丹波哲郎の大霊界 死んだらどうなる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
丹波哲郎の大霊界 死んだらどうなる
監督 石田照
脚本 丹波哲郎
溝田佳奈
原作 丹波哲郎
(「丹波哲郎の大霊界」より)
製作 古岡滉
丹波哲郎
製作総指揮 古岡秀人
出演者 丹波義隆
岡安由美子
音楽 宮下富実夫
撮影 岡崎宏三
編集 白江隆夫
製作会社 学習研究社=丹波企画
配給 日本の旗 松竹富士
公開 日本の旗 1989年1月14日
上映時間 97分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 9億円
次作 丹波哲郎の大霊界2 死んだらおどろいた!!
テンプレートを表示

丹波哲郎の大霊界 死んだらどうなる』(たんばてつろうのだいれいかい しんだらどうなる)は、1989年制作の日本映画

心霊学と霊界の研究家としても知られる俳優の丹波哲郎のベストセラー「丹波哲郎の大霊界」の映画化作品。丹波は原作・脚本・総監督も兼任。後に舞台化もされた。

続編『丹波哲郎の大霊界2 死んだらおどろいた!!』(1990年)[2]、『大霊界3』(1994年)も制作された。

配収は9億円で、1989年の邦画配給収入第9位を記録した[3]

あらすじ[編集]

学会へ出席する途中に事故に遭い死亡した物理学者の曽我隆が、霊人キヨに導かれて霊界へ行き、様々な冒険を繰り広げながら、人間界へ転生するチャンスを探る。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

特撮ユニット
ビジュアルエフェクト


脚注[編集]

  1. ^ 「邦画フリーブッキング配収ベスト作品」、『キネマ旬報1991年平成3年)2月下旬号、キネマ旬報社1991年、 143頁。
  2. ^ 配給収入は3.2億円[1]
  3. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)480頁
  4. ^ 丹波は新東宝時代からの友人である若山に本作への出演を依頼した際、若山は既に心臓疾患を患い、体調に不安を抱えていたが、これを引き受けた。丹波は若山の体調を気遣いながら撮影を進めたが、「おまえはすぐ人を殴る。体調が悪くなったのはそのバチが当たったんだ。」と苦言を呈している。

外部リンク[編集]