松島庄汰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
まつしましょうた
松島庄汰
本名 同じ
生年月日 (1990-12-26) 1990年12月26日(26歳)
出生地 日本の旗 兵庫県尼崎市
血液型 O型
職業 俳優
ジャンル CMテレビドラマ映画
活動期間 2007年 -
公式サイト アミューズによるプロフィール
受賞

「アミューズ30周年記念オーディション」

準グランプリ受賞

松島 庄汰(まつしま しょうた、1990年12月26日 - )は、日本俳優兵庫県尼崎市出身。アミューズ所属。身長180cm、血液型O型。

略歴[編集]

2007年9月17日「アミューズ30周年記念オーディション」で応募者65368人の中から準グランプリに選ばれる。(特典はTOYOTAインターネット広報出演権) オーディションを受けたきっかけは、高校生の時、テレビを見ていたら偶然「アミューズ30周年記念オーディション」の告知をしており、以前から芸能界に興味があったため応募した。

履正社学園豊中中学校立命館守山高等学校卒業。

2009年、大学進学と同時に上京して、俳優の仕事を始める。同年12月26日、自身の19歳の誕生日にオフィシャルブログを開設した。

人物[編集]

  • 特技はハンドボール・バスケット。高校時代はハンドボール部のキャプテンをつとめていた。
  • 英語中国語も得意とする[1]
  • 趣味は音楽を聴くこと。
  • 好きな言葉は「一生懸命」。
  • 愛称は庄汰、庄ちゃん。
  • 実家で「ロミオ」という犬を飼っている。
  • 役者を目指すきっかけはテレビドラマ『GOOD LUCK!!』の堤真一に憧れていたから。また同作品が好きであったことから、役者になっていなかったらパイロットになりたいと公言している。
  • 子供の頃は『忍者戦隊カクレンジャー』が好きで、大人になってからも思い返すことがあるという[2]

エピソード[編集]

  • 仮面ライダードライブ』関連
    • 2014年に『仮面ライダードライブ』へレギュラー出演するが、それ以前にも仮面ライダーシリーズのオーディションに参加する常連であった[3]。チーフプロデューサーの大森敬仁は起用の理由として、芝居的・人間的に成長したことを挙げている[3]
    • 演じるブレンのキャラクターは当初はよりクールな人物像であったが、メイン脚本家の三条陸が、松島の端正な顔立ちと真面目で感情の機微を読み取る力を見込み、感情表現豊かなキャラクター像にしていったと述べている[4]
    • 松島もアドリブを含む現場の要求に応え、全ての芝居において悔いの残らないよう全力で演じ切ることを念頭においていたとしている。上記のように、ブレンの演技は途中からコミカルさをも要求されるようになったため、毎回アドリブを考えることは大変だったが、放送後の反響があったことで楽しいと手ごたえを感じるようになったという[1]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビバラエティ[編集]

映画[編集]

ウェブドラマ[編集]

  • ケータイ小説ドラマ「そして世界は全て変わる」(2012年8月、iTunes / GyaO! / DMM.com他) - 芹沢錬太朗 役
  • ベイビーステップ(インターネット放送:2016年7月22日 - 9月23日、Amazonプライム・ビデオ / テレビ放送:2017年7月3日 - 、TOKYO MX) - 江川逞 役

オリジナルビデオ[編集]

  • メイキング・オブ クジラのいた夏 僕等のモラトリアム撮影日記(2014年1月、ポニーキャニオン)

CM[編集]

携帯小説[編集]

  • Seventeen携帯小説「夏色ハート〜ありさとショウタの夏恋物語〜」
  • 集英社ピンキー文庫「虹のように消えてゆく」※カバーモデル
  • 集英社ピンキー文庫「天使のように舞い降りる」※カバーモデル

舞台[編集]

  • オフィスインベーダー「方舟」(2011年11月9日 - 13日、俳優座劇場
  • ストレイドッグプロモーション ZUMASH STUDIO Vol.2 「GIRLS PRISON OPERA」(2012年6月27日 - 7月1日、テアトルBONBON)
  • アミューズ「見上げればあの日と同じ空」(2013年4月4日 - 15日、紀伊國屋ホール
  • ドリーム・プラス「朗読劇「しっぽのなかまたち3」(2013年11月22日・30日、銀河劇場
  • アミューズ「見上げればあの日と同じ空(再演)」(2014年5月21日 - 31日、本多劇場/サンケイホールブリーゼ

イベント[編集]

  • 「Amuse presents THE GAME 〜Boy's Film Show〜」(2009年8月14日 - 9月23日、アミューズ)※フィルム出演
  • 「Seventeen夏の学園祭2009」(2009年8月18日、集英社)
  • 「SUPER HANDSOME LIVE 2009 ♂男 da 男!!♂」(2009年12月29日 - 30日、アミューズ)
  • 「Seventeen夏の学園祭2010」(2010年8月18日、集英社)
  • 「Amuse presents THE GAME 〜Boy's Film Show〜 2010」(2010年8月2日 - 15日、アミューズ)※フィルム出演
  • 「Amuse presents SUPER ハンサム LIVE 2010」(2010年12月29日 - 30日、Zeep Tokyo、アミューズ)
  • 関西コレクション 2011 S/S」(2011年2月11日、関西コレクション実行委員会)
  • 「札幌コレクション 2011」(2011年4月29日、札幌コレクション実行委員会)
  • 「non-no チャリティ nonコレ」(2011年5月21日、集英社)
  • 「Amuse presents SUPER ハンサム LIVE 2011」(2011年12月26日 - 28日、パシフィコ横浜 国立大ホール、アミューズ)
  • 「non-no 春コレ 2012」(2012年4月1日、集英社)
  • 「Amuse presents SUPER ハンサム LIVE 2012」(2012年12月26日 - 28日、パシフィコ横浜 国立大ホール、アミューズ)
  • 「Amuse presents SUPER ハンサム LIVE 2013」(2013年12月26日 - 27日、舞浜アンフィシアター、アミューズ)
  • 「居酒屋×庄汰 50回放送&一周年記念イベント〜懺shoお見舞い申し上げます。これが最後のizasho??〜」(2014年9月6日、ストラボ東京)
  • 「松島庄汰 2015年カレンダー 発売記念サイン会」(2014年12月13日)
  • 「Amuse presents SUPER ハンサム LIVE 2014」(2014年12月26日 - 28日、パシフィコ横浜 国立大ホール、アミューズ)

その他[編集]

  • 恋チョコ 「ビタースイートエンジェル アンジュの恋」 - パピヨン 役
  • 松島庄汰×水田航生 HARUTABI 〜春なので、旅に出ます。〜(2011年、アミューズモバイル限定ムービー)
  • 松島庄汰×水田航生 AKITABI 〜秋なので、旅に出ます。〜(2011年、アミューズモバイル限定ムービー)
  • 居酒屋×庄汰(2013年9月 - 2014年9月、ストラボ東京

脚注[編集]

  1. ^ a b 超全集 2015, pp. 102-103, 「蕨野友也(ハート)×松島庄汰(ブレン)×馬場ふみか(メディック) ロイミュード座談会」
  2. ^ 宇宙船150 2015, pp. 64-65, 「[対談]蕨野友也×松島庄汰」.
  3. ^ a b 宇宙船150 2015, pp. 66-67, 「[対談]大森敬仁×望月卓」
  4. ^ フォトブック 2015, pp. 64, 「STAFF INTERVIEW」三条陸
  5. ^ 大野いと、ドラマ初主演 ストーリーは競馬次第!? 相手役は松島庄汰”. ORICON STYLE (2015年9月27日). 2015年9月28日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]