ザ・ボディガード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ザ・ボディガード
THE BODY-GUARD
ジャンル テレビドラマ
放送時間 木曜日 22:00 - 22:55(55分)
放送期間 1974年4月4日 - 9月26日(26回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NET
監督 作品リスト参照
脚本 作品リスト参照
プロデューサー 後藤武彦 NET吉川進斉藤頼照
出演者 千葉真一
目黒祐樹
千葉治郎
志穂美悦子
高城丈二
雪村いづみ
西村晃
ナレーター OPと予告参照
音声 モノラル放送
データ放送 アナログ放送
オープニング 作曲渡辺宙明
「ザ・ボディガード メインテーマ」
時代設定 放映時
外部リンク ザ・ボディガード

特記事項:
制作 : 東映、協力 : ジャパンアクションクラブ (JAC )
テンプレートを表示

ザ・ボディガード THE BODY-GUARD 』は、日本テレビドラマ主演千葉真一[1]制作NET東映カラーアナログ放送1974年4月4日から9月26日まで毎週木曜日22:00 - 22:54に全26話が放映された。

解説[編集]

民間の身辺警護会社「ザ・ボディガード」に所属する鷲見秀介がボディガードをしながら、そこで発生する事件を解決していく物語。格闘やスタントには、千葉真一率いるジャパンアクションクラブ (JAC ) が関わっていることから迫力ある戦いが描かれる一方、内容は人情味あふれるストーリーで構成されている。ロサンゼルス香港マカオでもロケーション撮影がされた。千葉は映画『ボディガード牙シリーズ』に続くボディガード役である。

ストーリー[編集]

伊達正は東京国際空港で、手錠を掛けられ護送されてきた鷲見秀介を出迎えていた。砂漠のある国で正当防衛とはいえ、人を殺した鷲見を自らが経営する身辺警護会社「ザ・ボディガード」へ入社させるためである。警護の対象者が身勝手でやりがいを感じられなかった鷲見だが、伊達や宮城花恵に諭され、やりぬこうと決意。鷲見は仲間たちと協力し、様々な依頼者や身辺警護をし、発生した事件も解決していく。

各回のストーリーは#作品リストを参照のこと。

キャスト[編集]

※役名と説明の( )の数字は作品話数。役名右横の数字無しは全話出演。クレジットタイトルの表記順。

ザ・ボディガード
  • 鷲見 秀介(わしみ しゅうすけ)
演 - 千葉真一
本作の主人公[1]外人部隊に所属 (1)。“空手界の麒麟児”と云われていた (2)。ある砂漠の国で友人のアリーとその家族を皆殺しにされ、人質に取られていたアリーの子息を助け出すため、拳銃シャムシールで武装する3人のギャングと素手で戦い、殺してしまう (1)。正当防衛を主張するものの認められずに処刑寸前のところ、伊達正が助命に奔走したおかげで釈放され、秀介の身柄はザ・ボディガードへ引き取られた (1)。空手射撃の達人で、日々トレーニングに励む (1, 3)。正当防衛とはいえ、人を殺したことで、いまでもうなされていると告白している (2)。かつての恋人は「幼少のころからあらゆるスポーツをこなしていた彼にとって、就職した職場のデスクワークに馬が合わず、中東の出張所へ移転を志願した。この国や社会、血のつながりに窒息死かけていたが、それをわかってあげられなかった」と回想している (3)。秀介は中東へ赴任してから2か月後に消息を絶つ (3)。1年経ち、出張所は強盗に遭い、会社は秀介が射殺されたと処理した (3)。それから6年後に、秀介は伊達に拾われることとなる (1, 3)。昔の恋人と再会し、彼女が父親から譲り受けた能面を「大事に持っていたほうがいい」と言ったことが、結果的に彼女に殺人を犯させてしまい、悲しみにくれる (3)。
  • 江本 雄一郎(えもと ゆういちろう)
演 - 目黒祐樹
元・新聞社海外特派員 (1)。「優男で頭は切れるが、腕っぷしは大したことない」と伊達は評しているが (1)、相手次第では戦え (2, 5)、マシンを使って筋トレもしている (4)。情報収集は得意だが (1)、仕事を選り好みする (3)。
  • 倉田 治郎(くらた じろう)
演 - 千葉治郎
大学卒業祝いの帰りに4人のチンピラに絡まれている少女を助けたが、空手で相手を怪我をさせ、就職を棒に振ってしまった青年 (1)。拳銃を撃ちたがり (1)、骨董品のガードを嫌がる子供っぽいところがある (3)。オートバイも乗る (6)。
  • 新美 ジュン(にいみ じゅん)
演 - 志穂美悦子
男勝りな少女 (1)。牧場の娘で両親を亡くした後、伊達が親代わりになっている (1)。電話番、お茶くみ、伊達のマッサージがメインだったものの(1, 3)、トレーニングに熱心なこともあり (4)、次第に現場へも赴き、男顔負けの戦いをする (5)。
  • 伊達 正(だて ただし)
演 - 西村晃
ザ・ボディガードの創設者で、警護の指揮を執り、メンバーからは“シェフ”、花恵からは「狸 (2)」と呼ばれている。鷲見秀介を“しゅう”と呼ぶ。厳格と柔和を兼ね備えた人物 (1 - 2)。中東の刑務所で秀介は、正当防衛を主張していたが当局に聞き入れてもらえず、絶望した状況のなかで伊達が日本からやってきて解放し、このことを秀介は深く感謝している(3)。秀介の気持ちを慮り、依頼者のためにボディーガード以外の刑事や探偵まがいの行動を許す、大らかさもある (3)。
関わる人々
  • 黒沢 竜吾(くろさわ りゅうご、5 - 6)
演 - 高城丈二
キザな一匹狼のボディガードで、計算高くダーティー (1)。鷲見秀介が助けようとするが、自分だけで解決しようと単独の行動を好む (5)。
  • 宮城 花恵(みやぎ はなえ、1 - 4)
演 - 雪村いづみ
ファッションデザイナーでブティックを経営し、ザ・ボディガードの事務所の大家 (1)。時に事務所の留守番もする (3)。伊達は「もと三流のファッションモデル (1)」で、「狐 (2)」と呼んでいる。父親は友人の手形保証人になったので暴力団に付きまとわれ、花恵は警察に保護を依頼するが「民事事件だから介入できない」と断られ、父を殺害された過去を持つ (1)。殺された部屋を事務所として使ってほしいと伊達に依頼 (1)。「鷲見ちゃん。吹けば飛ぶようなケチなお客を大切にしてあげてよね。頼むわ」と、この仕事に疑問を抱いていた秀介を諭す (1)。
  • 福本 天子(ふくもと てんこ、16 - )
演 - ビーバー
そのほか

事務所と自動車[編集]

※ ( ) の数字は作品話数。

宮城花恵が経営するブティックの前に「THE BODY-GUARD ザ・ボディガード 事務所 TEL・408-1742」という看板を出す (1)。店の地下に事務所があり、室内射撃場とトレーニングジムが備えられている (1)。メンバーはここで日々鍛錬している (1, 3)。社用車はダイハツ・コンソルテクーペ(EP40系)、シトロエン・DSシボレー・モンテカルロを使用しているが、モンテカルロは敵に爆破された (1)。

作品リスト[編集]

※出演はクレジットタイトルの表記順。同じ配役の複数回出演者と全話表記者は#キャストを参照。

No. 放映日 サブタイトル 監督 脚本 ゲスト ストーリー
1 1974年
4月04日
夕焼けの暗殺者 吉川一義 安倍徹郎 島田順司宗方奈美 / 北村晃一早乙女りえ木下清 / 日尾孝司ストロング・イリマティ美原亮朝倉一 / 春田三三夫井上清和井上誠吾西条貴中井宥子 / 菅原靖人高橋清彦 / 浜田寅彦 / 内藤武敏 アラビア語の通訳がの謎の死を遂げ、後任者の警護を依頼されたザ・ボディガードは爆弾を仕掛けられるなど、正体不明の敵に苦闘する。
2 4月11日 よみがえる栄光の日々 竹本弘一 長坂秀佳 沢村忠 / 川島育恵河村弘二 / 北原義郎角友司郎 / 金田治打田康比古 殺人容疑で逃走中の空手家を助けるよう、ホステスから依頼がきた。彼は警察から追われる理由を知り、望まぬ鷲見秀介との決闘へ導かれていく。
3 4月18日 哀しみの白い雨傘 永野靖忠 橋本綾 野際陽子 / 武内亨槙摩耶 / 山中貞則西川敬三郎野口元夫 / 松尾文人・井上誠吾・栗原敏池田一臣 / 高山彰 秀介は7年前に別れた恋人と再会。彼女は美術商の妻になっていたが、夫は殺されて国宝級の能面も盗まれる。容疑は彼女にかけられた。
4 4月25日 妻の座が崩れる時 永野靖忠 高久進 松尾嘉代 / 長内美那子 / 賀川雪絵黒部進 / 中吉卓郎久保木利貴松下昌司田中淳也田川恒夫 / 夏木章霧立宏 / 玉川伊佐男 宮城花恵の常連客夫人が襲われ、護衛を始める。しかしその夫は非協力的でメイドもすぐ辞め、奇妙なことが次々と勃発していく。
5 5月02日 喪服の女に手を出すな 田中秀夫 神波史男
曽田博久
池玲子 / 久松保夫宇南山宏佐藤京一 / 瀬良明三条貴子桐島好夫杉義一 / 高橋健二浦原敏明・井上誠吾・溜健二森山田石三橋幸男 / 市川ひろし川村もりひろ / 河津清三郎 服役中の囚人は娘に、自分の資産を奪った財界の黒幕に復讐を果たすよう遺言を残す。彼女を護衛するのは一匹狼のボディーガード・黒沢竜吾。二人を得体の知れない集団がつけ狙い始めた。
6 5月09日 狙われた人妻 竹本弘一 長坂秀佳 入江若葉 / 国景子 / 中井啓輔 / 宗近晴見多田秀一伊藤慶子・栗原敏 / 井上誠吾・酒井努山岡淳二・春田三三男・高橋健二 / 美原亮・高野隆志 / 山岡徹也中田博久 / 根上淳
7 5月16日 大いなる恐喝 小西通雄 曽田博久 櫻木健一 / 衣麻遼子田島義文 / 岩城力也高桐真山田禅二 / 鈴木志郎猪野剛太郎山崎純資菊地正孝 / 高橋晴男松橋正一
8 5月23日 作戦指令・宝石を奪還せよ! 降旗康男 石堂淑朗 殿山泰司 / 白石奈緒美 / 相馬剛三巴聖子六本木はるみ打越正八 / 桜井正良西本良治郎 / 小松方正
9 5月30日 東京 - ロス・大追跡 永野靖忠 流和也
新井光
真山知子 / ビーバー / 日尾孝司、ジョージ・イリキアン / 外山高士増田順司 / はやみ竜次・西本良治郎・原田力 / 伊藤豪仙波和之
10 6月06日 グランドキャニオンの殺人者 真山知子 / ビーバー / 日尾孝司、ジョージ・イリキアン / 外山高士・増田順司 / 原田力・仙波和之
11 6月13日 残酷な女の部屋 小西通雄 西条道彦 村瀬幸子 / 原良子深江章喜 / 武田昌之古本新之輔吉沢信子里本佐甫郎 / 山田甲一木村修堀田義久・高木真二 / 高橋健二
12 6月20日 女が死を選ぶ時 降旗康男 長坂秀佳 町田祥子中山昭二 / 高野真二蓮見里美 / 日高ゆりえ野村光絵白山英雄 / 横井豊 / 郷鍈治
13 6月27日 裁かれる愛 吉川一義 曽田博久 北林早苗 / 宝田日出雄潮建志 / 清水一郎福山象三 / 森裕介入江正徳大山豊片山滉 / 吉田妙子丸山詠二
14 7月04日 愛と死の空中ぶらんこ 長坂秀佳 水原麻紀 / 酒谷明良綾川香団巌 / タミ・モナスケビン・ハーンズ弘松三郎 / 酒井努・栗原敏・大谷進 / 三上剛 / 今井健二
15 7月11日 私は漂泊の女 田中秀夫 曽田博久 荒砂ゆき / 一ノ瀬玲奈園田裕久 / 関山耕司有馬昌彦中庸介 / 大林隆介杉山元 / はやみ竜次・高木真二 / 栗原敏
16 7月18日 白い獲物の罠 岡田光治 荒木一郎 / 江口有子山吹まゆみ・金田治 / 天坊準斉藤英雄岡野バレー研究所 / 伊藤慶子
17 7月25日 復讐に来た女 長坂秀佳 山科ゆり / 富田仲次郎絵沢萠子 / ミッチ・ラァブ大川義幸桔梗恵二郎 / 木村一松本松江・井上清吾・春田三三男 / 益田哲夫
18 8月01日 吠えろ! 北海の女ドラゴン 若林幹 南道郎千波丈太郎 / 柴田鋭子島田幸子 / 藤山浩二三夏伸斉藤一之 / 上木美佳南川直桜田千恵子 / 益子隆充
19 8月08日 葬いの鐘の鳴る街 - 香港 - 吉川一義 高久進
新井光
浜田光夫 / 円山理映子久富惟晴 / 酒谷明良・高桐真 / 杉義一・潮健志 / 日尾孝司・金田治 / 栗原敏・西本良治郎・土山登志幸 / 石原清美
20 8月15日 愛の散る街 - マカオ - 浜田光夫 / 円山理映子・久富惟晴 / 酒谷明良・高桐真 / 杉義一・潮健志 / 日尾孝司・金田治・栗原敏 / 西本良治郎
21 8月22日 色ぼけ欲ぼけ大戦争 若林幹 石堂淑朗 桑山正一 / 村田知栄子 / 宇南山宏・松井康子 / 木村有里船渡伸二北城清 / 蒲原敏明
22 8月29日 蒸発妻 曽田博久 中島葵 / 平井昌一池田駿介 / 浅野進治郎嵐五郎 / 竹下誠治・、益田哲夫・三島一夫 / 小高まさる
23 9月05日 対決・死闘拳 田中秀夫 高岩肇 多岐川裕美 / 千波丈太郎・伴直弥 / 福山象三・斉藤一之 / 若尾義昭
24 9月12日 マフィアと二つの顔の女 石橋雅史 / 柳谷寛西条なみ五木繁則 / ジュアンニュ・オンユーベルセテラ・アントニオ、桜井正良・山口譲 / 井上誠吾・池田一臣・野上正飛田喜佐夫 / 木村修
25 9月19日 明日に別れの弾丸を 吉川一義 高久進 高林由紀子 / 内田勝正田中浩 / 中田博久・打田康比古・山下勝也 / 須賀良斧田一規守山竜二清川元夢 / 栗原敏
26 9月26日 父性愛 曽田博久 今福正雄 / 田代信子杉田景子 / 西田健松下達夫・山中貞則 / 佐久間定幸・山田光一・久保田民栄 / 大田咲 / 川辺久造

スタッフ[編集]

監督脚本#作品リストを参照。( )の数字は担当話数で、無しは全話担当。

OPと予告[編集]

第3話までは伊達正が鷲見秀介をザ・ボディガードへ入社する経緯、そのメンバー紹介後に番組タイトル、オープニングテーマでストーリーと繋がる画、出演・スタッフのクレジット表記が流れる。第4話以降はオープニングテーマの別バージョンを流し、ナレーション無しの主要キャストのクレジット、番組タイトル、オープニングテーマに出演とスタッフのクレジットという順に変更され、画はそれまでと同様にストーリーに繋がるものとなった。各話のタイトルはハーモニカのBGMと一緒に表示され、次回予告のナレーションは伊達正が第2 - 3話、宮城花恵が第4, 6話、黒沢竜吾が第5話を担当をしている。

媒体・再放送[編集]

  • 1981年東映芸能ビデオから最終話「父性愛」を収録したビデオが4万円で販売[2]
  • 1998年LD「東映TVドラマ主題歌大全集 現代劇編」第2巻(VHSでは第3巻)が発売され、オープニング映像が収録
  • 2016年11月9日より東映チャンネルで全話が再放送
  • 2017年5月10日に全話をDVD-BOXのデジタルリマスター版で販売

脚注[編集]

  1. ^ a b ザ・ボディガード”. 東映チャンネル. 2016年10月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月1日閲覧。
  2. ^ 「ビデオコレクション1982」1981年、東京ニュース通信社、「週刊TVガイド」臨時増刊12月2日号

関連項目[編集]

1974年 - 1976年千葉真一主演NET系テレビドラマ

外部リンク[編集]