちろう
内藤 秀一郎
生年月日 (1996-05-14) 1996年5月14日(24歳)
出身地 日本の旗 日本埼玉県
身長 185 cm[1]
血液型 A型[2]
職業 俳優モデルタレント
ジャンル テレビドラマ映画舞台
活動期間 2015年 -
事務所 エイジアプロモーション
公式サイト 内藤秀一郎 - エイジアプロモーション official web site
主な作品
テレビドラマ
仮面ライダーセイバー
ネットドラマ
星屑リベンジャーズ
ウェブ番組
真夏のオオカミくんには騙されない
テンプレートを表示

内藤 秀一郎(ないとう しゅういちろう、1996年5月14日[2] - )は、日本俳優モデルタレントである。埼玉県出身[2]エイジアプロモーション所属。愛称は、しゅうくん。

略歴[編集]

人物[編集]

  • 趣味 映画鑑賞[5]
  • 特技 スポーツ(サッカー、野球、体操、水泳、バスケ)[5]
  • 好きな食べ物/嫌いな食べ物 そば、梅干し/ピーマン[6]
  • 座右の銘 感謝![6]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

ネットドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • ギャル卒!!(2017年8月3日 - 8月6日、恵比寿・エコー劇場
  • 伏魔殿(2017年4月20日 - 4月23日、新宿THEATER BRATS)
  • The Red Moon night−月が飛ぶ夜−(2017年2月22日 - 2月26日、新宿村LIVE)

ウェブ番組[編集]

その他のテレビ番組[編集]

  • 東京GOOD!(2020年1月13日 - 、テレビ東京) - ナビゲーター

書籍[編集]

雑誌[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ネットドラマと同じ作品。

出典[編集]

  1. ^ 内藤秀一郎 公式ブログ - 内藤秀一郎です”. Powered by LINE - LINE BLOG. 2020年7月29日閲覧。
  2. ^ a b c 内藤秀一郎”. エイジアプロモーション. 2018年9月11日閲覧。
  3. ^ a b c “新川優愛がドラマ「星屑リベンジャーズ」に主演、森永悠希や塩野瑛久がアイドルに”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2018年6月20日). https://natalie.mu/eiga/news/287491 2018年9月11日閲覧。 
  4. ^ a b “仮面ライダー:“令和第2弾”は「セイバー」 モチーフは剣と本!”. まんたんウェブ. (2020年7月29日). https://mantan-web.jp/article/20200729dog00m200008000c.html 2020年7月29日閲覧。 
  5. ^ a b “内藤秀一郎プロフィール”. ザテレビジョン (株式会社KADOKAWA). (2018年9月11日). https://talent.thetv.jp/person/2000024199/ 2018年9月11日閲覧。 
  6. ^ a b “【注目の人物】新川優愛主演ドラマでアイドル役抜擢 ティーンから絶大支持の高身長イケメン・内藤秀一郎の素顔に迫る”. モデルプレス (株式会社ネットネイティブ). (2018年6月20日). https://mdpr.jp/interview/amp/1774272 2018年9月11日閲覧。 
  7. ^ “「腐女子、うっかりゲイに告る。」で注目の内藤秀一郎、ドラマの反響実感 難役に本音も「かなりきつかった」”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2019年6月7日). https://mdpr.jp/interview/detail/1842579 2020年1月11日閲覧。 
  8. ^ “内藤秀一郎、『鈍色の箱の中で』チャラい大学生役で出演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年2月14日). https://www.oricon.co.jp/news/2155379/full/ 2020年7月30日閲覧。 
  9. ^ チャット小説アプリBalloon初の実写ドラマ化!SNSドラマ「僕なら、泣かせたりしない 」久間田琳加、ゆうたろう、内藤秀一郎、木村なつみの4名が共演”. PR TIMES (2018年12月26日). 2020年7月30日閲覧。
  10. ^ “「0キス」片寄涼太とともに国民的グループ演じるキャスト発表、鈴木勝大や内藤秀一郎”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年6月12日). https://natalie.mu/eiga/news/335334 2019年11月13日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]