根岸台 (横浜市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 神奈川県 > 横浜市 > 中区 > 根岸台
根岸台
米軍消防署
米軍消防署
根岸台の位置(横浜市内)
根岸台
根岸台
根岸台の位置
根岸台の位置(神奈川県内)
根岸台
根岸台
根岸台の位置
北緯35度25分20.3秒 東経139度38分23.2秒 / 北緯35.422306度 東経139.639778度 / 35.422306; 139.639778
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Yokohama, Kanagawa.svg 横浜市
中区
面積
 • 合計 0.231km2
人口
2017年(平成29年)12月31日現在)[2]
 • 合計 -人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
231-0853[3]
市外局番 045 (横浜MA)[4]
ナンバープレート 横浜
※人口は非公表

根岸台(ねぎしだい)は神奈川県横浜市中区町名[5]住居表示未実施[6]郵便番号は231-0853[3]

地理[編集]

中区西部の丘陵に位置し、面積が0.231km2[1]のほぼ楕円形の町域をもつ。東は山元町仲尾台滝之上、西は滝之上・根岸旭台に接する[5]

歴史[編集]

古くは久良岐郡根岸村の一部で、1933年(昭和8年)に横浜市中区根岸町の一部から新設された。旧字名は仲丸であったが、前年に神奈川区に中丸の町名が設けられていたため、根岸の台地上にあることから町名を根岸台とした[7]。根岸森林公園および根岸競馬記念公苑は1866年に建設された横浜競馬場の跡地で、第二次世界大戦後にアメリカ合衆国に接収されたが、1969年に接収が解除され、1977年に根岸森林公園、根岸競馬記念公苑と馬の博物館が開設された。

施設[編集]

町の大部分を根岸森林公園と根岸競馬記念公苑が占め、居住人口はごくわずかである[8]。根岸森林公園の西側から南側にかけては根岸住宅地区で、南端には米軍消防署がある。

交通[編集]

根岸森林公園の東~南に沿うように横浜駅根岸道路が通り、滝之上、旭台、根岸台のバス停が設けられている。根岸台バス停には折り返し設備があり、横浜駅から伊勢佐木長者町駅前を経由し根岸台を終点とする横浜市営バス103系統が運行されている。滝之上、旭台はこれに加え、桜木町駅から元町麦田町を経由し市電保存館に至る横浜市営バス21系統も利用可能である。南側の丘のふもとの根岸駅方面へは、不動坂(横浜駅根岸道路)のほか、歩行者専用の東坂が通じている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 横浜市町区域要覧”. 横浜市 (2016年3月31日). 2018年1月24日閲覧。
  2. ^ 横浜の人口 - 登録者数(市・区・町・外国人) - 町丁別世帯と男女別人口”. 横浜市 (2017年12月31日). 2018年1月24日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月23日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月23日閲覧。
  5. ^ a b 『角川日本地名大辞典 14 神奈川県』p1013
  6. ^ 横浜市中区の町名一覧(横浜市役所) (PDF) 2016年7月30日閲覧
  7. ^ 『横浜の町名』p69
  8. ^ 中区町別世帯と人口(2016年9月30日現在の住民基本台帳・外国人登録原票に基づく)横浜市統計ポータルサイト、2016年11月2日閲覧

参考文献[編集]

  • 角川日本地名大辞典 14 神奈川県』角川書店、1984年6月8日、695,1013頁。
  • 横浜市市民局総務部住居表示課『横浜の町名』、1996年12月、69頁。
  • 『県別マップル14 神奈川県道路地図』昭文社、2016年、第6版、19頁。ISBN 978-4-398-62683-7