本郷町 (横浜市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 神奈川県 > 横浜市 > 中区 > 本郷町
本郷町
本郷町の位置(横浜市内)
本郷町
本郷町
本郷町の位置
本郷町の位置(神奈川県内)
本郷町
本郷町
本郷町の位置
北緯35度25分55.7秒 東経139度39分17.3秒 / 北緯35.432139度 東経139.654806度 / 35.432139; 139.654806
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Yokohama, Kanagawa.svg 横浜市
中区
面積
 • 合計 0.200km2
人口
2017年(平成29年)12月31日現在)[2]
 • 合計 3,108人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
231-0843[3]
市外局番 045 (横浜MA)[4]
ナンバープレート 横浜

本郷町(ほんごうちょう)は神奈川県横浜市中区町名[5]。現行行政地名は本郷町1丁目から本郷町3丁目(字丁目)で、住居表示未実施[6]郵便番号は231-0843[3]。面積は0.200km2[1]

地理[編集]

中区の中部に位置し、北は千代崎町、東は本牧町、南は本牧満坂および本牧緑が丘、西は西之谷町上野町に接する。1丁目から3丁目までの字丁目が設けられ、北西部が1丁目、北東部が2丁目、南部は3丁目となっている。1・2丁目を東西に本牧通り(市道関内本牧線)が走り、その両側は商店街となっている[7]。3丁目は、根岸の台地を北から侵食する谷戸丘陵で、主に住宅地となっている[5]。3丁目を南北にガス山通りが通り、中ほどにガス山公園がある。これは昭和30年代後半まで東京ガスのガスタンクがあったことに由来する[8]。本牧通りには昭和40年代まで横浜市電が運行されていたが、廃止されて以降町内に鉄道路線はない。関内駅から本牧まで横浜市営地下鉄3号線を建設する計画があったが、当時の地下鉄建設は開削工法が主体のため港湾物流への影響に対する懸念や、商店街の一部の反対があり、断念された[9]。本牧通りを走る路線バスが移動手段の主力となり、「千代崎町」「本郷町」のバス停が設けられているほか、山手駅から本郷町3丁目を通り本牧満坂方面への路線バスも運行されている。

歴史[編集]

古くは久良岐郡本牧本郷村の一部で、1889年明治22年)4月1日に町村制の施行により、北方村と合併して本牧村となる。1901年(明治34年)4月1日に横浜市に編入。1927年昭和2年)10月1日に区制施行により、旧村域が中区になる。1928年昭和3年)に、中区本牧町から本郷町が分離・新設された。当時は1・2丁目が設けられたが、1933年に本牧町・北方町の一部を編入、1~3丁目に改められる[10]。地名は、枝郷や出郷に対する「本郷」を意味する[11]。本郷を冠する地名には、市内に瀬谷区本郷栄区本郷台緑区東本郷がある。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

丁目 世帯数 人口
本郷町1丁目 171世帯 285人
本郷町2丁目 337世帯 569人
本郷町3丁目 1,118世帯 2,254人
1,626世帯 3,108人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[12]

丁目 番地 小学校 中学校
本郷町1丁目 全域 横浜市立大鳥小学校 横浜市立本牧中学校
本郷町2丁目 全域
本郷町3丁目 全域

施設[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 横浜市町区域要覧”. 横浜市 (2016年3月31日). 2018年1月24日閲覧。
  2. ^ a b 横浜の人口 - 登録者数(市・区・町・外国人) - 町丁別世帯と男女別人口”. 横浜市 (2017年12月31日). 2018年1月24日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月23日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月23日閲覧。
  5. ^ a b 角川日本地名大辞典 14 神奈川県』p.1015
  6. ^ 横浜市中区の町名一覧(横浜市役所) (PDF) 2016年11月8日閲覧
  7. ^ 本郷町商栄会
  8. ^ 「ワシン坂」、「ガス山」、「イスパニア通り」の由来って何?”. はまれぽ (2011年6月2日). 2016年11月13日閲覧。
  9. ^ 誰かが反対している? 陸の孤島・本牧に鉄道が延伸しない理由の真相は?”. はまれぽ (2015年7月22日). 2016年11月13日閲覧。
  10. ^ 角川日本地名大辞典 14 神奈川県』p.796-797
  11. ^ 横浜の町名』p71
  12. ^ 小中学校等通学区域”. 横浜市 (2017年11月15日). 2018年1月24日閲覧。

参考文献[編集]

  • 角川日本地名大辞典 14 神奈川県』角川書店、1984年6月8日。
  • 横浜市市民局総務部住居表示課『横浜の町名』、1996年12月。
  • 『県別マップル14 神奈川県道路地図』昭文社、2016年、第6版、p18,20。ISBN 978-4-398-62683-7