新田真剣佑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
あらた まっけんゆう
新田 真剣佑
Arata Mackenyu
本名 前田 真剣佑 (まえだ まっけんゆう)
別名義 真剣佑(旧芸名)
生年月日 (1996-11-16) 1996年11月16日(22歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カルフォルニア州 ロサンゼルス[1]
身長 176cm[1]
血液型 B型[1][2]
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマショートフィルム
著名な家族 千葉真一(父)
眞栄田郷敦(弟)
真瀬樹里(異母姉)
矢吹二朗(叔父)
事務所 トップコート(日本)
アジアン・シネマ・エンターテインメント(アメリカ)
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
映画
ちはやふる』シリーズ
チア☆ダン
OVER DRIVE
劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-
十二人の死にたい子どもたち
テレビドラマ
仰げば尊し
僕たちがやりました
トドメの接吻
同期のサクラ
テンプレートを表示

新田 真剣佑(あらた まっけんゆう、Mackenyu, 1996年11月16日 - )は、日本俳優

本名:前田 真剣佑(まえだ まっけんゆう)。父は千葉真一、弟は眞栄田郷敦、異母姉は真瀬樹里、叔父は矢吹二朗。所属はトップコート

経歴[編集]

サンタモニカにて千葉真一の長男として生誕[3][4]。幼少の頃より空手道極真会館)・器械体操水泳ピアノの稽古にあけくれていた[5]。空手についてはLA空手大会で優勝する実力を持つ[1][3]2005年テレビドラマアストロ球団』、千葉が主演・監督した2007年の映画『親父』に子役で出演しているが、学業を優先し高校を卒業するまではハリウッドで暮らす[2]

2012年からアメリカで映画『SPACE MAN』『テイク・ア・チャンス 〜アメリカの内弟子〜[6][7][8]』やショートフィルムTADAIMA』『CALIFORNIA LIFE』らの出演作品をクランクアップ[5]。これらは2014年現在、順次アメリカのみで公開されている。

2014年からは日本で活動を始め、2月15日に千葉と梅宮辰夫の対談が放送された『大きなお世話TV』 (EX) では千葉に手招きされ、飛び入りで収録に参加。5月3日に全国公開される千葉が出演した映画『歌舞伎町はいすくーる』の特別試写会では、出演していないが千葉と共に登壇し話題を集める[9][10]Yahoo!の検索上昇ワードでも連日上位にランクインしたため、4月22日からフジテレビ情報バラエティ番組バイキング』では、ジャンピングハイキックで杉板を試し割り姿での殺陣を披露し、25日まで4日間連続出演した[10][11][12]。真剣佑は日本で活動する理由を「ハリウッドの主役は味わいある大人が多く、60歳を越えていても主役を張れる。日本とアメリカは逆だから、この年で作品を残せるのは日本かなと思いました」と語っている[13]

2017年、『ちはやふる -上の句- / -下の句-』で、第40回日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞した[14]

2017年5月22日浅井企画から[注釈 1]、所属事務所をトップコートへ移籍し、『ちはやふる -上の句- / -下の句-』で演じた綿谷新役から名前をもじり、苗字をつけた新田 真剣佑(あらた まっけんゆう)に芸名を変えた[16]

人物[編集]

名の真剣佑は父・千葉真一が「真実の剣を持って、人の右に出て欲しい」と願望をこめて命名した[4]。特技はスポーツ全般水泳乗馬殺陣空手レスリング体操水球スキーピアノフルート・アルトサックス[1]

出演[編集]

太字は主演。

映画[編集]

ショートフィルム[編集]

  • TADAIMA - 主演
  • CALIFORNIA LIFE - 主演

テレビドラマ[編集]

WEBドラマ[編集]

劇場アニメ[編集]

舞台[編集]

CM[編集]

紀行・旅番組[編集]

書籍[編集]

  • 太陽に微笑む花のように(2014年、小学館エンジェル文庫)※表紙カバーモデル
  • UP THE ROAD (2019年2月1日発売幻冬舎)ファースト写真集

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 業務提携は浅井企画[1]。千葉と共に映画『騒音』に出演することになり、監督関根勤と関根が所属する浅井企画の専務が千葉へ挨拶に伺い、その際千葉から真剣佑の日本での芸能活動を相談され、専務が浅井企画へ所属するよう頼み、決まった[15]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 真剣佑 - 浅井企画”. 浅井企画. 2017年3月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月20日閲覧。
  2. ^ a b 真剣佑 Mackenyu”. アメーバブログ. CyberAgent. 2014年4月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月25日閲覧。
  3. ^ a b 千葉真一「アメリカに移住して再婚、長男と次男が誕生」『千葉流 サムライへの道』(第6章 生活の中に武士道をいかに活かすか)、ぶんか社(原著2010年9月20日)、初版、225 - 233頁。ISBN 4821142694
  4. ^ a b 千葉真一「57歳から第二の子育てスタート!」『千葉真一 改め 和千永倫道』(第四章 子供たちよ……!)、山と渓谷社(原著2008年5月5日)、初版、120頁。ISBN 4635340228
  5. ^ a b 木村隆志 (2014年4月25日). “「世界の超新星・イケメン二世の真剣佑が生出演!」【ノンストップ】”. マイナビニュース. マイナビ. 2014年4月26日閲覧。
  6. ^ a b 映画「Take a Chance」の撮影”. 在アトランタ日本国総領事館. 2014年4月23日閲覧。
  7. ^ a b Take a Chance - New 2015 Movie - Action” (英語). 2015年11月7日閲覧。
  8. ^ a b c “【空手】千葉真一が息子・真剣佑との初共演映画を語る”. efight. イーファイト編集部 (ヨシクラデザイン). (2017年2月8日). http://efight.jp/news-20170208_254845 2017年3月3日閲覧。 
  9. ^ “千葉真一、イケメン過ぎる17歳息子“真剣佑”をお披露目”. cinemacafe.net. (2014年4月21日). http://www.cinemacafe.net/article/2014/04/21/22968.html 2014年4月23日閲覧。 
  10. ^ a b “千葉真一の息子真剣佑バイキング連続出演”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2014年4月24日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20140424-1290259.html 2014年4月25日閲覧。 
  11. ^ 真紀和泉 (2014年4月26日). “千葉真一の長男・真剣佑の出身校に宮迫が驚き。「ビバリーヒルズ・ハイスクール!?」”. Techinsight. 【エンタがビタミン♪】 (メディアプロダクツジャパン). http://japan.techinsight.jp/2014/04/makkenyou-bibahill-viking20140425.html 2014年4月27日閲覧。 
  12. ^ 真紀和泉 (2014年4月24日). “真剣佑(まっけんゆう)が『バイキング』に3日連続出演。フット・後藤「そんな簡単に出られるの?」”. Techinsight. 【エンタがビタミン♪】 (メディアプロダクツジャパン). http://japan.techinsight.jp/2014/04/makkenyu-viking3karenzoku-footgoto20140424.html 2014年4月27日閲覧。 
  13. ^ “真剣佑「自分も2世だとは思ってない」”. 週刊女性PRIME (主婦と生活社). (2015年2月20日). http://www.jprime.jp/column/man/8390/ 2015年3月9日閲覧。 
  14. ^ “第40回日本アカデミー賞優秀賞の最多受賞は「怒り」、「シン・ゴジラ」「64」が続く”. 映画ナタリー. (2017年1月16日). http://natalie.mu/eiga/news/216979 2017年1月17日閲覧。 
  15. ^ “関根勤、千葉真一より息子真剣佑の世話をお願いされていた”. マイナビ学生の窓口. (2015年5月28日). https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/7672 2017年3月18日閲覧。 
  16. ^ “真剣佑が「新田真剣佑」に改名 事務所移籍も報告「今後もよろしく」”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2015年5月22日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/05/22/kiji/20170522s00041000244000c.html 2015--05-22閲覧。 
  17. ^ 柳沢慎吾、“警視庁参事官”役で仮面ライダー出演 お決まりネタ&笑顔を封印”. ORICON STYLE. oricon ME (2015年6月10日). 2015年6月10日閲覧。
  18. ^ “広瀬すず「チア☆ダン」に中条あやみや真剣佑出演、アメリカロケ敢行”. 映画ナタリー. (2016年6月14日). http://natalie.mu/eiga/news/190761 2016年6月14日閲覧。 
  19. ^ 映画「ジョジョ」仗助役に山崎賢人、康一役に神木隆之介!監督は三池崇史”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年9月28日). 2016年9月28日閲覧。
  20. ^ “「十二人の死にたい子どもたち」に杉咲花、新田真剣佑、北村匠海、高杉真宙ら出演”. 映画ナタリー. (2018年11月21日). https://natalie.mu/eiga/news/308762 2018年11月21日閲覧。 
  21. ^ “映画『東京喰種【S】』宗太役は新田真剣佑 公開日に異例の発表”. ORICON NEWS (オリコン). (2019年7月19日). https://www.oricon.co.jp/news/2140433/ 2019年7月19日閲覧。 
  22. ^ “藤原竜也主演「カイジ」9年ぶり新作公開!福士蒼汰、新田真剣佑、吉田鋼太郎ら参戦”. 映画ナタリー. (2019年5月31日). https://natalie.mu/eiga/news/333538 2019年5月31日閲覧。 
  23. ^ 映画『サヨナラまでの30分』製作決定!!” (日本語). アスミック・エース. 2019年8月9日閲覧。
  24. ^ 乃木坂46総出演ドラマに、真剣佑ら多彩なゲストが多数出演!”. 映画.com (2015年8月4日). 2015年8月5日閲覧。
  25. ^ “寺尾聰&多部未華子、TBS日曜劇場で初共演 実在の弱小吹奏楽部モチーフ”. クランクイン! (ハリウッドチャンネル). (2016年6月3日). http://www.crank-in.net/entertainment/news/43383 2016年6月3日閲覧。 
  26. ^ 僕たちがやりました”. 2017年5月29日閲覧。
  27. ^ “『ジョジョ』神木隆之介&新田真剣佑が再共演!”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2017年11月9日). https://www.cinematoday.jp/news/N0096004 2017年11月9日閲覧。 
  28. ^ Inc, Natasha. “新田真剣佑が「同期のサクラ」で社長目指す野心家に、高畑充希&橋本愛と初共演(コメントあり)” (日本語). 映画ナタリー. 2019年8月28日閲覧。
  29. ^ “新田真剣佑&永野芽郁、山崎賢人主演「二ノ国」でアニメ声優初挑戦 恋人同士の男女に”. 映画.com. (2019年6月11日). https://eiga.com/news/20190611/2/ 2019年6月11日閲覧。 
  30. ^ co.,ltd, NANO association. “主演は新田真剣佑!地球ゴージャス『星の大地に降る涙』全キャスト発表” (日本語). エンタステージ. 2019年8月9日閲覧。

外部リンク[編集]