将軍家光の乱心 激突

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
将軍家光の乱心 激突
幕府風雲 激突
Shogun's Shadow
監督 降旗康男
脚本 中島貞夫松田寛夫
原作 中島貞夫・松田寛夫
製作 本田達男厨子稔雄中島正久
出演者 緒形拳
加納みゆき
二宮さよ子
長門裕之
茂山逸平
丹波哲郎
京本政樹
胡堅強
松方弘樹
千葉真一アクション監督[1]
音楽 佐藤勝
主題歌 THE ALFEEFAITH OF LOVE
撮影 北坂清
編集 玉木濬夫
製作会社 東映
配給 東映
公開 日本の旗 1989年1月14日
上映時間 111分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
製作費 7億円[2]
配給収入 5.4億円[3]
テンプレートを表示

将軍家光の乱心 激突』(しょうぐんいえみつのらんしん げきとつ、幕府風雲 激突、Shogun's Shadow )は、1989年日本映画アクション監督千葉真一[1]監督降旗康男製作東映カラー・ワイド・ビスタ・サイズ、111分。第39回ベルリン国際映画祭招待作品。

解説[編集]

東映が久々に放った大型集団時代劇[1]。「ザ・痛快・時代劇」「命がけだからおもしれぇ」をテーマにし、アクションサスペンスを盛り込み、異なる戦闘戦術のプロフェッショナルである7人の浪人が、徳川幕府から放たれた剣豪・大軍と壮絶な死闘を展開する作品[4][5]映画の最も面白い要素の一つ、ある者を巡って繰り広げられる攻防に、浪人たちの奇抜な戦闘戦術が描かれている[5]

アクション監督千葉真一は幾重にも立ち塞がる強敵を倒し、様々な危険を突破していく冒険活劇を時代劇で製作したかったため、戦いと冒険がストーリーの中心になっている[6]。千葉は主演でなく、アクション監督として演出に専念[6][7][8]監督降旗康男は千葉の演出時には裏方へ回り、「ドラマとアクションが互いに相乗効果となり、千葉ちゃんと私を頭にして、スタッフキャストの皆で創り上げた」と語っている[9]

伊庭庄左衛門役の千葉真一のクレジットタイトルもキャストロールではなくスタッフロールに表記されており、千葉率いるジャパンアクションクラブ (JAC ) の甲斐道夫に伊庭の演技を一部吹き替えさせ、スタント全てをJAC が受け持つようにし、彼らのハードアクションが全編に満載されている[1][6][7][8]。7人のプロフェッショナルには『少林寺2』や『酔拳2』に出演した中華人民共和国の俳優・胡堅強が様々な中国武術を披露し、時代劇初出演の織田裕二悪役脇役が中心の成瀬正孝が抜擢された。

なお、予告編では「激突 将軍家光の乱心」となっている。

ストーリー[編集]

三代将軍・徳川家光の後継者である竹千代は、乳母矢島局と共に渓谷の湯屋で保養していたが、老中阿部重次の命を受けた伊庭庄左衛門が指揮する根来忍者集団に襲撃される。そこに堀田正盛が雇った石河刑部とその配下である多賀谷六兵衛・砥部左平次・祖父江伊織・郡伝右衛門・土門源三郎・猪子甚五右衛門らが現れ、刺客たちを蹴散らした。竹千代と矢島局は刑部たちに無事救出され、堀田家に保護される。竹千代を討ち漏らした阿部は堀田家を訪れ、「5日後に竹千代の元服式を行うので、江戸城に来るように」という家光の命令を伝えたが、この会合で阿部はかつて家来の物頭(ものがしら)であった刑部と再会。阿部は自らの立身のために刑部の妻だった妹を家光の側室・お万の方として差し出していた。竹千代を警護する用心棒の刑部とその暗殺を企む阿部。両者の因縁は断ち切れないものになった。

翌朝、正盛は罠と知りつつ竹千代を伴い江戸に向かうが、その晩に伊庭軍団に襲撃され殺害される。しかし、正盛の一行は伊庭を欺くための囮であり、竹千代は石河たちと共に山中を江戸に向かっていた。伊庭は山中を捜索するが、矢島が竹千代を温めようと火を起こしたため煙で居場所が発覚し、竹千代・矢島・正盛の嫡男で警護していた堀田正俊が捕まり鉱山に監禁されてしまう。刑部ら7人は鉱山に侵入して竹千代ら3人を救出し、伊庭のアジトである鉱山を爆破。伊庭は古河藩にも協力させ、その藩兵を動員した山狩りを行う。

激流の河に飛び込み渡り、滝を登り、渓谷に縄を掛けて伊庭軍団の追撃から幾度となく逃れるが、源三郎が「貰った金の分は十分の仕事をしたから、手を引くべき」と刑部へ訴えるほど、この山狩りで絶体絶命となる。山中にいたある晩、煌々と照らす敵の軍勢を見た竹千代は「余の命を狙うのは父上」と悟る。矢島は命を狙われる理由が、精神に異常をきたしていた家光が「竹千代は自分に似ていないから」という理由で阿部に暗殺を命じたことを刑部らにその事情を語る。矢島は竹千代が世継ぎにならなくてもいいと考え、竹千代と共に将軍家を去ろうとするが、竹千代は父・家光と対決することを決意した。刑部らは理不尽な理由で竹千代を殺そうとする家光への怒りと、それに立ち向かう竹千代に意気を感じ、竹千代の警護を最後まで請け負うことを誓い、江戸城へ向かう。

馬を奪った刑部たちは一気に江戸へ向かおうとするが、伊庭軍団の追撃により仲間は次々に討たれていく。生き残った竹千代・矢島・正俊と刑部・六兵衛・伝右衛門の6人は寂れた宿場町に追い詰められた。竹千代を引き渡すように求める伊庭に対し、刑部は一騎打ちを申し込む。斬り合いの末に刑部は伊庭に勝つが、軍団は躊躇なく突入してきた。伝右衛門は隠れていた油屋にあった油樽に点火。火は次々燃えうつり、宿場町を火の海となった。混乱に乗じて江戸城へ向かおうとするが、銃撃された刑部は落馬。竹千代は刑部を助けようと頭に巻いていたえんじ色の紐を竹千代へ投げた刑部は「走れ!ただひたすら走れ!!」と叱咤し、竹千代・矢島・正俊に江戸城へ帰還するよう促す。周囲には圧倒的な人数で武装した軍団がいるなか、刑部は両手に刀を持ち単身、飛び込んでいった。

竹千代は江戸城へ到着するが、それを聞いた家光は激怒し、阿部に暗殺するように命じる。しかし阿部は「城内での暗殺は大名たちに隠し切れない」と拒否し、家光はお万の方に暗殺を命じる。お万は竹千代を毒殺しようとするが、矢島が遮る。お万は矢島の持つ仕込み小刀を見て、それが夫だった刑部の物と気付き、毒殺を止めて竹千代を家光に引き合わせる。乱心した家光は竹千代を斬り捨てようとするが、竹千代を守ろうと身を乗り出した矢島が斬られ、彼女は仕込み小刀で家光を刺し殺す。裏切りをなじる家光に対し、お万は「愛する者を奪った」と積年の恨みをぶつけ、家光の死体を前にして狂喜する。事態を知った阿部は「上様は急の病で亡くなられた」と公表し、竹千代が次期将軍に選ばれる。家光の葬儀が執り行われる中、竹千代は家光の位牌に抹香を投げつけ、阿部は全ての責任を負って切腹する。

葬儀後、竹千代は石河から受け取ったえんじ色の紐を手にしながら、助け支えてくれた7人たちに思いを馳せていた。

スタッフ[編集]

※エンディングクレジット順

キャスト[編集]

役名表記
  • 千葉真一 : 伊庭庄左衛門 ※キャストロールには表記されず、スタッフロールにアクション監督として役名と共にクレジット
その他
ジャパン・アクション・クラブ
  • 井上清和
  • 西村陽一
  • 藤川聡
  • 武田滋裕
  • 得居寿
  • 二宮秀夫
  • 中村健人
  • 坂本隆
  • 奥住英明
  • 村上良一
  • 辻本良紀
  • 野々村仁
  • 宮本浩充
  • 野中博之

製作[編集]

アクション監督千葉真一はこれまでの東映時代劇にスリリングなアクションやサスペンスを合する内容にしたいという意図で製作しており[10]、危険なシーンの連続であったために俳優スタントマンに掛けられた保険金は総額4億円に及んだ[11]。千葉は西部劇ワイルドバンチ[注釈 1]』、映画『明日に向かって撃て![注釈 2]』、山田風太郎伝奇小説など[7]、随所にオマージュを盛り込んでいる。加えて千葉自ら演じ・演出したスタントをアレンジして再現されたシーンとして、絶壁から川への飛び込みは映画『柳生一族の陰謀』、竹をしならせて飛び降りを強奪するのはテレビドラマ柳生一族の陰謀』第11話「幻の混血美女」、馬の脇腹に隠れての乗馬は第27話「美女と野獣」、馬の転倒は映画『戦国自衛隊』、峡谷での綱渡りはテレビドラマ『影の軍団IV』第17話「魔女三人江戸を裂く」、ロープにぶら下がってブランコのような飛び移りは映画『燃える勇者』などが描かれている。乗馬・騎馬では千葉が『戦国自衛隊』で重用したクォーターホースを本作でも再び採用した[7][8]。全編を網羅する馬は八ヶ岳周辺の牧場などから計1,500頭を調達しており、馬もケガのないよう、転倒シーンでは入念な準備とリハーサルを行い、撮影されている[8][14]

海外からもスタッフ・俳優を招聘。映画『タワーリング・インフェルノ』『炎の少女チャーリー』で、炎に焼かれる人々を手がけたファイアースタントコーディネーターのジョージ・フィッシャーは千葉真一の立ってのリクエストで招かれ[15][16]、終盤の「人馬もろとも、火だるまになりながら疾走する」というアクション効果を担当した[8][15][16]日本映画として初の試みで、スタントは卯木浩二が行っている[8][16]JAC 所属の真矢武浅利俊博のみが全て自分で演じている[8]

東映京都撮影所のほか、城陽市のオープンセット・富士山の麓(御殿場)・弘法池近辺にある手取渓谷・姥ケ滝宇曽川京都下鴨神社京都大覚寺永観堂など各地でロケーション撮影が行われた[5][6][8][17]

製作費は5億円だったが、アクションに凝ったために足りなくなった分をTBSが2億円出して、7億円を計上している[2]

興行[編集]

タイトルは当初『激突』だけであり、“将軍家光の乱心”を岡田茂が付け加えた[18]主題歌挿入歌を担当した高見沢俊彦は、映画『魔界転生』の天草四郎の格好で宣伝したが、本作と内容の繋がりはない。

試写では関係者から「これは客が入る」と上々の評価だったが、日本公開は平成が始まって1週間後のことで昭和天皇崩御と重なり、世の自粛ムードと合わなかったために国内興行は芳しくなかった[2]。しかしビデオ化の収入で収益はイーブンまで取り戻した[2]

媒体[編集]

国内公開直前にメイキングビデオ

が販売され、その後作品はVHSと、2002年7月21日2009年10月21日DVDがそれぞれリリースされている。

日本公開の同年に原作小池一夫、作画小島剛夕勁文社よりコミックが、2009年1月には小池書院から再版された。

  • 勁文社版 - 『激突』上下巻
  • 小池書院版 - 『徳川家光の乱心・激突』全1巻 ISBN 978-4862254054
  • グループ・ゼロ版 - 勁文社版を底本とした電子書籍版

参考文献[編集]

※異なる頁を複数参照をしている文献のみ。発表年順。
  • (パンフレット) 『将軍家光の乱心 激突』、東映 (株) 映像事業部、1989年1月14日

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 祖父江伊織が橋を走る騎馬集団を爆破するシーン[12]
  2. ^ 堀田正俊が河へ落されるカットや石河刑部が1人で敵勢に立ち向かうモノクロストップモーション[13]。このストップモーションは千葉真一が『明日に向かって撃て』のラストカットのようにしたいという狙いから[13]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 将軍家光の乱心 激突”. 東映チャンネル. 【傑作時代劇スペシャル】. 東映衛星放送. 2018年9月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月2日閲覧。
  2. ^ a b c d 日下部五朗 「21 女優の脱がし方なんて」『シネマの極道 映画プロデューサー一代』 新潮社(原著2012年12月21日)、174 - 176頁。ISBN 978-4103332312
  3. ^ 「1989年邦画3社<封切配収ベスト作品>」、『キネマ旬報1990年平成2年)2月下旬号、キネマ旬報社1990年、 176頁。
  4. ^ 将軍家光の乱心 激突”. 日本映画製作者連盟. 2012年2月18日閲覧。
  5. ^ a b c 「時代劇、東映だからおもしれえ!」、4 - 5頁。
  6. ^ a b c d 田沼雄一「映画の夢に情熱を燃やす男たちが作るアクション正統派時代劇『激突』の魅力」、14 - 19頁。
  7. ^ a b c d JJサニー千葉 『千葉流 サムライへの道』 ぶんか社2010年、193 - 195頁。ISBN 4821142694
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『JACスーパーアクション in 激突』
  9. ^ 田沼雄一「映画の夢に情熱を燃やす男たちが作るアクション正統派時代劇『激突』の魅力 ACTION 3」、16 - 17頁。
  10. ^ 田沼雄一「映画の夢に情熱を燃やす男たちが作るアクション正統派時代劇『激突』の魅力 ACTION 5」、14頁。
  11. ^ 「『激突』を盛り上げたJACコマンドの精鋭たち」、21頁。
  12. ^ 田沼雄一「映画の夢に情熱を燃やす男たちが作るアクション正統派時代劇『激突』の魅力 ACTION 5」、18頁。
  13. ^ a b 田沼雄一「映画の夢に情熱を燃やす男たちが作るアクション正統派時代劇『激突』の魅力 ACTION 2」、15頁。
  14. ^ 田沼雄一「映画の夢に情熱を燃やす男たちが作るアクション正統派時代劇『激突』の魅力 ACTION 4」、17頁。
  15. ^ a b 田沼雄一「映画の夢に情熱を燃やす男たちが作るアクション正統派時代劇『激突』の魅力 ACTION 2」、14 - 15頁。
  16. ^ a b c 田沼雄一「映画の夢に情熱を燃やす男たちが作るアクション正統派時代劇『激突』の魅力 ACTION 6」、18 - 19頁。
  17. ^ クレジットタイトルより。
  18. ^ 杉作J太郎、植地毅 『トラック野郎 浪漫アルバム』 徳間書店2014年、220頁。ISBN 978-4198637927

関連項目[編集]

劇中の舞台

外部リンク[編集]