吉倉拓児

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

吉倉 拓児(よしくら たくじ、男性1969年昭和44年)7月14日 - )は、日本実業家。ヨシクラデザイン代表取締役、eFight(イーファイト)代表・プロデューサー。

来歴[編集]

富山県小矢部市生まれ。

高校2年から極真空手に入門し1992年極真会館主催の全日本選手権中量級でベスト8となる。その後県大会優勝などの成績を収める。

(株)リクルートにて広告営業を担当。リクルート時代は尾崎豊が設立した個人事務所「アイソトープ」の担当営業だった。吉倉のfacebookには尾崎豊の元マネージャーであった鬼頭明嗣との写真が公開されている。また、尾崎と鬼頭のドキュメント番組には制作協力として名を連ねている。営業マン当時、尾崎のボディガードとして鬼頭からスカウトを受けたがリクルートの新人だったため断った[1]

1995年 ヨシクラデザイン設立[2]

1997年『極真空手バイブル -王者が教える最新技術-』を刊行[3]

その後、日本スポーツ出版社にて『大山倍達読本』、『芦原英幸読本』など空手関係書籍の編集・執筆を手がける[4]

テレビではCSチャンネル「サムライTV」の構成作家、テレビ朝日「リングの魂」では極真vs中国拳法などの企画を手がける[5]

2002年よりWEB事業に進出。2003年には格闘技ウェブマガジン「GBR」を立ち上げる[6]

雑誌編集プロダクション、ポータルサイトへのニュース配信、WEB制作・運営部門を行なう[7]

2007年 雑誌「Fight&Life」創刊プロデュース協力[要出典]

2012年 格闘技ウェブマガジン「GBR」から格闘技情報サイト「イーファイト」に名称変更し大幅にリニューアル。引き続き代表、プロデューサーを務める[8]

家族 親族[編集]

義弟に元森喜朗秘書で参議院議員を経験した柴田巧がいる。[9]

脚注[編集]

外部リンク[編集]