太田町 (横浜市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 神奈川県 > 横浜市 > 中区 > 太田町
太田町
—  町丁  —
横浜メディア・ビジネスセンター。tvkも本ビルに入居する。
太田町の位置(横浜市内)
太田町
太田町
太田町の位置(神奈川県内)
太田町
太田町
太田町の位置
座標: 北緯35度26分52.2秒 東経139度38分12.5秒 / 北緯35.447833度 東経139.636806度 / 35.447833; 139.636806
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Yokohama, Kanagawa.svg 横浜市
中区
面積[1]
 - 計 0.041km2 (0mi2)
人口 (2017年(平成29年)12月31日現在)[2]
 - 計 520人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 231-0011[3]
市外局番 045 (横浜MA)[4]
ナンバープレート 横浜

太田町(おおたまち)は神奈川県横浜市中区町名[5]。現行行政地名は太田町1丁目から太田町6丁目(字丁目)で、住居表示未実施[6]郵便番号は231-0011[3]

地理[編集]

横浜の関内地区に南東-北西に走る、北西方向への一方通行の市道(太田町通り)に沿った約700mの細長い町域を持ち、南東が1丁目となる。南東はみなと大通をはさんで日本大通に接し、北東は弁天通、南西は相生町に挟まれる。6丁目は大岡川に突き当り、本町通り(国道133号)の弁天橋桜木町駅方面に通じている。各丁目の境には、1・2丁目境にベイスターズ通、2・3丁目境に関内桜通、3・4丁目境に関内大通、4・5丁目境に馬車道、5・6丁目境に博物館通が横切る。横浜中心部のビジネス街で[5]、中小規模のオフィスビルが多かったが、近年は2丁目にテレビ神奈川SBI大学院大学などが入る横浜メディア・ビジネスセンター2004年竣工)、3丁目にスルガ銀行SBJ銀行、横浜市建築局などが入るJNビル(2007年竣工)など大型の建築物も建つ。3丁目にはマンションもあり、太田町の中では最も人口が多い。馬車道に近い4・5丁目には飲食店が多く、1丁目には横浜太田町郵便局がある。この付近では、尾上町(おのえちょう)や山下町(やましたちょう)など「町」を「ちょう」と読ませる場合が多いが、太田町は関内地区で唯一「おおたまち」と読む[6]

歴史[編集]

現在の太田町・弁天通付近から港町にかけては1850年嘉永3年)から1856年安政3年)に、三河国碧海郡川崎村出身の太田屋左兵衛が開発者となり、叔父の源左衛門が差配して太田屋新田として開拓された[7]。町名は、この太田屋新田にちなむ[8]1859年に、横浜港開港に際し太田屋新田の一部が太田町として成立し、北西から1~5丁目が設けられた。1861年文久元年)に6~8丁目に拡張したが、のちに7・8丁目は外国人居留地に編入された。1866年慶応2年)の豚屋火事以降は商館などが建ち、市街化が進んだ。1868年(明治元年)に洲干町通と弁財天町の一部と末広町を編入、1871年には丁目の並びを南東から1~6丁目に改めた[8]

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]。なお、4〜5丁目は非公表。

丁目 世帯数 人口
太田町1丁目 30世帯 38人
太田町2丁目 15世帯 24人
太田町3丁目 197世帯 313人
太田町6丁目 97世帯 131人
344世帯 520人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[9]

丁目 番地 小学校 中学校
太田町1丁目 全域 横浜市立本町小学校 横浜市立横浜吉田中学校
太田町2丁目 全域
太田町3丁目 全域
太田町4丁目 全域
太田町5丁目 全域
太田町6丁目 全域

施設[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 横浜市町区域要覧”. 横浜市 (2016年3月31日). 2018年1月24日閲覧。
  2. ^ a b 横浜の人口 - 登録者数(市・区・町・外国人) - 町丁別世帯と男女別人口”. 横浜市 (2017年12月31日). 2018年1月24日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月23日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月23日閲覧。
  5. ^ a b 角川日本地名大辞典 14 神奈川県』p1009
  6. ^ a b 横浜市中区の町名一覧(横浜市役所) (PDF) 2016年10月23日閲覧
  7. ^ 横浜の町名』P63
  8. ^ a b 角川日本地名大辞典 14 神奈川県』p185
  9. ^ 小中学校等通学区域”. 横浜市 (2017年11月15日). 2018年1月24日閲覧。

参考文献[編集]