第二寝屋川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第二寝屋川
第二寝屋川 2008年12月撮影
東大阪市御厨西ノ町付近から北方を望む
奥に見えるのは阪神高速東大阪線・中央大通
水系 一級水系 淀川
種別 一級河川
延長 約12 km
平均流量 -- /s
流域面積 -- km²
水源 恩智川八尾市/東大阪市
水源の標高 -- m
河口・合流先 寝屋川大阪市中央区
流域 大阪府
テンプレートを表示

第二寝屋川(だいにねやがわ)は、大阪府を流れる淀川水系一級河川

地理[編集]

大阪府八尾市福万寺町北6丁目の恩智川治水緑地付近で恩智川から直角に分かれ、東大阪市との市境を成しながら西流。東大阪市玉串元町で玉串川が南から合流する。中央環状線が迫る東大阪市若江南町で、南方からの楠根川を併せ北西流に転じる。ここからは東大阪市中西部を斜めに横断し、大阪市鶴見区のJR放出駅に至って再び西へ向きを変える。

城東区長瀬川が南から合流した後に城東運河が南北に交差し、また平野川が南から合流してくる。程なく大阪環状線をくぐり大阪ビジネスパークの南をかすめた後、中央区大阪城外堀の北側で寝屋川に合流する。その寝屋川も、合流点から約500mで旧淀川(大川)に流れ込む。

水源(起点)である恩智川からの分派点では背の低い護岸とラバーダムにより恩智川と仕切られており、恩智川の河水は増水時にのみ流れ込む仕組みとなっている。そういう意味では実質的な水源は玉串川といえる。

流域の自治体[編集]

大阪府
八尾市東大阪市大阪市鶴見区城東区中央区

歴史[編集]

東大阪市藤戸小そばの楠根川緑地

東大阪市・八尾市境の東西にまっすぐな流域 および 大阪市城東区内の長瀬川合流地点から平野川合流地点までは、寝屋川・恩智川の水害対策として1969年昭和44年:竣工年)に開削された新しい流域である。楠根川の合流点以北、寝屋川合流地点までは、かつては楠根川と呼ばれていたが、開削・付け替え・拡張に伴い、第二寝屋川に編入され、旧河川域は埋め立てられた。

※ 治水工事開始以前については楠根川を参照のこと。

環境[編集]

東大阪市玉川橋より上流を撮影。ゴミや油が浮き、鯉の死骸が大量に浮いている。2017年6月3日撮影。

流域が住宅・工場の密集地帯であることから、寝屋川などと共に水質汚濁が問題となっている。

ギャラリー1(恩智川分岐~楠根川合流)[編集]

ギャラリー2(楠根川合流~阪神高速東大阪線交差)[編集]

ギャラリー3(阪神高速東大阪線交差~長瀬川合流)[編集]

外部リンク[編集]