羽衣町 (横浜市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
羽衣町
—  町丁  —
厳島神社
羽衣町の位置(横浜市内)
羽衣町
羽衣町
羽衣町の位置(神奈川県内)
羽衣町
羽衣町
羽衣町の位置
座標: 北緯35度26分34.04秒 東経139度37分58.41秒 / 北緯35.4427889度 東経139.6328917度 / 35.4427889; 139.6328917
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Yokohama, Kanagawa.svg 横浜市
中区
面積[1]
 - 計 0.043km2 (0mi2)
人口 (2017年(平成29年)12月31日現在)[2]
 - 計 156人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 231-0047[3]
市外局番 045 (横浜MA)[4]
ナンバープレート 横浜

羽衣町(はごろもちょう)は横浜市中区の町名。横浜市の中心街の関内地区に隣接する。現行行政地名は羽衣町1丁目から羽衣町3丁目(字丁目)で、住居表示は未実施[5]郵便番号は231-0047[3]

地理[編集]

JR根岸線関内駅の西側に位置し、北東-南西に細長い形をしている。海側に当たる北東が1丁目、南西が3丁目となる。北西側の末広町、南東側の蓬莱町に挟まれ、北東は港町、南西は長者町に接する。町の中央を国道16号が貫き、北東端は首都高速の堀割と新横浜通りが通る。関内地区や伊勢佐木町に近く、町内にはオフィスビルや金融機関がみられる。2丁目には厳島神社、3丁目には横浜市立吉田中学校がある。

歴史[編集]

沿革[編集]

吉田新田の埋立地にあり、1869年明治2年)に羽衣町が新設されるまでは姿見町裏と呼ばれていた。1889年(明治22年)横浜市制施行により横浜市羽衣町となる。地名は1869年に当地に移転した厳島神社に因み、謡曲「羽衣」から採られている。1927年、区制施行により中区の一部となる。1928年(昭和3年)の地番整理で姿見町・蓬莱町・梅ヶ枝町の各一部と浪花町を合併し、現在の姿になる[6]

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

丁目 世帯数 人口
羽衣町1丁目 39世帯 48人
羽衣町2〜3丁目 81世帯 108人
120世帯 156人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[7]

丁目 番地 小学校 中学校
羽衣町1丁目 全域 横浜市立本町小学校 横浜市立横浜吉田中学校
羽衣町2丁目 全域
羽衣町3丁目 全域

施設[編集]

脚注・参考資料[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 横浜市町区域要覧”. 横浜市 (2016年3月31日). 2018年1月24日閲覧。
  2. ^ a b 横浜の人口 - 登録者数(市・区・町・外国人) - 町丁別世帯と男女別人口”. 横浜市 (2017年12月31日). 2018年1月24日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月23日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月23日閲覧。
  5. ^ 横浜市中区の町名一覧(横浜市役所) (PDF) 2010年12月2日閲覧
  6. ^ 『横浜の町名』1996年12月、横浜市市民局総務部住居表示課発行
  7. ^ 小中学校等通学区域”. 横浜市 (2017年11月15日). 2018年1月24日閲覧。
  • 『県別マップル 神奈川県広域・詳細道路地図』2006年4刷 昭文社 ISBN 9784398626998