長谷川圭一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
長谷川圭一
生年月日 (1962-02-01) 1962年2月1日(56歳)
出生地 日本の旗 日本静岡県熱海市
職業 脚本家
ジャンル 特撮アニメホラー
活動期間 1997年 -
主な作品
ウルトラシリーズ
仮面ライダーシリーズ
神撃のバハムート GENESIS
霊魔の街

長谷川 圭一(はせがわ けいいち、1962年2月1日[1] - )は、日本脚本家静岡県熱海市出身。主に特撮脚本を手掛けている。

来歴[編集]

日本大学芸術学部映画学科卒業[2]後、未公開映画『朽ちた手押し車』で助監督デビュー。その後は『太陽にほえろ!』末期シリーズに参加後、美術部に転じ小道具から装飾へ。

以後は『ゴリラ・警視庁捜査第8班』『バトルヒーター』『丹波哲郎の大霊界 死んだらどうなる』『ガメラ 大怪獣空中決戦』『ガメラ2 レギオン襲来』など多数の作品に参加する[3]

そして、本編装飾スタッフとしても参加していた『ウルトラマンティガ』第22話「霧が来る」で脚本家デビューし[4][1]、多くの円谷プロダクション作品の脚本を担当する。

同年、『ウルトラマンダイナ』で初のメインライターを務めるが、本人は「あくまで先発投手であり、メインライターではない。」と語っている[5]

人物[編集]

実家は旅館の出入り業者で、母子家庭で育った。父は死んだと聞かされていたが、中学時代に離婚していたことを知る。また幼い頃は、周囲から「怪獣キチガイ」と言われ、投石されるなど重度ないじめを経験した[6]

装飾スタッフ時代は、仕事の合間に『ウルトラセブン』を想定したオリジナルの台本を書き続け、その内の数本は『ティガ』で書いたシナリオの原型である[7]

デビュー当初は、シナリオコンクールにも参加していたが落選。自分にはウルトラマンしか書けないと思っていたが、「自分が実際書くと、逆にウルトラマンっぽい話にならないので悩んだ」と語っていた[7]

新世紀エヴァンゲリオン』のファンであるとも公言している[8]

作風[編集]

主に特撮・アニメ作品の脚本を手がける。『ウルトラマンティガ』から『ウルトラマンギンガ』までの(『ウルトラマンマックス』を除く)平成ウルトラシリーズ全ての作品に携わっており、シリーズの映画化作品の脚本は『ウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ 光の星の戦士たち』以降、『大決戦!超ウルトラ8兄弟』まで、『ウルトラマンコスモス THE FIRST CONTACT』を除いた全ての作品を執筆し(共筆含む)、ウルトラシリーズでの担当本数はテレビシリーズ、映画を含めると60本以上の本数を手掛けており、平成ウルトラシリーズに参加した脚本家では最多の本数である。

幼少時代の実体験や思想を作品に盛り込むこともあり[9]、そのためか手がけた作品の多くはハード且つシリアスで非常に重いテーマを扱ったエピソードが多く、特にウルトラシリーズにそのことが顕著に表れている。人間の悪さや人間の心の闇、怨念が生んだことを原因とする設定や[10]、「光と闇」「正義感の暴走」「復讐」などのキーワードで話が進むことも多い。

特に「正義感の暴走」というテーマは初のメインを飾った『ウルトラマンダイナ』最終三部作の頃から現れており[11]、『ウルトラマンティガ』で「人間ウルトラマン」というテーマが掲げられた際に、「ウルトラマンも怪物も紙一重の存在であり、完璧な超人ではなく人間がコントロールできない力の存在」といったスタンスを取っていた[12]。また、時空を超えた悲恋話やラブストーリーを好む[7]

アニメデビュー作となった『デビルマンレディー』には多大な影響を受けたと語っており[13][14]、映画『ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSEY』や『ウルトラマンネクサス』では「デビルマンの世界とウルトラマンの世界を融合させたいという気持ちがあった。感情移入じゃなくて恐怖の対象としての怪獣とウルトラマンを見つめなおし、ウルトラマンの中の闇の部分に踏み込んでいった。」と語る一方で、「それはヒーローものとして正しかったかどうか」と述懐している[14]

使用頻度の少なかったアイテムやゲストキャラクターの再登場を好んでおり、これは装飾スタッフ出身ゆえに小道具や登場人物への思い入れが強いためだという[15][16]

『ウルトラマンメビウス』では、GUYSクルー全員の主役回を書く事と、マイナー怪獣を登場させることを自身のテーマとしていた[1]

『大決戦!超ウルトラ8兄弟』ではカメオ出演している。

近年では、三条陸の参加作品に関わることが多い。2009年の『仮面ライダーW』には、メインライターである彼の要請により参加。初めて東映の特撮シリーズの脚本を手掛ける事となった。また、本作のVシネマでもカメオ出演しており、そのことがED映像の中で判明する。

脚本作品[編集]

テレビ[編集]

特撮[編集]

テレビドラマ[編集]

アニメ[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

ネットムービー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 「メビウス世界の匠たち CHAPTER1 脚本 長谷川圭一」『ウルトラマンメビウス アーカイブ・ドキュメント』 宇宙船編集部 編、円谷プロダクション 監修、朝日ソノラマファンタスティックコレクションNo.∞〉、2007年6月30日、80頁。ISBN 978-4-257-03745-3
  2. ^ TAKAMINE スタッフ
  3. ^ 地球はウルトラマンの星 2000, p. 395.
  4. ^ 『宇宙船YEAR BOOK 1998』 朝日ソノラマ宇宙船別冊〉、1998年4月10日、43頁。雑誌コード:01844-04。
  5. ^ 少年宇宙人 2015, p. 147.
  6. ^ 地球はウルトラマンの星 2000, p. 403-404.
  7. ^ a b c コミックボックス 1998, p. 44.
  8. ^ 地球はウルトラマンの星 2000, p. 396.
  9. ^ 地球はウルトラマンの星 2000, p. 400-401.
  10. ^ 地球はウルトラマンの星 2000, p. 402.
  11. ^ 地球はウルトラマンの星 2000, p. 399.
  12. ^ 少年宇宙人 2015, p. 150.
  13. ^ 地球はウルトラマンの星 2000, p. 412.
  14. ^ a b 少年宇宙人 2015, p. 150-151.
  15. ^ コミックボックス 1998, p. 45.
  16. ^ 少年宇宙人 2015, p. 146.
  17. ^ アストロボーイ・鉄腕アトム”. 手塚治虫公式サイト. 2016年5月19日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]