馬の博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 馬の博物館
馬の博物館 - 外観.jpg
内装
馬の博物館の位置(横浜市内)
馬の博物館
馬の博物館
馬の博物館の位置
馬の博物館の位置(神奈川県内)
馬の博物館
馬の博物館
馬の博物館 (神奈川県)
馬の博物館の位置(日本内)
馬の博物館
馬の博物館
馬の博物館 (日本)
施設情報
専門分野 競馬・馬事文化
管理運営 公益財団法人馬事文化財団
開館 1977年
所在地 231-0853
神奈川県横浜市中区根岸台1-3
位置 北緯35度25分21.6秒 東経139度38分22.5秒 / 北緯35.422667度 東経139.639583度 / 35.422667; 139.639583座標: 北緯35度25分21.6秒 東経139度38分22.5秒 / 北緯35.422667度 東経139.639583度 / 35.422667; 139.639583
外部リンク 馬の博物館
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

馬の博物館(うまのはくぶつかん)は、神奈川県横浜市中区根岸競馬記念公苑根岸森林公園)の敷地内にある、競馬・馬事文化の関連資料を展示した博物館である。1977年JRAにより開館。

同公苑は、日本で初めての近代洋式競馬が行われた横浜競馬場(根岸競馬場)を記念して建てられたもので、この施設では横浜競馬場の関係資料や、競馬競走の成り立ち、と人間の文化関係などを収蔵資料などで多角的に紹介している。また定期的に特別展示も行われている。

営業内容[編集]

シンザン像
  • 運営 公益財団法人馬事文化財団(日本中央競馬会外郭団体)
  • 開館時間 10時から16時30分(入館は16時まで)
  • 休館日 原則毎週月曜日。但し祝日振替休日となる場合は開館。その他4月1日の創立記念日、年末年始や施設の点検整備に伴う臨時休館日あり
  • 入場料 大人100円、子供(高校生以下)30円。なお20名以上の団体入場の場合は1人当たりの入場料が半額となる(特別展実施の場合は変更あり)
  • 博物館の他に、ポニーセンターが併設されていて、厩舎では、現在10頭の馬が飼育されている。
  • 所蔵品のうち、室町時代の「張良図沈金鞍」(ちょうりょうずちんきんくら)は国の重要文化財に指定[1][2]

ポニーセンター在籍馬[編集]

交通アクセス[編集]

関連施設[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 張良図沈金鞍 - 文化遺産オンライン文化庁
  2. ^ 「張良」は中国の伝説上の人物名。「沈金」は刻線に金箔を埋め込む漆工技法。

外部リンク[編集]