特命捜査室

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
特命捜査室
ジャンル テレビドラマ
脚本 放映リスト参照
演出 放映リスト参照
出演者 中山仁ほか
オープニング 作曲:八木正生
製作
プロデューサー 新藤善之、渡辺洋一吉川進
制作 フジテレビ東映
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1969年7月3日〜1969年9月25日
放送時間 木曜日22:00〜22:56
放送分 56分
回数 13

特記事項:
モノクロームで放送。
テンプレートを表示

特命捜査室』(とくめいそうさしつ)は、1969年7月3日から同年9月25日まで、フジテレビ系列にて放映されたテレビドラマ

概要・ストーリー[編集]

前番組『ブラックチェンバー』と同じく、生島治郎作の小説『影が動く』などの“影シリーズ”を原作としている。

東京都内のとあるホテルの中に本部を置き、正体不明の人物から特命を受け、スパイ、極秘捜査などの活動を以って大きな事件を暴き出し解決していく、秘密捜査官グループの活躍を描く。

本作には『ブラックチェンバー』から、中山仁千葉治郎賀川雪絵がそれぞれ前作と同じ役名のままで続投している。また、本作は『ブラックチェンバー』と違い、明るいタッチの作風である。

本作品のポジフィルムの現存について、東映には第1話「005危機連発」の保存が確認されており、第2話「おかしなおかしなギャングたち」以降は行方不明になっている。

東映チャンネルで保存されている第1話が過去に放送された。

放映データ[編集]

  • 放映期間:1969年7月3日〜1969年9月25日
  • 放映曜日・放映時間帯:毎週木曜日22時〜22時56分
  • 放映話数:全13話
  • 放映形式:モノクロ16mmフィルム

スタッフ[編集]

  • 原作:生島治郎
  • プロデューサー:新藤善之(フジテレビ)、渡辺洋一(東映)、吉川進(東映)
  • 脚本:放映リスト参照
  • 監督:放映リスト参照
  • 制作担当:桑原秀郎
  • 進行主任:市倉正男
  • 音楽:八木正生
  • 擬斗:林成二郎
  • 撮影:瀬尾脩
  • 録音:岩田広一
  • 照明:大町博信
  • 美術:川村晴通
  • 編集:大橋四郎
  • 制作:フジテレビ、東映

キャスト[編集]

放映リスト[編集]

回数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 ゲスト
1 1969年

7月3日

005危機連発 押川國秋 山田稔 江見俊太郎宮口二朗潮健児森秋子小川万里子大前均
2 7月10日 おかしなおかしなギャングたち 村山新治 日野麻子丹羽又三郎天草四郎石井隆一吉田留美子
3 7月17日 真紅のプールサイド 伊上勝 関川秀雄 葉山良二植村謙二郎亀石征一郎筑波久子滝謙太郎
4 7月24日 誘拐共同作戦 白井更生 加島昭 三原葉子木山佳稲吉靖
5 7月31日 消えた現金輸送機 牧野和夫 小堀明男山口火奈子滝恵一吉原正皓山中紘山岡徹也
6 8月7日 吸血鬼のキスマーク 伊上勝 工藤栄一 田村奈巳霧立はるみ川端真二初井言榮
7 8月14日 化粧する女 布勢博一 山田稔 寺島達夫浜田ゆう子北原義郎青沼三郎
8 8月21日 王女と引金 押川國秋 加島昭 鶴見丈二夏海千佳子、稲吉靖、高宮敬二木島新一仲子正介
9 8月28日 デートは殺しのタイム 小西通雄 千葉真一真理アンヌ近藤宏上野山功一
10 9月4日 女とギャングとマシンガン 山田稔 大村文武堀井永子久富惟晴蔵一彦
11 9月11日 一匹狼(ローンウルフ) 島津昇一 村松英子村上冬樹夏八木勲川合伸旺
12 9月18日 休暇に殺しはごめんだ 押川國秋 山田稔 睦五郎国景子水上竜子高品格若原初子大宮恵子
13 9月25日 血の商人 西条道彦 佐伯清 由美てる子沢村昌之助長沢大戸上城太郎

関連項目[編集]

フジテレビ 木曜22時台
前番組 番組名 次番組
特命捜査室