ゆかいな海賊大冒険

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ゆかいな海賊大冒険
''The Big Adventure
of The Fantastic Pirates''
作曲 樋口康雄宮川晶
作詞 青井陽治
原作 青井陽治
上演 1982年8月7日 - 9月12日新宿コマ劇場
1983年3月25日 - 4月10日梅田コマ劇場
1984年3月24日 - 4月17日(新宿コマ劇場)

ゆかいな海賊大冒険』(ゆかいなかいぞくだいぼうけん、The Big Adventure of The Fantastic Pirates )は、日本ミュージカル1982年1983年1984年に上演された。演出主演千葉真一ジャパンアクションクラブ (JAC ) のメンバーをメインキャストとした作品である。

解説[編集]

1981年千葉真一が演出した『スタントマン物語』に続く、JACミュージカルの第2回作品。当初千葉は深作欣二に演出を依頼していたが、スケジュール調整がつかなかったため、新宿コマ劇場の要望で千葉が演出することとなった[1]1982年の公演では新宿コマ劇場の新装開場記念として、ダグ・ヘニングのニューアメリカンマジックショー(イリュージョン)と同時上演だった[2]。新宿コマ劇場はこの時、「夏休み期間のため内容をファミリー向けにして、イリューションを劇に入れてほしい」と千葉へ注文つけていたが、ストーリーとイリュージョンがどうしても噛み合わないことから、千葉はフィナーレの30分間にまとめてイリュージョンを行う苦渋の演出をしている[1]。本作は1983年梅田コマ劇場で再演、1984年の新宿コマ劇場における三演では一部の配役を除き、A, Bキャストに振り分けられたが(#キャスト#上演)、3年間にわたって満員御礼となる記録的な成功を収めた[3]

スタッフ[編集]

ストーリー[編集]

大嵐の海に海賊船が姿を現した。海賊・ダイダロス船長とその手下たちは、稲妻が光り雷鳴の轟く真っ只中を、平然と歌いながらやってくる。船は島に着き、ダイダロスたちは降りてきた。海賊たちは陸に上がり宴をしながら、嵐が去るのを待っていた。嵐も収まり、船を出航させようとみな乗り込むが、ダイダロスは一番可愛がっている一の手下・イカロスに「ここに残れ」と告げる。

キャスト[編集]

パンフレットの表記順[4]。1982年・1983年はAキャストのみで、1984年はA, Bキャスト二通りで公演された。

役名 Aキャスト Bキャスト
ダイダロス(海賊船の船長) 千葉真一
ミランダ(王女 志穂美悦子 佐藤実里
イカロス(若い海賊) 真田広之 山本亨
ヨナタン(王子 黒崎輝 渡洋史
鷲の精 大葉健二 真田広之
ピラゴラス(王様 多々良純
カルメン(海賊船の食事係) 楠トシエ
ペパロニ(侍従長 人見明
クレオパトラ(金の波頭亭の女主人) 舞小雪
ペンタゴング(長官 田中浩
クレア 嶌田久美 志穂美悦子
ナンダ(長官の部下) 潮健児 黒崎輝
ガニメデス(海賊) 西田良
パキータ(ペパロニの娘で侍女 森永奈緒美
スカンポ(道下師) 千葉真一
パンタグロス(魔術師 千葉真一

上演[編集]

媒体[編集]

  • (パンフレット) 『ゆかいな海賊大冒険』、千葉プロモーション、1984年3月24日

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 黒田邦雄「ザ・インタビュー 千葉真一」、『KINEJUN キネマ旬報』第1655巻第841号、キネマ旬報社1982年8月1日、 130頁。1982年、8月上旬号。
  2. ^ a b 新宿コマ劇場 公園年譜1982年”. 新宿コマ劇場. 2007年10月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月21日閲覧。
  3. ^ 「ごあいさつ 株式会社コマ・スタジアム 専務取締役 酒井肇」 (パンフレット) 、『第IV回JACミュージカル 酔いどれ公爵』、新宿コマ・スタジアム、1985年4月1日、 35頁。
  4. ^ ゆかいな海賊大冒険、10頁。
  5. ^ ゆかいな海賊大冒険、表紙。
  6. ^ 新宿コマ劇場 公園年譜1984年”. 新宿コマ劇場. 2007年10月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月21日閲覧。

関連項目[編集]