長谷川圭一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
長谷川圭一
生年月日 (1962-02-01) 1962年2月1日(55歳)
出生地 日本の旗 日本静岡県熱海市
職業 脚本家
ジャンル 特撮、アニメ
活動期間 1997年 -
主な作品
ウルトラシリーズ
仮面ライダーシリーズ

長谷川 圭一(はせがわ けいいち、1962年2月1日[1] - )は、日本脚本家静岡県熱海市出身。主に特撮脚本を手掛けている。

来歴[ソースを編集]

日本大学芸術学部映画学科卒業[2]後、未公開映画『朽ちた手押し車』で助監督デビュー。その後は『太陽にほえろ!』末期シリーズに参加後、美術部に転じ小道具から装飾へ。以後は『ゴリラ・警視庁捜査第8班』『バトルヒーター』『ガメラ 大怪獣空中決戦』『ガメラ2 レギオン襲来』など多数の作品に参加する[3]。そして、本編装飾スタッフとしても参加していた『ウルトラマンティガ』第22話「霧が来る」で脚本家デビューし[4][1]、多くの円谷プロダクション作品の脚本を担当する。

人物[ソースを編集]

実家は旅館の出入り業者で、母子家庭で育った。父は死んだと聞かされていたが、中学時代に離婚していたことを知る。また幼い頃は、周囲の子供たちから「怪獣気狂いだ」と言われるなどいじめを受けたり周囲に馴染めず、暗い生活を過ごしたという[5]

作風[ソースを編集]

主に特撮・アニメ作品の脚本を手がける。『ウルトラマンティガ』から『ウルトラマンギンガ』までの(『ウルトラマンマックス』を除く)平成ウルトラシリーズ全ての作品に携わっており、シリーズの映画化作品の脚本は『ウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ 光の星の戦士たち』以降、『大決戦!超ウルトラ8兄弟』まで、『ウルトラマンコスモス THE FIRST CONTACT』を除いた全ての作品を執筆し(共筆含む)、ウルトラシリーズでの担当本数はテレビシリーズ、映画を含めると60本以上の本数を手掛けており、平成ウルトラシリーズに参加した脚本家では最多の本数である。

手がけた作品の多くはハード且つシリアスで非常に重いテーマを扱ったエピソードが多く、特にウルトラシリーズにそのことが顕著に表れている。『ウルトラマンダイナ』では最終回のハッピーともアンハッピーとも受け取れない内容に視聴者の多くがショックを受け、賛否両論を招いた。所謂「御都合主義的な展開」を嫌い、話に説得力を持たせるために、主人公を心の優しい性格に設定しても、決して非の打ちどころのない完全無欠な人物には安易に設定にせず、どこかに欠点や悩み、孤立感を抱えている人物にし、ストーリー全体を主人公のそういったマイナスな面を克服するための成長物語として描く傾向にある(尚、これらの傾向は平成ウルトラシリーズ以外の作品でも同様で、アニメデビュー作となった『デビルマンレディー』の担当各話もその傾向が色濃い仕上がりとなっている)。

また、主人公に非常に過酷な試練を与えることも多く、シリーズ構成を務めた『ウルトラマンネクサス』の序盤においては主人公を未熟で精神的に脆い人物に描き、逆境や困難をストーリー展開に多く置き、周囲の登場人物にもトラウマを抱えた者や厳しい批判者的な存在を設定していた。結果的に、そういった周囲の人物が主人公に逆境や困難を乗り越えるのに必要な役割を果たす存在となることは『ネクサス』のみならずウルトラシリーズ以外の作品にも多く見受けられる。そのため、主人公の周囲の登場人物の性格描写を丁寧に描くことも怠らず、主人公の良き理解者から批判者的な存在、エゴイスト的な策士まで彼が描く人物の性格の範囲は幅広いことが特徴的。

そのためか、彼が脚本を担当する回には、『仮面ライダーW』の婚約者に裏切られた女性の怨念が怪物化したバイラス・ドーパントや『ウルトラマンガイア』のクインメザードのように作品の登場人物の最も親しい人物に化けて追い詰めたり、『ウルトラマンティガ』のマグニアのように寄生するなどあらゆる方法を用いて人間などを操る敵が多く、また、横谷昌宏金子修介と共同で脚本を担当した『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』(ちなみに2010年現在、ウルトラ、ライダー、ゴジラという人気特撮シリーズ3作に全て携わった脚本家は長谷川のみである)で、ゴジラを太平洋戦争で亡くなった人々の怨霊に設定するなど、一部の怪獣などの出現理由、及び暴れ出した原因が自然のものではなく、人間の悪さや人間の心の闇、怨念が生んだことを原因とする設定も多い。

上述のテーマに際し、光と闇、正義感の暴走、復讐などのキーワードで話が進むことも多い。ネクサス・仮面ライダーW・フォーゼと参加した作品内でそれらを根底においたストーリーを作っている。特に「正義感の暴走」というテーマは初のメインを飾った『ウルトラマンダイナ』最終三部作の頃から現れており、『ウルトラマンネクサス』でも「地球を守るために手段を選ばない防衛組織」などが登場している。

男性ながらも女性絡みのエピソードを手掛けることも得意としており、恋愛ドラマ的な展開を難なくストーリー展開に取り込んでいる。映画『ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSEY』では色恋沙汰が半ば、ストーリー全体のテーマを占めており、実写のウルトラシリーズでは初めて本格的に「キスシーン」を本編で描写した。「大人向けのウルトラマン」を作品のコンセプトにした映画『ULTRAMAN』でも主要登場人物の一人である女性の怪獣と化した恋人に対する思いも作中に挿入されていた。『ウルトラマンメビウス』でも、テッペイの恋物語である第33話や、北斗星司と南夕子の再会を描いた第44話などを手掛けている。 また実写作品では初めての「悪の女性ウルトラマン」を作るなど、敵に女性を配置することが少なくない(Wでは女性の復讐者や冷徹な女幹部を強く描くことが多々ある)。

また、女性がらみのエピソードの他にも、『ウルトラマンティガ』におけるホリイ・シンジョウ隊員、『ウルトラマンダイナ』のヒビキ隊長など、男らしいキャラクターの描写も少なくない。

『ウルトラマンメビウス』では、GUYSクルー全員の主役回を書く事と、マイナー怪獣を登場させることを自身のテーマとしていた[1]

『大決戦!超ウルトラ8兄弟』ではカメオ出演している。

近年では、三条陸の参加作品に関わることが多い。2009年の『仮面ライダーW』には、メインライターである彼の要請により参加。初めて東映の特撮シリーズの脚本を手掛ける事となった。また、本作のVシネマでもカメオ出演しており、そのことがED映像の中で判明する。

脚本作品[ソースを編集]

テレビ[ソースを編集]

特撮[ソースを編集]

テレビドラマ[ソースを編集]

アニメ[ソースを編集]

映画[ソースを編集]

オリジナルビデオ[ソースを編集]

ネットムービー[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ a b c 「メビウス世界の匠たち CHAPTER1 脚本 長谷川圭一」『ウルトラマンメビウス アーカイブ・ドキュメント』 宇宙船編集部 編、円谷プロダクション 監修、朝日ソノラマファンタスティックコレクションNo.∞〉、2007年6月30日、80頁。ISBN 978-4-257-03745-3
  2. ^ TAKAMINE スタッフ
  3. ^ 地球はウルトラマンの星 2000, p. 395.
  4. ^ 『宇宙船YEAR BOOK 1998』 朝日ソノラマ宇宙船別冊〉、1998年4月10日、43頁。雑誌コード:01844-04。
  5. ^ 地球はウルトラマンの星 2000, p. 403-404.
  6. ^ アストロボーイ・鉄腕アトム”. 手塚治虫公式サイト. 2016年5月19日閲覧。

参考文献[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]