松下IMPビル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
松下IMPホールから転送)
移動先: 案内検索
松下IMPビル
IMP
松下IMPビルの位置(大阪市内)
松下IMPビル
松下IMPビル
施設情報
所在地 大阪府大阪市中央区城見1-3-7
座標 北緯34度41分30.7秒
東経135度31分50.8秒
座標: 北緯34度41分30.7秒 東経135度31分50.8秒
状態 完成
建設期間 1987年9月 - 1990年3月
用途 商業、ビジネス
地上高
最頂部 125.0m
屋上 118.48m
各種諸元
階数 地上26階、塔屋3階、地下2階
延床面積 85,273
関連企業
設計 日建設計
施工 鹿島建設大林組熊谷組戸田建設錢高組前田建設工業松村組JV
所有者 MID都市開発

松下IMPビル(まつしたアイ・エム・ピー・ビル)は、大阪市中央区大阪ビジネスパークにある商業ビルディングである。IMPはInternational Market Place(インターナショナル・マーケット・プレイス)の略。

概要[編集]

1990年3月に竣工。パナソニックの関連会社であったMID都市開発(旧松下興産、現在の関電不動産開発)運営で、正式名称は「松下IMPビル」。高さ125.0m、地上26階、地下2階建て。商業施設はTWIN21と一体的な運営を行っている。

ビル固有の郵便番号は540-63xx(xxは階層。地下もしくは階層不明の場合は90)。

テナント[編集]

1階から3階は商業施設が中心。その上はビジネスビルディングとして使用されている。

松下IMPホール[編集]

松下IMPホール(まつしたアイ・エム・ピー・ホール)は、2階にある多目的ホール。

床面積は642.96m2。客席は857席ですべて可動式で、うち最前部156席はスタッキングチェア。

講演会、展示会、コンサート、演劇、格闘技など様々なイベントに使用されている。

交通アクセス[編集]

幻の地下駅[編集]

当ビル西端(松下IMPホール)の地階には、建設時に将来の地下鉄乗り入れを計画して造られた、駅舎の一部(ホーム)となる構造物[1]が存在する。しかしビル竣工6年後の1996年に開業した地下鉄長堀鶴見緑地線大阪ビジネスパーク駅ではビルの直下に新たなホームが建設されたため、この構造物は駅舎として使用されず「幻のホーム」となっている[2]

この幻のホームについては、2010年8月11日放送の読売テレビかんさい情報ネット ten!」でも取り上げられた。

脚注[編集]

  1. ^ 当ビル地下に「既設構築」があることを示す図面が掲載されている。 「トンネルと地下」Vol.24 1993年12月号 土木工学社
  2. ^ ちなみに大阪ビジネスパーク駅の地下ホームは、計画されていた構造物の直下をシールド工法で造られており、駅に隣接する寝屋川第二寝屋川の地下も同様の工法で当駅からの線路(トンネル)が造られている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]