騎兵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
騎馬から転送)
移動: 案内検索
現代における騎兵の例(スウェーデン衛兵

騎兵(きへい、: cavalry, Trooper)は、兵種の一つで、に乗って戦う兵士である。

概要[編集]

近代以前、騎兵は乗馬移動による相対的に高い機動力・衝撃力を誇り、戦術的に重要な兵種と考えられてきた。高い機動力を以って偵察・伝令・警戒・迂回機動に使われ、機動力と攻撃力を生かして奇襲突撃追撃・背面攻撃・側面攻撃・包囲攻撃に使われたりと、幅広く使われた。そのため追撃・奇襲においては前衛に、正面衝突の戦闘においては側面・後衛に配置されることが多かった。

また、戦場で戦うことの出来る軍馬を用いる騎兵は一般に歩兵と比較して高コストである。

その用法と防護力・機動力の多少から軽騎兵重騎兵と分類されることもあり、前者は機動力を、後者は衝撃力及び防護力を重視している。現代では馬とは関係なく、本来の意味から派生した兵種を指して「騎兵」と呼ぶことが多い。

歴史上の騎兵[編集]

古代[編集]

古代エジプトの戦車。

遅くとも紀元前25世紀までには北アジアで騎乗が始められていたと考えられているが、この頃の馬具や騎乗技術は未熟だったようである[1]。紀元前20世紀頃から中国のオルドスや華北へ遊牧民の北狄が進出し、周囲の農耕民との交流や戦争による生産技術の長足の進歩が見られ馬具や兵器が発達、後に満州からウクライナまで広く拡散する遊牧文化や馬具等が発展した。中東の大国のアッシリアアケメネス朝では騎兵が用いられていた。

匈奴スキタイ・キンメリア等の遊牧民(騎馬遊牧民)は、騎兵の育成に優れ、騎馬の機動力を活かした広い行動範囲と強力な攻撃力で、しばしば中国北部やインド北西部、イランアナトリア欧州の農耕地帯を脅かした。遊牧民は騎射の技術に優れており、パルティア・匈奴・スキタイ等の遊牧民の優れた騎乗技術は農耕民に伝わっていったが、遊牧民は通常の生活と同様、集団の騎馬兵として戦ったのに対し、農耕民では車を馬に引かせた戦車を使うことが多かった。

紀元前10世紀ごろには地中海沿岸で騎乗が始められていたと考えられている。古代ギリシアでは歩兵による密集戦術が主流で、馬は指揮官が使う補助的な役割でしかなかった。(あぶみ)が発明されるまで乗馬は高度な技術を取得することが必要で、幼いころより馬に慣れ親しむ環境にある者しか乗りこなすことは出来なかった為とされる、また中国やイラク、シリア、ギリシャなどの農耕地域では馬を育てる事に費用が嵩むため、所有出来るのは金持ちや有力者に限られていたようである。牧畜を行って暮らしていたマケドニア人の王ピリッポス2世は、マケドニア部族の子弟を集めた重騎兵部隊(ヘタイロイ)や服属させた周辺国から徴募した軽騎兵部隊を組織した。ピリッポス2世の子のアレクサンドロス大王は徴発されたファランクスと騎兵隊による鉄床戦術アケメネス朝ペルシャを滅ぼし広大な領域を征服したが、スキタイの騎兵には苦戦を強いられ撤退を余儀無くさせられた。

共和制ローマカルタゴハンニバル率いる各国傭兵隊に、騎兵を活用した包囲戦術でカンナエの戦いを始めとする戦いにおいて手痛い敗北を喫した。ギリシャの諸ポリスと同じく市民兵を中核とするローマは歩兵だけでなく騎兵部隊もまた自国民から召集していた(エクイテス)が、カルタゴ側のヌミディア騎兵に比べて質量ともに問題があり、カンナエの戦いでは同盟騎兵を合わせてもカルタゴ軍の半数程度しか集められなかった。その後、ガイウス・マリウスの軍制改革で創設された補助軍(アウクシリア)を通じて属州内から騎兵を募る様になった。とはいえローマの戦術は基本的に歩兵中心であり、騎兵は敵騎兵による歩兵の包囲を防いだり、歩兵が勝利を得た後の追撃戦に用いられる事が殆どだった。

中国では春秋時代までは戦車が軍の主力であった。戦術の発達した戦国時代に入ると、機動力に優れ用い易い騎兵が重要視されるようになった。兵法書の『呉子』でも騎兵の重要性が説かれている。武霊王は胡服騎射(騎馬遊牧民風の服を着て、騎射を行う)を取り入れている。しかし、常に北方の騎馬遊牧民による脅威を受けていた中国では、騎乗に便利な胡服は蛮族が使用する野蛮なものであるとする風潮が根強く、また草原が乏しく馬の育成費用が嵩むこともあり騎兵は軍の主力とならず、の普及や兵法(軍編成や戦闘規則)の綿密化もあって歩兵が軍の主力であり続けた。弩は普通の弓より長射程・高威力であり、騎兵に対しても有効だった。前漢武帝の時代以降になると、定住しない匈奴の騎兵に対抗するため本格的な騎兵部隊が編制されるようになり、匈奴を服属させ西域を支配した。また、後漢も服属させた遊牧民の南匈奴烏桓などから騎兵を募った。

また、ゾウの生息地域では、これを調教して騎乗する戦象と呼ばれる類似兵種も存在し、インドでは15世紀の中頃まで使用された。

中世[編集]

マムルーク騎兵。
タタール騎兵。

は4世紀に中国で発明されて西へ広まり、7世紀には東ヨーロッパへ伝わった。鐙を使用することにより、騎兵は馬と鎧を纏った自身の体重を手に持った槍や矛の矛先に集中させ攻撃することが可能となり、騎兵は機動力に増して強大な攻撃力を期待できるようになった。これらの理由から、モンゴル高原の遊牧民、中国の南北朝時代北朝、中東のサーサーン朝、欧州のフランスなどでは、騎手が全身鎧を装着し、騎馬にも鎧を装着させるなど騎兵の重武装化が進んだ(重装騎兵)。 欧州地域では馬種改良により大柄で力の強い重種馬が出現していたことも騎兵の重装化を支えたが、騎兵の過剰なまでの装甲化は、魯鈍な重種馬の利用と重量の増加から機動力を殺ぐ結果をまねいた。重装備の装甲騎兵は、軽騎兵や歩兵陣形の側面または後方に温存され、戦闘の最終段階で敵歩兵を突破する戦力として用いられた。

ヨーロッパでは重騎兵である騎士が戦争の花形となり、弓などの射的武器を卑怯として敬遠する風潮や、儀礼化した騎士同士による一騎討ちが戦争の体系となるなかで大いに栄えた。中世後期になり、それまでの儀礼的な戦闘が相手の戦力を殲滅する戦いに変わっていくと、歩兵戦力の重要性が高まった。歩兵は密集陣形をつくり、長弓(ロングボウ)や弩弓(クロスボウ)のような投射武器やハルバード(Halberd 槍斧鉤形状長柄武器)やパイク(5-6mの長槍)のような長柄武器で騎士に対抗した。歩兵の対騎兵戦術が整備されるとともに、戦場での騎士の重要度は次第に減少した。

中国のは半農半牧の鮮卑の影響を受けており、騎兵隊の割合も西晋以前の王朝と比べ多かった。唐は遊牧民の大国である突厥を滅ぼし、ユーラシアにおける超大国となった。は良馬の産地に乏しかったため、強力な騎兵部隊を編成することが難しく、重装歩兵が主力であった。唐軍や宋軍では敵の騎兵に対抗するためにを大量に配備した。

遊牧民の騎馬軍団はこの時代の最強の軍隊であり、強力な指導者が誕生すると突厥イスラム帝国モンゴルティムール帝国のように、しばしば大帝国を築いた。これらの帝国が崩壊した後も、モンゴル高原や中央アジアや東ヨーロッパ地方の遊牧民は優秀な騎兵の供給源として重宝され、イスラム世界ではマムルークなどの奴隷軍人として軍事的に重要な地位を占めた。モンゴル高原やトゥーラーンキプチャク草原などの北アジアでも騎兵の重装甲化は進んだが、ヨーロッパにおけるような過度の重装化には至らず機動力が失われることはなかった。フン族が西方に勢力を拡大して、ゲルマン民族の大移動を引き起こし、モンゴル帝国がモンゴル高原・中国・中央アジア・中東・東ヨーロッパを支配するなど、古代中世の遊牧民はユーラシア大陸全体に大きな影響を与えている。

11世紀ごろのインドでは、騎兵が最も栄え、イスラム系民族が戦闘での重要な任務を与えるようになった事により戦場の主力となり、その時代は騎兵の時代とも言われる。

近世[編集]

ヨーロッパではパイクの登場や火器の発達、テルシオ戦術の普及により、旧来の重武装し槍突撃で敵を粉砕する騎兵は姿を消すようになった。かわって登場したのが、銃で武装した乗馬歩兵である竜騎兵や、胸甲騎兵、火縄銃騎兵といった火器を活用する騎兵であった。一部ではカラコールなどの技巧的な戦術も見られた。しかし17世紀頃になると、ポーランド王国大元帥スタニスワフ・コニェツポルスキスウェーデングスタフ・アドルフフランスルイ14世らによって、発達した火器の利用と共に騎兵のサーベル突撃などを復活させた近代的な運用方法が生み出され、騎兵は歩兵砲兵に並ぶ3兵種の一つとなった。なお、重騎兵の装甲をも銃器が貫通できるようになると全身甲冑はもはや不合理なものとなり、装甲の面積を限定して全身甲冑より厚く重い鉄板を用いた胸甲(Kürass、当初は頭から膝下までを覆う甲冑)を重騎兵は用いるようになった。時代が進むと、より簡素な背当てと胸当てで文字通り胸部を覆う程度にまで重騎兵の胸甲は縮小されていった。

チャルディラーンの戦いではオスマン帝国の歩兵常備軍がサファヴィー朝の騎馬軍団を相手に勝利したり、文禄・慶長の役でも鉄砲で武装した日本の軍がの騎兵隊を打ち破るなどした。

近代[編集]

ポーランドフサリア隊(1604年)

フリードリヒ大王らが活躍した18世紀中頃、当時の成熟した近代軍制において、騎兵は一般に以下の3種に専門分化した。

重騎兵
大型の馬に乗り、騎馬突撃で敵歩兵の隊列を粉砕するエリート騎兵。防御用の胸当てを付けたものは胸甲騎兵などとも言われる。銃器の発達により軽騎兵に吸収される形で次第に衰退した。第一次世界大戦までは存在したが、その後は完全に見られなくなった。
軽騎兵
小型のアラブ馬に乗る軽武装の騎兵。偵察や奇襲、追撃に使われた。ハンガリー騎兵をモデルにサーベルを装備したユサールが代表的であるが、ポーランド騎兵(ウーラン)をモデルに槍で武装した槍騎兵や、猟騎兵と呼ばれるものもあった。
竜騎兵
古くは馬で移動し下馬して戦う乗馬歩兵を指したが、後に中型の騎兵全般を指すようになる。国により軽騎兵に属したり、重騎兵に属したりした。

この様な騎兵の戦術の変化は、戦争から遠のいていた中国、日本などの地域では起こらなかった。

近代以降[編集]

パリを行進するフランス重騎兵隊(1914年8月)。
37mm対戦車砲でドイツ戦車部隊を攻撃するポーランド陸軍第10騎兵旅団。
興安軍騎兵隊

19世紀前半のナポレオン戦争時代に、騎兵は再び全盛を迎え、フランスの元帥ミュラに代表されるように戦場の花形となったが、その後ライフル(旋状)構造の普及や後装式小銃、機関銃などの登場により、騎兵は射撃の的でしかなくなり、攻撃力としての役割は失われてしまった。19世紀後半の普仏戦争におけるフランス騎兵隊がプロイセン軍の圧倒的火力の前になす術もなく全滅した悲劇が歴史に刻まれている。一方のプロイセン騎兵は正面戦力としては投入されず、索敵や斥候、伝騎として活用されることで勝利に貢献した。

第二次世界大戦勃発時、ドイツ軍はポーランドへ侵攻したが、ポーランド軍の騎兵は自動車化され対戦車砲などを備えた近代的な機動歩兵としての役割を担っており、戦車への騎馬突撃は行うことなく、騎馬突撃は敵歩兵への奇襲や掃討に用いられた。しかしその一方で、ドイツ軍は独ソ戦末期のブダペスト包囲戦の際には騎兵師団を投入しており、ティーガーIIを装備したFHH重戦車大隊と2個騎兵師団で編成されたハルコネック騎兵軍団が連携してソビエト赤軍を攻撃、一定の成果をあげている。また、イタリア軍はブラウ作戦で、サヴォイア騎兵連隊が騎兵突撃を行い成果を出した。これが、欧州戦線で成功した最後の騎兵突撃と伝えられている。


その後は伝令・偵察任務や大砲の牽引、物資の輸送運搬に使われていたが、それも鉄道自動車などの登場により、徐々にその姿を消す事となった。今日では、第三世界において馬の軍事利用の例がみられる。

エピソード[編集]

騎兵は、馬体そのものを防御することが難しいため、機動力・攻撃力の高さの割に直接の防御力は弱い。しかし、日露戦争においては秋山好古が防御用に使い、コサック騎兵に対しそれなりの効果を示したという史上稀な例もある。この時の日本軍騎兵は、軽砲や機関砲を装備しており、下馬して陣地を構築し、コサック騎兵と戦った。

1794年から1795年の冬期に、ゾイデル海が凍結しテセル島周辺で身動きがとれなくなっていたオランダ艦隊が、氷上突入したフランス騎兵と砲兵に包囲捕獲されたという非常に珍しい戦果も記録されている[2]

ちなみに、騎兵による騎馬突撃は20世紀以降もしばし行われている。第一次世界大戦の頃はもとより、第二次世界大戦初期においてすら、近代戦における戦車の能力を信じ切れなかった頑迷な軍人達の中には、騎兵攻撃の有用性を信じていた者も少なからずいたといわれている。第二次大戦時のドイツのポーランド侵攻の際には、ポーランド陸軍騎兵隊がドイツ軍機甲師団に対し正面から騎馬突撃を行った事を通して、その時代錯誤ぶりが面白おかしく語られている。ただしこれはポーランド軍を貶めるための創作とする説もあり、戦車を相手に正面突撃した例などなく歩兵部隊に限定されていたとか、あるいは戦車の正面から無謀な突撃をしたのではなく、側面・背面に回り込んで効果的な突撃を行っていたなど、異説も多い。また、騎兵旅団と言っても内実は軽戦車の機動部隊という例もある。少なくともポーランド騎兵旅団は、ドイツ軍の歩兵と戦車に対して一定の戦果を挙げた事と、結局の所ポーランドはドイツの侵攻の前に1ヶ月足らずで完全敗北した事、この2点は事実である。

日本における騎兵[編集]

鎌倉時代まで[編集]

大鎧で武装した武士
元寇の文永の役における鳥飼潟の戦い竹崎季長の後方より駆け、元軍に弓を射る肥前国御家人・白石通泰の手勢。墨書に「白石六郎通泰/其勢百余騎/後陣よりかく」。(『蒙古襲来絵詞』前巻・絵5・第17紙)
一ノ谷の戦いでの鵯越の逆落としを描いた『源平合戦図屏風』「一ノ谷」

日本の騎兵は、大陸と異なる独特な発展を遂げた。

律令国家の時代、天武天皇は武官に対して用兵・乗馬の訓練に関する発令をし、大宝律令養老律令を通じて学制で騎兵隊が強調された。

次いで現れた武士は主に騎兵であり、騎兵であることは武士の身分を示すものでもあった(詳しくは武士士分の項を参照のこと)。封建制の発展した中世の日本において、武士達は西洋の封建領主(騎士)のように、自身らは騎兵として武装し、郎党、従卒からなる徒歩の兵を引きつれ戦争を行った。

日本の武士と西洋の騎士とで異なっていたのは、彼らの主要な武器が弓矢であったことである。当時の遊牧系騎兵の大半がそうであったように、日本の騎兵もまた弓騎兵であった。しかし、日本の武士は、大陸の遊牧民を起源とする軽装かつ短弓を主要武器とする軽装短弓騎兵とは異なる性質のものであり、弓の威力に富んだ長弓を主要な武器とし、重装備である大鎧を纏う重装長弓騎兵であった。日本の騎兵が扱っていた和弓は約2.2mで世界最大の大型弓であり、この騎兵の類型は日本独自にみられるものであった。

日本において、騎兵の戦術に長けていた指揮官としては、一ノ谷の戦いで騎兵を生かした奇襲攻撃で勝利した源義経がいる。

日本の騎兵が海外の軍隊と交戦した例として元寇がある。 文永の役において、出動した鎌倉武士団はモンゴル軍相手に善戦して、上陸部隊に橋頭堡を築かせず、ついに撃退に成功している。

元寇における鎌倉武士の様子をモンゴル帝国の官吏・王惲は「兵杖には弓刀甲あり、しかして戈矛無し。騎兵は結束す。殊に精甲は往往黄金を以って之を為り、珠琲をめぐらした者甚々多し、刀は長くて極めて犀なるものを製り、洞物に銃し、過。但だ、弓は木を以って之を為り、矢は長しと雖えども、遠くあたわず。人は則ち勇敢にして、死をみることを畏れず」[3] と鎌倉武士が騎兵を密集させて集団で戦っていたことを指摘している。『蒙古襲来絵詞』絵五にも鎌倉武士が騎兵を結束させて集団で戦っている様子が描かれており、王惲の指摘を裏付けている。

南北朝時代~江戸時代[編集]

馬装
馬鎧

南北朝時代のころから、日本はかつての騎兵を中心とした戦争から歩兵中心の戦闘に移行し、騎兵もそれ以前とは異なる運用がされるようになっていった。足軽が軍の主力となる事で歩兵戦闘が戦の中心となり状況によって降りて戦う事も必要とされてきたのである。 ルイス・フロイスは著書日本史第41章、元亀二年(1571年)八月、和田惟政白井河原の戦いで騎馬武者を下馬させ戦闘した項で、「交戦の際には徒歩で戦うのが日本の習慣だから」と説明している。

『軍法侍用集』にも騎馬を集結運用する陣形が登場しており、馬、鉄砲の運用について言及した長宗我部元親の文書や『雑兵物語』などの当時の文献でも、その様子を伺い知る事が出来る。

上記のフロイスの記述がある一方、その4年後の天正三年(1575年)の長篠の戦いに徳川家臣として従軍した水野正重の書上「覚書 故水野左近物語」(譜牒余録巻三)には戦闘中に武田の騎馬武者が3~50騎の集団で陣城前の柵まで攻め寄せてきた記述があるし、評定での織田信長の言葉として「武田家中の者はよく馬に乗り、敵陣を乗り破る由聞き及びたり、さらに手立てせよ」といい陣前に柵を備えた事が記述されており、他にも騎馬隊による騎乗戦闘があった記述は多くのこされている。当時馬用の鎧(馬の博物館所蔵)が存在していた事もあり乗馬戦闘が皆無だったという訳ではない。 先述のフロイスの記述もあくまで少数だった和田勢が多勢の敵に対し密集して挑む為に下馬して戦ったまででその方が理に適っていたからである。(戦場の地形が騎乗戦闘に適していたかも考慮しなければならない)

また戦国後期になると各兵科毎に集めて部隊を組む事も行うようになっており(戦国遺文後北条氏篇第3巻、1923号には北条氏直が武蔵岩附衆に当てた書状にて小旗、鑓、鉄砲、弓、歩者、騎馬の兵科毎に奉行を置き総勢1500人程の岩附衆がそれぞれの兵科毎に奉行に率いられて戦う様に書かれている)後期には兵科分けが行われた。

重騎兵の優位性が低下した西欧においては、火縄銃を装備した新しい騎兵、竜騎兵が登場したが、日本はそののち江戸時代に入り、250年もの間戦争がほとんどなくなったため、以降、独自に騎兵が発展することはなかった。

戦国期の馬について[編集]

当時の在来馬の馬格や走破能力から騎馬戦闘は無理という意見が鈴木眞哉加来耕三の書籍で紹介されテレビ番組でも取り上げられる事がある。これによると

  • 当時の在来馬の体高は130cm前後と小さく現在の馬より小さく乗馬戦闘に不向き
  • 当時は蹄鉄の技術が日本には無く、馬を長期に走らせるのは無理
  • 130cmしかない馬に武装した人間を乗せて走らせてみたが長時間走れず、しかも人間より遅い。

などが根拠とされている。

しかし、これらの意見に対して反論も多くある

  • 当時の日本人自体、平均身長が150cm前後でしかないという点を全く考慮していない。また馬は大きいと騎馬戦闘に有利という訳でもなく、チンギス・ハン率いるモンゴル帝国が使用した蒙古馬も体高は135cmと戦国期の在来馬と同程度でしかない。
  • 蹄鉄がなくても、当時は馬用の草鞋などの技術があるし、西洋と異なり柔らかい土壌と草むらの多い日本では蹄が痛みにくく、それ程問題では無い。
  • 上記の様に日本人自体の体格が現在よりも小さいし、戦国期の鎧は源平時代の大鎧と異なって軽量化しており、精々10kg、後半の当世具足などでは一般の武士用だと7kgほどでしかなく、これに武器を持ったとしても馬が極端に疲れるほどの重さでは無い。またテレビ番組の検証等とは異なり、日本甲冑騎馬研究会により、和種馬に当時の日本人と似た背格好の人に鎧兜をつけて走らせた所充分な速さで走っている[4]し、地方の神社では流鏑馬などの神前行事に和種馬を使っている所もあるが、人より遅いというような事はまずなく、検証方法自体が問題であると思われる。

また、当時の戦場の実態を勘違いしている点もある。 まず当時の武器で遠距離攻撃が出来るのは弓矢と火縄銃だが、どれも射程は100~150m前後(火縄銃の必中距離は50m)合戦の際の両軍の間隔は精々200m程でしかない。例えば関ヶ原の戦いでの東軍細川忠興隊と西軍石田三成貴下の島清興隊との距離は200m前後でしかない。騎馬武者は突撃する際、全力疾走するのはこの距離だけでよく、競馬の様に1km近くも全力疾走する場面はまずない。精々敗走した敵の追い討ちをかける時ぐらいである。

在来馬の体高や能力が、騎馬戦闘を否定する根拠になるというには、勘違いや、考証不足な点が多く個人的な説の域を出ていないのが現状となっている。

明治以降[編集]

陸軍騎兵学校での西竹一による車越えのパフォーマンス
騎兵第17連隊(高田)跡地に建てられた記念碑(新潟県上越市高田公園内)

時代が下り明治維新前後からは、日本は富国強兵の政策のもと、近代的な騎兵隊の創設に着手した。騎兵の運用については、幕末に江戸幕府がヨーロッパから軍事顧問を招き、インドシナ駐留フランス軍士官の指導に基づいて騎兵の訓練が行われている。明治初期に日本陸軍が創設されるとヨーロッパ種が輸入されて軍馬の改良も行われ、秋山好古らが中心となり、騎兵運用の研究が行われた。秋山は騎兵科創設にも関わり、日露戦争においては、馬格で劣る日本馬で、機関銃の装備など、当時世界最強と謳われたロシアのコサック騎兵に勝つため、数々の工夫をなした。秋山好古は本邦騎兵用兵論において敵地深く侵入し後方撹乱にあたる挺進騎兵の必要性も説き、永沼挺進隊により実行されている。[5] その為、秋山は「日本騎兵の父」と呼ばれる。

第一次世界大戦後の軍縮と軍備近代化の中で、運用経費が高価で戦力価値も疑問視された騎兵は、削減の槍玉にあげられ、歩兵師団所属の騎兵連隊の規模縮小などが行われた。騎兵の乗馬戦闘の全面廃止までも論争となり、騎兵科の吉橋徳三郎少将が抗議の自殺をする騒動となった。結果、乗馬戦闘の全面廃止は無かったものの、機関銃の増加などによる乗馬歩兵化や、捜索連隊の創設による機械化が進んだ。1941年(昭和16年)には、歩兵科の流れを汲む戦車兵と統合されて機甲兵となり、兵種としての騎兵は消滅した。騎兵の多くは、西竹一に代表されるように戦車部隊の要員となっていった。

もっとも、機甲兵となってからも、主に中国戦線での運用を目的として少数の乗馬騎兵が存続した。太平洋戦争末期には、本土決戦時の空挺部隊迎撃用に若干の騎兵部隊が新設された。なお、現在のところ世界最後の本格的な騎兵戦闘・騎馬突撃は、1945年(昭和20年)に行われた老河口作戦での騎兵第4旅団ほかの戦闘であるともいわれる。同旅団は日本最後の騎兵旅団である。3月27日に老河口飛行場の乗馬襲撃、占領に成功し、世界戦史における騎兵の活躍の最後を飾った[6]

現代の騎兵[編集]

現代の軍においては、実戦を目的とした騎馬部隊を保有する国家は皆無であり、歴史・伝統・名誉といった理由から儀礼を目的とした乗馬部隊を保護するに留まっている。

車両・航空機を用いる部隊の内「(軽防御で)機敏かつ迅速に展開・撤収が可能な部隊」という、近代以前の騎兵と同じ意味合いを持つ部隊が「騎兵」の名称を冠していることがある。具体的一例として、AMX-10RC装甲車を装備するフランス外人部隊第1外人騎兵連隊や、ベトナム戦争時代にはヘリボーン部隊、現在は機甲部隊に再編されたアメリカ陸軍第1騎兵師団など。

こうした部隊は、近年では、テロゲリラなどのいわゆる低強度紛争(LIC)の駆逐・制圧も重要な任務となっている。また、米軍によるアフガニスタン侵攻では、潜入した特殊部隊が現地部族とともに騎馬で行動する場面もあった。また砂漠地帯では馬の代わりにラクダを使用することもある。

一方、欧米を中心とした各国警察においては儀礼だけでなく警備の手段として騎馬隊はまま用いられるが、日本では儀礼目的で少数の部隊が編成されているに過ぎない。代表的な例は京都府警察平安騎馬隊など。詳しくは騎馬警官の項目を参照。アメリカでは幾つかの州のハイウェイパトロールが「State Trooper」を公式の通称として使用し、階級にも巡査相当の「Trooper」が用意されていることがある。Trooperは騎兵や騎馬警官を意味する単語であり、State Trooperは直訳すると「州騎兵」の意味になるが、もちろん騎馬警官を除いては馬は使わない。

騎兵を主題とした映画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 近年、ウクライナのデレイフカ遺跡(紀元前4000年)から出土した馬の骨格のうち、歯が磨耗しているものが数体見つかっている。これはハミを咬ませていた事(=騎乗の技術は紀元前4000年に既に確立)を伺わせるものであるとする仮説があったが、発表者は現在、騎乗の推定開始年代を1000年以上下げている。尚、馬を引いて歩く時にはハミは必要にならない。
  2. ^ このエピソードを記する多数の文献があるが、たとえば以下を参照。Hendrik Willem van Loon, The Rise of the Dutch Kingdom, 1795-1813: A Short Account of the Early Development of the Modern Kingdom of the Netherlands, Garden City, NY: Doubleday, 1915, p. 105; Samuel van Valkenburg ed., America at War: A Geographical Analysis, New York: Prentice-Hall, 1942, p. 103.
  3. ^ 王惲『秋澗先生大全文集』巻四十 汎海小録「兵仗有弓刀甲、而無戈矛、騎兵結束。殊精甲往往代黄金為之、絡珠琲者甚衆、刀製長極犀、銃洞物而過、但弓以木為之、矢雖長、不能遠。人則勇敢視死不畏。」(川越泰博 1975, p. 28)
  4. ^ 日本甲冑騎馬研究会による和種馬の体力の検証 - 日本甲冑騎馬研究会
  5. ^ 図説・日露戦争兵器・全戦闘集―決定版(歴史群像シリーズ)学研(2007/03)p126
  6. ^ 欧米では、戦史上最後の騎馬突撃成功例として、第二次世界大戦の独ソ戦におけるイタリア軍騎兵の戦例(1942年)などが挙げられることが多い。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

「騎兵」の名を持つもの[編集]