新文化通信社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社 新文化通信社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
170-0005
東京都豊島区南大塚2-39-7
ヤマモト大塚ビル二階
設立 1950年昭和25年)12月25日
業種 情報・通信業
法人番号 1013301005384
事業内容 新聞紙及び週刊紙の出版・販売
代表者 丸島基和(代表取締役社長
資本金 1000万円
従業員数 14名
関係する人物 小林一博 - 元『新文化』編集長
長岡義幸 - 元『新文化』記者
外部リンク http://www.shinbunka.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社新文化通信社(しんぶんかつうしんしゃ)とは、出版業界の専門紙、『新文化』を発行する日本の新聞社である。また、1991年(平成3年)から新文化の縮刷版の発行や、2001年(平成13年)開始の新文化オンライン (Shinbunka ONLINE)の運営も行っている。

歴史[編集]

1930年(昭和5年)に丸島誠によって『出版通信』として創刊された。1940年(昭和15年)に、日本出版文化協会(文協)などができ、出版に対しての政府の統制が始まっているが、その関連で『出版通信』も、帆刈芳之助の『出版研究所報』、『出版文化通信』と企業合同を経て『出版共同新聞』と改題し1943年(昭和18年)まで発行された。戦時中は、出版界全体の機関誌としても働いた。『出版共同新聞』の社説を書いたのは帆刈であったが、そこには文協の朝日新聞社重視の体制を批判、改革を訴える文なども掲載し、1942年(昭和17年)7月には政府による印刷差止めの処分を受けたこともあった。だが、業界の支援あって、その後も刊行を続けることができた。

だが1943年(昭和18年)2月、国家総動員法に基づいて日本出版会が設立され、協会は東京の業界紙すべてを廃刊することを決定、同年6月2日号で『出版共同新聞』は歴史を終えた。

1950年(昭和25年)12月、丸島誠により新文化通信社として復活、週刊紙『新文化』を創刊した。『新文化』のバックナンバーは、同社の縮刷版の他、公式サイトの新文化デジタルアーカイブにて有料で閲覧ができる。『出版通信』と『出版合同新聞』については、創業50周年を記念して2002年に発行された『『出版通信』『出版同盟新聞』復刻版』で見ることができる。

新文化オンラインでは出版業界に関するニュースを「ニュースフラッシュ」として速報し、また、本紙から一部抜き出された記事などを読むことができる。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]