福田陽一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

福田 陽一郎(ふくだ よういちろう、本名同じ、1932年6月25日 - 2010年4月11日)は、日本のディレクター脚本家作詞家である。伊奈 洸(いな あきら)のペンネームも用いる。妻は女優稲野和子

略歴[編集]

  • 1932年 - 東京府に生まれる。
  • 1957年 - 東京大学文学部フランス文学科卒業(漆戸靖治は東大文学部および日本テレビの同期)。その後、日本テレビに入社し、ディレクター、脚本家として、「男嫌い」等のドラマからバラエティーショーまであらゆるジャンルの番組を手掛ける。
  • 1973年 - フリーとなり「離婚ともだち」等、数々の脚本を執筆、また舞台で「ショーガール」等オリジナルミュージカルを手がけ、日本に「エンターテイメント」を定着させる。
  • 1980年 - TBSテレビ系列木曜連続ドラマ「離婚ともだち」の脚本家(第5話のみ八木柊一郎と共作)を担当。さらに挿入歌として、中村晃子が歌唱した『恋の綱わたり』の作詞も手掛けており、当曲はTBS系「ザ・ベストテン」へ最高第8位(2週連続)にランクインのヒット・ソングとなった。
  • 2010年4月11日 - 膵臓癌のため満77歳で死去[1]

代表作[編集]

TV演出
TV脚本
舞台演出
映画(監督・脚本)  
著作
作詞

出典[編集]