小野路公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小野路公園
(町田市小野路球場・小野路グラウンド)
Onoji Park in Machida.JPG
小野路公園入口前
小野路公園の位置(多摩地域内)
小野路公園
分類 都市公園(地区公園)
所在地
座標 北緯35度35分53秒 東経139度27分14秒 / 北緯35.59806度 東経139.45389度 / 35.59806; 139.45389座標: 北緯35度35分53秒 東経139度27分14秒 / 北緯35.59806度 東経139.45389度 / 35.59806; 139.45389
面積 76,219.88m2
前身 朝日生命グラウンド
開園 2006年(平成18年)4月1日
運営者 町田市(指定管理者:チーム町田[1]
設備・遊具 野球場、グラウンド
駐車場 あり
アクセス #アクセスを参照。
備考 使用チーム、大会
グラウンド
FC町田ゼルビア
野球場
全国高等学校野球選手権西東京大会
首都大学野球連盟
東都大学野球連盟
東都大学準硬式野球連盟
公式サイト 指定管理者のサイト

小野路公園(おのじこうえん)は、東京都町田市小野路町にある町田市立の都市公園(地区公園)。野球場及びグラウンド(サッカーラグビー場)が整備されている。

概要[編集]

2004年10月に旧朝日生命グラウンドを町田市が購入し、駐車場増設などの再整備を行ったうえで、2006年4月に開園。

野球場は、市内唯一硬式使用可能の球場である。また、第68回国民体育大会軟式野球の会場になった為、スコアボードはパネル式から電光掲示板に改修された。第95回全国高等学校野球選手権西東京大会一回戦にて改修後、初の試合が行われた。試合前には記念式、町田市長による始球式が行われた(ちなみに選手名は五回戦から表記されるが、当球場では電光掲示板のメンテナンスを兼ねて一回戦から選手名を表記していた。翌年以降は他の球場同様表記していない)。

また、グラウンドは町田市にホームを置くサッカークラブのFC町田ゼルビアが練習場として使用している。観覧用のスタンドは無かったが、国立競技場の建て替えにより不要になった椅子を譲り受け、設置された。

施設[編集]

小野路球場(野球場)[編集]

小野路グラウンド[編集]

  • 人工芝グラウンド
  • 照明あり
  • サッカー、ラグビー、ラクロスなどの球技に対応

アクセス[編集]

路線バスの場合
自家用車の場合
  • 専用の有料駐車場(約125台分)あり(30分まで無料)

脚注[編集]

  1. ^ 指定管理者制度導入施設一覧(チーム町田は、株式会社ギオン、株式会社富士グリーンテック東京支店、株式会社ゼルビア、特定非営利活動法人アスレチッククラブ町田、株式会社東京綜合造園、ファシリティーパートナーズ株式会社の共同事業体)
  2. ^ 照明設備使用開始について
  3. ^ 巨人2軍が町田に準本拠 3軍発足で川崎の施設手狭に 2016年11月1日 スポーツニッポン

外部リンク[編集]