直撃! 地獄拳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
直撃! 地獄拳
The Executioner
監督 石井輝男
脚本 石井輝男
出演者 千葉真一
佐藤允
西城正三
中島ゆたか
津川雅彦
郷鍈治
水島道太郎
倉田保昭
池部良
音楽 鏑木創
撮影 山沢義一
編集 祖田冨美夫
製作会社 東映
配給 日本の旗 東映
アメリカ合衆国の旗 ニュー・ライン・シネマ
公開 日本の旗 1974年8月10日
上映時間 87分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 4億1700万円
次作 直撃地獄拳 大逆転
テンプレートを表示

直撃! 地獄拳』(ちょくげき! じごくけん、The Executioner )は、1974年日本映画主演千葉真一監督脚本石井輝男製作東映カラーシネマスコープ、87分。『地獄拳シリーズ』の第1作。

解説[編集]

1973年の『ボディガード牙シリーズ』と1974年の『殺人拳シリーズ』で世界に空手ブームを起した千葉真一[1][2][3]忍者の末裔・拳法・空手の達人である暗殺者の主人公になり華麗でスピーディなアクション・空手・忍術を駆使し[3][4][5]、国際麻薬組織の殲滅を描いた娯楽大作である[5]欧米では空手とカンフーの区別がなく、それまでの「空手 = ブルース・リー」というイメージから、欧米での一般的な認識が「空手 = 千葉真一」に代わり、一大ブームが起きた[1][6]。本職の空手家らも「Sonny Chiba[注釈 1]空手は本物」という評価をし、それが定着していくこととなる[1][6]脇役には主人公の相棒に佐藤允郷鍈治、3人の雇い主に池部良、その姪に中島ゆたか悪役津川雅彦、主人公の父親に水島道太郎らのほか、ボクシングキックボクシングから現役引退直後の元WBA世界フェザー級王者・西城正三と、香港カンフー映画で活躍して本作品が日本映画復帰第一作目となった倉田保昭が加わり、錚々たるメンバーがキャスティングされている。ついでながら主人公の少年時代に、当時14歳の真田広之が配役され、出演した。

ストーリー[編集]

私立探偵の甲賀龍一は、謎の美女・恵美に、死刑執行を待つ身の合気道の達人・桜一郎の脱獄を依頼される。桜を脱獄させることに成功した甲賀が訪ねた待ち合わせ場所の洋館には、元麻薬課の刑事・隼猛と元警視総監・嵐山が待ち受けていた。隼と嵐山は、捜査中の国際麻薬密輸組織によって多くの刑事が殉職した責任を取り辞職し、裏稼業に身をやつしながら復讐計画を練っており、非合法での組織壊滅のため、隼なみに腕の立つ2人をスカウトするよう、嵐山の姪である恵美に手配させていたのだった。

組織は某国駐日大使の娘・マーガレットの外交特権を利用して麻薬の運び屋にし、日系人実業家・マリオ水原の所有する山荘に隠匿、偽装パーティを開いて売買する手口をとっていた。成功報酬は麻薬の分量に応じた末端価格分、前金はなしという厳しい条件であったが、奪った麻薬を持ち逃げして独自に売りさばく思惑を抱いた甲賀と、恵美の色仕掛けの口約束に乗った桜は仕事を引き受けることに決める。

3人は、まず組織の連絡場所であるナイトクラブに潜入し、麻薬を隠したマーガレットのハンドバッグを奪うことに成功したほか、一味が取引のために香港に向かっている間に、日本在住の組織の殺し屋たちをことごとく倒した。これを受けた水原は、ニューヨークで強力な用心棒たちを新たにスカウトし、マーガレットの父親が離任する前の最後の大仕事として、200億円分の大量の麻薬取引計画を実行する。

組織はブリーフケース1個に大量の麻薬を隠し、用心棒を連れて日本に帰国した。甲賀と桜は尾行のすえ水原のアジトをつきとめた。甲賀が用心棒たちを引きつけている間に桜がブリーフケースを奪う計画だったが、甲賀はアジト内に仕掛けられた催眠ガスのために眠らされて捕まり、リンチを加えられる。宗家直伝の呼吸法でなんとか回復した甲賀は、合流した隼や、隼の弟弟子である倉山田とともに用心棒たちを倒し、勝手に麻薬を奪い去ろうとする桜を振り切って、ブリーフケースの中身を確認した。麻薬は偽物だった。

甲賀と隼は、本物の麻薬を持って逃げる水原とマーガレットを追い詰めた。水原は「私を倒してもマフィアは絶えない」と告げるなり、サーベルで自身とマーガレットの体を貫き、ブリーフケースもろとも崖下の海に消えた。報酬が不意になったことで甲賀は隼に詰め寄るが、隼は「またチャンスはある。野郎は『マフィアは絶えない』と言ってたじゃないか」と答え、たばこを差し出して大笑した。

キャスト[編集]

  • 千葉真一 - 甲賀龍一
    甲賀忍法宗家第二十四代の嫡子にして、甲賀探偵事務所所長。甲賀流忍法・空手の達人だが、探偵としての仕事は少なく、借金苦にあえいでいる。
  • 佐藤允 - 隼猛
    警視庁麻薬課刑事だったが、強引な捜査で部下を死なせた責任をとり辞職し、遺族への慰謝料を稼ぐために一匹狼の殺し屋となった。「日本真伝拳法館」の師範でもあり、素手による殺人術の使い手。同じく辞職した嵐山と復讐計画を練る。
  • 西城正三(元・世界フェザー級チャンピオン) - ブレーザー西山
    プロボクサーだったが、リング上で5人を死なせ、ボクシング界を追放された。ニューヨークマフィアの用心棒だったところを、水原にスカウトされる。薬で眠らされた甲賀をリンチするのが許せずに拒否し、制裁として水原に目を切られ、ほかの用心棒らに殺害される。
  • 中島ゆたか - 恵美
    嵐山の姪で、連絡係。
  • 津川雅彦 - マリオ水原
    麻薬密輸を仕切るニューヨークマフィアの総支配人。ステッキに仕込んだサーベルが武器。甲賀らに追い詰められ自害。
  • 郷鍈治 - 桜一郎
    通称:トンチキ。「日本伝合気道場」の師範だったが、好色かつ粗暴な性格が災いし、放浪生活の果てに殺人を犯して、死刑囚となった。腕を買った嵐山の命により脱獄させられ、仲間に加わる。
  • 水島道太郎 - 甲賀白雲斎
    甲賀龍一の祖父。甲賀忍法師範。
  • 名和宏 - 親分
    隼のターゲットのひとり。冒頭で死亡し、ストーリーに関与しない。隼が迫った際、命乞い代わりに依頼人である五竜会会長の殺しを依頼する。
  • 白石襄 - ジャガー光田
    水原の手下のサングラスの男。倉山田と対決し、同士討ちとなる。
  • 安岡力也 - ローンウルフ
    ニューヨークから新たにやってきた組織の用心棒。闘拳チャンピオン。甲賀に倒される。
  • 室田日出男 - ボス(五竜会会長)
    親分殺しの依頼主。冒頭で死亡し、ストーリーに関与しない。隼は彼から報酬を受け取った直後、親分の依頼通り殺害する。
  • 芹明香 - 親分の情婦
    隼に色仕掛けで命乞いし、大金をもらって助かる。
  • 日尾孝司 - 陳文昌
    水原の取引相手のひとり。華僑系ギャングの大物。
  • 下沢広之 - 甲賀龍一(少年時代)
  • 土山登士幸 - 手下
  • 原田力 - クレージー・ハーディ
    組織の用心棒で、水原の最側近。怪力を持つ。甲賀と対決し敗れる。
  • 斎藤一之 - 毛
    組織の用心棒。
  • 河合絃司 - 日本真伝拳法館 館長
    隼と倉山田の師匠。隼の計画を知り、破門を言い渡す。
  • 伊達弘 - 監守長
  • 青木卓司 - 監守
  • 中条文秋 - 刑事
  • 沢田浩二 - 監守
  • ジョージ・ユリキアン - レオーネ
    シチリア出身の殺し屋で、ニューヨークマフィアの用心棒。ローンウルフに耳を噛みちぎられる。演じたユリキアンの宣伝上の触れ込みは「レバノン空手チャンピオン[9]」。
  • ヤン・ハーマンソン - コンドル
    組織の用心棒。甲賀に倒される。演じたハーマンソンの宣伝上の触れ込みは「元中部アジアプロレスチャンピオン[9]」。
  • ウイリー・ドーシー - ルーイン
    組織の用心棒。事前情報を察知した甲賀に寝込みを襲われ倒される。
  • ユセフ・オスマン - マフィアの一員
    組織の用心棒。倉山田に倒された。
  • ジューン・ヘラー - カリー
    組織の用心棒。倉山田と対決し敗れる。演じたヘラーの宣伝上の触れ込みは「インド少林源流[9]」。
  • バート・ヨハンソン - カローネ
    組織の用心棒。ターバンがトレードマーク。事前情報を察知した桜に寝込みを襲われ倒される。演じたヨハンソンの宣伝上の触れ込みは「ペルシャ古武術師範[9]」。
  • アネット・プリンガー - マーガレット
    ラテンアメリカ某国の大使令嬢。口を利くことができない。水原に籠絡されて情婦となり、麻薬の運び屋に仕立て上げられた。水原のサーベルに水原もろとも体を貫かれ死亡。
  • リィットワ・ルミオ - ニューヨークマフィアのボス
  • ジャパンアクションクラブ (JAC)
  • 亀山達也
  • 高月忠 - 子分
  • 大泉公孝 - 子分
  • 工藤武
  • 横山繁 - 子分
  • 溝口久夫 - 子分
  • 木村修 - 警官
  • 清水照夫 - 子分
  • 比良元高
  • 畑中猛重 - 子分
  • 城春樹 - 子分
  • 宮地謙吾 - 刑事
  • ノンクレジット
    • 警察幹部 - 山田光一、美原亮三
    • ゴールデン・タイガー - 団巌
      組織の用心棒。
  • 倉田保昭特別出演 - 倉山田
    日本真伝拳法館後継者。隼の後輩。隼の依頼に応じ、破門覚悟でマフィア壊滅計画に参加する。
  • 池部良(特別出演) - 嵐山
    警視総監だったが、隼の捜査によって6人の刑事が死んだ責任を取り、辞職。その後独自に復讐計画を練り、隼を呼び戻し、甲賀・桜をスカウトする。自身も武道の心得があり、襲ってきた桜を座ったまま簡単に投げ飛ばした。

スタッフ[編集]

製作・興行[編集]

製作

石井輝男は千葉真一の特技である器械体操極真空手の技量を生かし、忍術を初見良昭に指導してもらい具体性を実現する一方で、ストーリーの端々にユーモアギャグをふんだんに散りばめ、ダイナミックなアクションや格闘にコメディを織り交ぜた作品へ仕上げた[5]

国内興行

日本では1974年度に4億1700万円の配給収入を上げ、同年度の日本映画配給収入ランキング第5位に入り、アメリカ合衆国では『The Executioner 』というタイトルで1999年現在、10万本以上のビデオが売れてシリーズ化された[10]

キャッチコピーは「超人空手《千葉》 鉄拳ドラゴン《倉田》 殺人パンチャー《西城》 地獄に落ちるのは誰!?殺人仕掛人3人が日本に集結!![11]」。

備考[編集]

1975年7月5日に封切り公開された映画『新幹線大爆破』の劇場予告編では、新幹線運転士で出演する千葉真一を、茶と白のストライプジャケットを羽織り、新宿副都心にいる姿で紹介している。これは、本作品で甲賀龍一(千葉)が恵美(中島ゆたか)にスカウトされる直前のシーンを流用したものである。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ アメリカ合衆国ニュー・ライン・シネマ千葉真一を、「Sonny Chibaサニー千葉)」と名付けて千葉の作品を興行した[7][8]。この名が海外での異名となり千葉は脚光を浴びていくこととなるが、英語圏で「Sonny」は男性の名前に使われるほか、口語で「兄ちゃん・坊や」という意味があり、千葉の日本での愛称「千葉ちゃん」を欧米風にしたものである[7]

出典[編集]

  1. ^ a b c 大山倍達 『わがカラテ革命』講談社、1978年、83 - 87頁。 
  2. ^ 千葉真一 プロフィール」 (パンフレット) 『戦国自衛隊』、角川春樹事務所、1979年12月15日、 30頁。
  3. ^ a b 『SPORTS CITY』第1巻第2号、鎌倉書房、1981年8月、 32頁。
  4. ^ 脇田巧彦「アクションに賭ける男・千葉真一」 (パンフレット) 『戦国自衛隊』、角川春樹事務所、1979年12月15日、 21頁。
  5. ^ a b c 『直撃! 地獄拳』 - 日本映画製作者連盟
  6. ^ a b MARTIAL ARTS LEGEND Sonny Chiba が、SINGAFEST 2011 にてLIFETIME ACHIEVEMENT AWARD を受賞” (2011年8月10日). 2011年8月19日閲覧。
  7. ^ a b JJサニー千葉 『千葉流 サムライへの道』ぶんか社、2010年、11, 51頁頁。ISBN 4821142694 
  8. ^ 高平哲郎JJサニーちば、真面目さと優しさに溢れ…」『ZAKZAK』、夕刊フジ、2011年5月18日、2012年9月27日閲覧。
  9. ^ a b c d 直撃!地獄拳 東映ビデオオフィシャルサイト
  10. ^ 中村カタブツ 『極真外伝 〜極真空手もう一つの闘い〜』ぴいぷる社、1999年、172 - 186頁。ISBN 4893741373 
  11. ^ 本作ポスターより。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]