青井陽治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

青井 陽治(あおい ようじ、1948年3月3日 - 2017年9月1日[1])は、日本の翻訳家、演出家。日本演出者協会理事。

人物[編集]

神奈川県出身。国際基督教大学中退。1969年劇団四季の演劇研究所に入り、俳優、翻訳者として活動。1976年フリーとなり、アメリカ現代劇やミュージカルの翻訳・演出にとりくむ。

上演作に「真夜中のパーティ」「陽気な幽霊」「ラヴ・レターズ」など[2]

2017年9月1日、膵臓がんのために死去[1]。69歳没。 戒名は、遇劇院釋導陽(ぐうぎゃくいんしゃくどうよう)[3]

共著[編集]

翻訳[編集]

  • J.G.ノヴェール『舞踊とバレエについての手紙』小倉重夫,ダン・ケニー共訳 春秋社 1968
  • ハーニック・ボック脚本 シェルドン・ハーニック作詞『アップル・トゥリー』堤孝夫共訳 劇書房 1979
  • アンソニー・ニューリー, レスリー・ブリッカス『地球を止めろ 俺は降りたい』堤孝夫共訳 劇書房 1979
  • ポール・オズボーン『朝は、七時』劇書房 1981
  • マーク・メドフ『ちいさき神の,作りし子ら』劇書房 1981
  • マーテイン・シャーマン『ベント 』劇書房 1981
  • ジャック・ハイフナー『ヴァニティーズ』劇書房 1982
  • バーナード・スレイド『セイムタイム,ネクストイヤー 来年の今日もまた』堤孝夫共訳 劇書房 1983
  • マート・クローリィ『真夜中のパーティ』劇書房 1983
  • アーネスト・トンプソン『黄昏』堤孝夫共訳 劇書房 1984
  • ニール・サイモン戯曲集 2』酒井洋子鳴海四郎福田陽一郎共訳 早川書房 1984
  • ハーヴィ・ファイアスティーントーチソング・トリロジー 3部作』劇書房 1987
  • スタンリー・グリーン『ブロードウェイ・ミュージカルfrom 1866 to 1985 Show by show』ヤマハ音楽振興会 1988
  • A.R.ガーニー『ラヴ・レターズ』劇書房 1990
  • アリエル・ドーフマン『死と乙女』劇書房 1994
  • ポール・ラドニック『ジェフリー』劇書房 1995
  • スタンリー・グリーン著 ケイ・グリーン追補『ブロードウェイ・ミュージカルのすべて』ヤマハミュージックメディア 1995

脚注[編集]

外部リンク[編集]