高城丈二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高城 丈二たかぎ じょうじ1936年12月3日 - )は、日本の元俳優・元歌手。本名・清水嘉美(しみず よしみ)。

来歴・人物[編集]

大阪府豊中市出身。大阪府立北野高等学校卒業。デビュー当時の芸名は若杉 啓二わかすぎ けいじ)。その風貌から和製ジュリアン・ソレルと称された[1]輸血によって肝炎を患い、闘病生活を余儀なくされたことにより、俳優業を自ら廃業し、実業家に転じている(辞めた時期は不明だが、1980年以降、活動実績が無い)。芸能界引退後は、テレビ番組の出演依頼やマスコミの取材に一切応じないという。

37階の男』(1968年、東宝 / 日本テレビ)で共演した中丸忠雄の証言によれば、この当時人気絶頂だった高城は撮影現場で不遜な態度をとっており、日常的な遅刻や相手役を「あいつ」呼ばわりするなど、共演者、スタッフからの悪評をかっていた。しかし、その後大病を経てからは腰の低いやさしい性格に変じていたという[2][出典無効]

出演作品[編集]

映画[編集]

  • 真昼の罠(1960年、松竹
  • (1961年、松竹)
  • 痛快太郎(1961年、松竹)
  • 斑女(1961年、松竹)
  • 社長と女秘書 全国民謡歌合戦(1963年、大蔵映画
  • ならず者(1964年、東映
  • 孤独(1964年、松竹)
  • 悪魔のようなすてきな奴(1965年、東映)
  • 無宿者仁義(1965年、東映)
  • 流れ者仁義(1965年、東映)
  • ギャング頂上作戦(1965年、東映)
  • 北海の暴れ竜(1966年、東映)
  • 夜のひとで(1967年、松竹)
  • 藤猛物語 ヤマト魂(1968年、日活
  • 明治血風録 鷹と狼(1968年、日活)
  • あぶく銭(1970年、大映
  • 姿三四郎(1970年、松竹)
  • 若き日の講道館(1971年、大映)
  • 海兵四号生徒(1971年、大映)
  • 座頭市物語 折れた杖(1972年、東宝
  • 暗黒街のドラゴン 電撃ストーナー(1974年、ゴールデン・ハーベスト※香港映画(共演:ジョージ・レーゼンビー、アンジェラ・マオ他、配給:東映洋画)
  • 天保水滸伝 大原幽学(1976年、富士映画

テレビドラマ[編集]

レギュラー出演[編集]

ゲスト・単発出演[編集]

関連項目[編集]

脚註[編集]

  1. ^ 東映の友 1965年6月号 29頁。
  2. ^ 生声(3)”. 中丸忠雄全仕事. 2014年6月7日閲覧。

外部リンク[編集]