松村組

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社 松村組
MATSUMURA-GUMI Corporation.
Matsumura100.png
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
102-0075
東京都千代田区三番町2番地
三番町KSビル
本店所在地 530-8588
大阪府大阪市北区天満1-3-21
ニチレイ天満橋ビル
設立 1919年7月15日
法人番号 7120001059694
事業内容 建設工事の請負並びに企画、設計、監理
建設コンサルタント業務
不動産の売買、仲介、賃貸借並びに管理
建設機械の製造修理並びに賃貸販売
代表者 代表取締役社長 川本宏祐
資本金 5億円
売上高 352億6百万円(2017年3月31日現在)
営業利益 25億5200万円(2017年3月31日現在)
経常利益 25億6300万円(2017年3月31日現在)
純利益 25億4200万円(2017年3月31日現在)
純資産 66億9400万円(2017年3月31日現在)
総資産 199億1百万円(2017年3月31日現在)
従業員数 381人(2017年4月1日現在)
主要株主 パナソニック
外部リンク http://www.matsumura-gumi.co.jp/
テンプレートを表示

松村組は、大阪府大阪市北区にある建設会社。大阪証券取引所札幌証券取引所に上場していた。

概要[編集]

1894年京都府福知山市で松村雄吉が創業し、当初は京都府を中心とした近畿各地で公共事業(学校、病院等)や陸軍などの施設を建設。1910年代には姫路城(白鷺城)の修復も行った。1919年事業拡大のため大阪市に事務所を移転し株式会社組織として設立。1925年から一時期東京府にメインの事務所を移転したが、1931年に大阪に復帰。

戦後は近畿圏だけでなく日本各地、また中華人民共和国や東南アジアの施設建設を行い、中堅ゼネコンとして成長してきたが、1980年代晩期のバブル期の投資失敗から経営が行き詰まり、2005年5月5日大阪地方裁判所民事再生手続きを申請し、株式会社サクセス・プロが経営再建のスポンサー会社に決定した。2006年(平成18年)大阪地方裁判所が民事再生の終結を決定。株式会社サクセス・プロからの増資により、新生松村組がスタートした。

2011年7月6日、サクセス・プロより、MEBO(Management and Employee Buyout)により全ての株式譲渡を受け、新体制のもと再スタートを切った。

2017年11月1日、パナソニック株式会社の連結子会社となることが発表され、パナソニックが持つ「先進技術・企画設計力」と、松村組が持つ「施工能力・施工ノウハウ」を融合し、付加価値の高いソリューションを創出し、事業拡大を図っていく。

沿革[編集]

  • 1894年(明治27年) - 京都府福知山にて松村組創業
  • 1897年(明治30年) - 第一号工事 福知山市民病院を施工
  • 1907年(明治40年) - 京都第16師団駐屯隊舎(現・聖母学園)を竣工
  • 1910年(明治43年) - 国宝姫路城の改修工事を施工
  • 1919年(大正8年) - 株式会社組織に改め大阪に本店を移す
  • 1920年(大正9年) - 東京支店を開設
  • 1932年(昭和7年) - 満州国で関東軍宿舎新築工事を受注
  • 1949年(昭和24年) - 大阪府立興行奨励館を施工(戦後初の鉄筋コンクリート工事)
  • 1963年(昭和38年) - 大阪証券取引所二部に上場
  • 1967年(昭和42年) - 大阪天満橋に松村ビルを竣工
  • 1968年(昭和43年) - 札幌冬季オリンピックの会場を建設
  • 1974年(昭和49年) - 大阪証券取引所一部に上場
  • 1983年(昭和58年) - マレーシアで戦後初の海外工事を受注
  • 1989年(平成元年) - 多目的基礎杭施工工法・SPACE工法を開発
  • 1993年(平成5年) - 免振工法・MABISを開発し自社の技術研究所に導入
  • 1994年(平成6年) - 創業100周年、現在のコーポレートマークへ一新
  • 1995年(平成7年) - 阪神・淡路大震災により甚大な被害が発生する中、技術研究所の免振工法の有益データが新聞テレビ等で紹介され大きな反響を受ける
  • 2005年(平成17年) - 民事再生法の適用を大阪地方裁判所に申請、サクセス・プロがスポンサー企業に決定
  • 2006年(平成18年) - 民事再生の終結、サクセス・プロスポンサーのもと、新生松村組の再建に向けてスタート
  • 2011年(平成23年) - MEBO(Management and Employee Buyout)によりサクセス・プロより株式譲渡を受け、新体制のもと再スタートを切った。
  • 2012年(平成24年)自然エネルギー事業の取組を開始し太陽光発電事業に参画
  • 2014年(平成26年) - デベロップメント事業として子会社常陸土地ともに分譲マンション開発事業に取り組む
  • 2017年(平成29年)11月1日 - パナソニックによる中堅ゼネコン買収が発表された。中高層マンションの施工に乗り出し、住宅事業を強化する。

施工物件[編集]

保有技術[編集]

耐震補強工法[編集]

  • 安震ブロック(耐震壁補強)
  • 自己圧着ブレース工法(ブレース補強)
  • MABIS(免振工法)
  • RCHIS梁工法(降伏機構分離型鉄筋コンクリート造梁工法)

杭工事・地下工事[編集]

  • HBW/P工法(本設合成壁・杭工法)
  • SPACE21工法(油圧式全回転中堀り工法)
  • 拡縮コラム工法(環境にやさしい低排土型の深層混合処理工法)
  • L&Rジオファイン工法(拡縮方式を用いた原位置土壌浄化工法)
  • マルチ水平ウェル工法(循環型地汚染地下水浄化工法)
  • VSAP(特殊気散ノズルを用いた汚染水浄化装置)

常陸土地[編集]

不動産開発を手掛ける完全子会社のゼネコンデベロッパー、「オーランド・コート」のブランド名で分譲マンションを自社開発、南葛西、横浜で分譲事業を実施。

参考文献[編集]

  • MATSUMURA-GUMI WORKS(作品集)

外部リンク[編集]