大岡新一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大岡 新一(おおおか しんいち、1947年5月14日 - )は、特撮テレビドラマ作品の撮影技師特技監督実業家円谷プロダクション取締役相談役。東京都出身。

人物・来歴[編集]

慶應義塾大学法学部中退後、1969年に円谷プロダクションに入社[1]。元々は映画カメラマンを志望していたが、当時映画の斜陽化により募集が無かったため円谷プロを紹介されたが、円谷プロもテレビ作品がない時期であったため3ヶ月ほどは単発の仕事ばかりであった[1]

恐怖劇場アンバランス』(1969年制作)で撮影助手として本格的に活動を開始し[1]、『帰ってきたウルトラマン』等の作品に参加。1972年の『レッドマン』でカメラマンデビュー。同作では手持ち撮影用に特注のトリガースイッチ付きピストルグリップを用意したり、本来光学合成の出来ない16ミリフィルムでスーパーインポーズの技術を使用して光線技を実現するなどしている[2]。その後フリーになり、TV映画等にカメラマンとして参加。平成ウルトラシリーズにおいてはカメラマンとしてだけではなく特技監督としても参加した。

近年では『ULTRAMAN』を最後にカメラマンとしての活動をやめ、制作統括として以降の円谷プロダクション制作の作品に参加している。2008年平成20年)に円谷プロ代表取締役社長となり、2017年(平成29年)からは社長の座を譲り相談役となっている。

2016年、第35回ベスト・ファーザー イエローリボン賞・経済部門を受賞[3]

参加作品[編集]

テレビ[編集]

映画[編集]

ビデオ[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 円谷プロ怪奇ドラマ大作戦 2013, p. 111, 大岡新一インタビュー.
  2. ^ 特撮秘宝vol.4 2016, pp. 237-241, 大岡新一インタビュー.
  3. ^ “ユージ、28歳でベスト・ファーザー賞 息子の手紙に「感動」”. ORICON STYLE. (2016年6月8日). http://www.oricon.co.jp/news/2073019/full/ 2016年6月9日閲覧。 

参考文献[編集]