ゴム引布製起伏堰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ゴム引布製起伏堰
福島県南川放水路
袋体カットモデル
鉄板で補強し、外枠からワイヤーで固定することで起立状態を再現している。
山形県最上川さみだれ大堰
ゴム引布断面(上が外側面で、下が内側面である)
ゴム袋体支持式鋼製起伏堰
長野県犀川白鳥湖
旧来の鋼製起伏堰
高知県・長沢取水ダム)

ゴム引布製起伏堰(ゴムひきぬのせいきふくぜき)は、ゴム引布製のチューブ空気を注入・排出することで起伏させるゴムラバーダムバルーンダムファブリダム®住友電気工業の登録商標)ともいう。

概要[編集]

をせき止める目的でに建設される堰のうち、水門(ゲート)などの可動部分を持つものを可動堰といい、持たないものを固定堰という[1]。可動堰のうち、上下動するゲートを持つものに対し、起伏するゲートを持つものを起伏堰という[2][3]。起伏堰(転倒堰)は、ゲートを起こした(起立という)状態で水をせき止めておき、洪水などで増水した際に倒して(倒伏という)放流する[4][5][6]。起伏堰のうち、鋼鉄製のゲートを用いるものに対し、の形をしたゴム引布製のを用いるものがゴム引布製起伏堰である[7]アメリカ合衆国ロスアンゼルス市水道電力局英語版のノーマン・インバードソン(Norman Imbertson)が1956年に考案したもので[8]日本では1965年に導入を開始し、1993年には2,400もの施工例を数えるまでになった[9]。設置の目的としては灌漑高潮に対する防潮堤レクリエーションなどが挙げられる[9]

ゴム引布製起伏堰の実体とも言えるゴム引布製のチューブは、専門的には袋体といい、その断面は形をしている[9]。これに空気や水を送り込んだり、排出したりすることで起伏させる[9]。操作に必要な機械はブロワーポンプといったものだけで済み、倒伏動作に限っては動力をまったく必要としない[10]。設置やメンテナンスに必要な手間やコストが安いのが特長である[9]

チューブの寿命素材の耐久性や実際の運用実績からみて、少なくとも30間以上といわれる[11]。川を流れる程度なら摩耗は少ないが、大きめのなどに対してはゴムを厚くしたり、素材を特殊な配合のゴムとしたり、クッションを配置するなどの工夫で対処する必要がある[12]

懸念される点は倒伏させる過程でVノッチ現象が発生することである[6]。倒伏させる過程でチューブの高さが均一でなくなり、ある1点だけがアルファベットVの字形につぶれた状態となってしまう[6]。すると放流水が一局集中し、放流量が過大なのもとなるため、護岸および護床の検討を行う際はこれを考慮する必要がある[6]。これは空気で起伏するもの特有の問題である[6]

ゴム引布製起伏堰と鋼製起伏堰とを折衷したもの[7]ゴム袋体支持式鋼製起伏堰であり、SR合成起伏堰、略してSR堰、あるいはハイブリッド起伏堰ともいう。

採用例[編集]

河川設置[編集]

その他[編集]

2012年ハリケーン・サンディ来襲を前に、ウエストサイド・ヤードの浸水対策として設置されたもの。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『土木用語大事典』680ページ。
  2. ^ 『土木用語大事典』250ページ。
  3. ^ 『改訂六版 農業土木ハンドブック 本編』373ページ。
  4. ^ 『土木用語大事典』431ページ。
  5. ^ 『川の百科事典』500ページ。
  6. ^ a b c d e 『改訂六版 農業土木ハンドブック 本編』403ページ。
  7. ^ a b 『川の百科事典』275ページ。
  8. ^ The rubber revolution”. International Water Power & Dam Construction (1998年9月10日). 2016年2月28日閲覧。
  9. ^ a b c d e 『改訂六版 農業土木ハンドブック 本編』402ページ。
  10. ^ 『改訂六版 農業土木ハンドブック 本編』402 - 403ページ。
  11. ^ 『改訂六版 農業土木ハンドブック 本編』404ページ。
  12. ^ 『改訂六版 農業土木ハンドブック 本編』403 - 404ページ。

参考文献[編集]

  • 土木学会編『土木用語大事典』土木学会、1999年。
  • 農業土木学会編『改訂六版 農業土木ハンドブック』農業土木学会、2000年7月31日。
  • 高橋裕・岩屋隆夫・沖大幹・島谷幸宏・寶馨・玉井信行・野々村邦夫・藤芳素生編『川の百科事典』丸善、2009年1月20日。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]