FC町田ゼルビアをつくろう〜ゼルつく〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
FC町田ゼルビアをつくろう〜ゼルつく〜
ジャンル サッカー番組/リアリティショー
配信時間 木曜日 21:00 - 22:00
配信期間 2019年3月7日 -
配信国 日本の旗 日本
制作 AbemaTV
出演者 谷原章介末吉瞳
ナレーター 田村ゆかり
オープニング androp「Yeah! Yeah! Yeah!」
エンディング androp「Yeah! Yeah! Yeah!」
外部リンク FC町田ゼルビアをつくろう〜ゼルつく〜

特記事項:
第2回よりAbemaGOLDEN 9枠に移動するが月1であるためかサウンドロゴはついていない。
テンプレートを表示

FC町田ゼルビアをつくろう〜ゼルつく〜』(エフシーまちだゼルビアをつくろう ゼルつく)は、インターネットテレビAbemaTVのAbemaSPECIAL2チャンネルで2019年3月7日から配信されているサッカー情報バラエティ番組[1]。第2回よりAbemaSPECIALチャンネルに配信先が移動され、月一配信する。

概要[編集]

2019年10月にサイバーエージェントFC町田ゼルビアの親会社になったことに伴いスタートしたFC町田ゼルビアのクラブ応援番組。AbemaTVとしては「リアリティショー」として位置づけており、クラブの人気を高め、盛り上げるための様々な“大作戦”をスタジアムなどの地域と番組視聴者から募集し、ゼルつく執行部と呼ばれるレギュラーゲストやサポーターたちで大作戦を実行していく様子をカメラで追う[2][3]。サポーター(視聴者)とともにサッカーチームを育てていくことをコンセプトにし、番組をビデオゲームに見立てて、チーム紹介、および作戦遂行案を出し合い、実行していく。

内容[編集]

人事、企画、会議、募集、調査、報告の6の分野にカテゴライズ、アイコン化され、1時間の番組内で進めていく。

出演者は課題を吸い上げクラブに反映する「運営部」、レポートなどサポーターの意見を拾い上げる「執行部」に分かれる。

駅から遠いスタジアム、駐車場問題など地域性に基づく難題も多いこともあり、町田市の地域情報も発信。

AbemaTV内ではゼルビア主催のホーム全試合を無料放送しており、番組中盤では簡単な試合結果報告、選手インタビューも行っている。また番組ラスト10分ほどは映像提供を受けているDAZNからのおすすめ情報としてUEFAヨーロッパリーグUEFAチャンピオンズリーグなどの海外のサッカー試合もダイジェストで配信されている。

出演者[編集]

MC[編集]

  • 谷原章介(ゼルつく代表)
    • 町田セルビアを2006年ごろより応援している業界一のサポーター[4]
  • 末吉瞳(ゼルつく秘書)
    • ミス青山学院大学2018準グランプリ。進行アシスタント。
  • ゼルビー(ゼルつく運営部長)
    • チームマスコット。2018年Jリーグ・マスコット総選挙34位。運営部部長として出演。

執行部[編集]

スタッフ[編集]

音楽[編集]

メインテーマ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 町田が悲願J1昇格へ サイバーエージェント効果は”. 日刊スポーツ (2019年2月23日). 2019年2月23日閲覧。
  2. ^ AbemaTVが面白い企画!町田ゼルビアをつくろう…「ゼルつく」放送決定”. QULY (2019年2月22日). 2019年2月23日閲覧。
  3. ^ FC町田ゼルビアをつくろう〜ゼルつく〜#1 谷原章介が代表に就任!”. AbemaTV (2019年3月16日). 2019年3月16日閲覧。
  4. ^ 思い出はJFL昇格を決めた“石垣島決戦”。俳優・谷原章介が明かすゼルビアの魅力” (日本語). AbemaTIMES (2019年4月17日). 2019年4月17日閲覧。
  5. ^ FC町田ゼルビアをつくろう〜ゼルつく#3〜チアチーム結成&こぶしファクトリー | 無料のインターネットテレビは【AbemaTV(アベマTV)】” (日本語). AbemaTV. 2019年5月11日閲覧。
  6. ^ 町田ゼルビア企画運営課兼任。番組内にも「運営部」として出演

外部リンク[編集]