必殺女拳士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
必殺女拳士
監督 小平裕
脚本 松田寛夫
出演者 志穂美悦子
音楽 菊池俊輔
撮影 仲沢半次郎
編集 田中修
製作会社 東映
配給 日本の旗 東映
公開 日本の旗 1976年1月31日
上映時間 81分
製作国 日本の旗 日本
テンプレートを表示

必殺女拳士』(ひっさつおんなけんし)は、1976年日本映画。主演:志穂美悦子、監督:小平裕、製作:東映。

概要[編集]

本作は女必殺拳シリーズとは別の作品である。犯罪が増加するニューヨークで市警の護身術として空手を採用するために桧垣一真が推薦されたが、同じ候補の二階堂宣弘の陰謀により片腕を失ってしまった。一真の娘・由美が復讐のために二階堂に立ち向かう。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

興行[編集]