尾上町 (横浜市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
尾上町
尾上町の位置(横浜市内)
尾上町
尾上町
尾上町の位置
尾上町の位置(神奈川県内)
尾上町
尾上町
尾上町の位置
北緯35度26分46.22秒 東経139度38分6.43秒 / 北緯35.4461722度 東経139.6351194度 / 35.4461722; 139.6351194
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Yokohama, Kanagawa.svg 横浜市
中区
面積
 • 合計 0.052km2
人口
2017年(平成29年)12月31日現在)[2]
 • 合計 301人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
231-0015[3]
市外局番 045 (横浜MA)[4]
ナンバープレート 横浜

尾上町(おのえちょう、: Onoe-chō)は横浜市中区の町名。横浜市の中心街の関内地区に位置する。現行行政地名は尾上町1丁目から尾上町6丁目(字丁目)で、住居表示は未実施[5]郵便番号は231-0015[3]であるが、事業所等によっては専用番号が付与されている場合がある。

地理[編集]

横浜の関内地区に位置し、尾上町通りに沿い南東 - 北西に細長い形をしている。南東が1丁目、北西が6丁目となっている。北東(海側)の常盤町、関内駅側の真砂町1~4丁目・港町5~6丁目に挟まれ、南東は横浜公園、北西は大岡川を挟んで桜木町に接し、大江橋で結ばれている。横浜公園との境はみなと大通りが通り、各丁目の境には、1・2丁目の境から順にベイスターズ通り・関内桜通り・関内大通り・馬車道・博物館通りが横断する。尾上町通りと関内大通りのうち、桜木町方面から尾上町交差点を経て羽衣町方面への区間は国道16号となっている。3~4丁目の尾上町通りの地下には横浜市営地下鉄関内駅があり(JR関内駅と離れているため計画時の仮称は「尾上町駅」だった[6])、JR根岸線の関内駅とはマリナード地下街で結ばれている。5丁目には丸井馬車道館が撤退した跡に高層マンションが建てられ、2016年1月31日現在151世帯274名が暮らす。他の丁目には1丁目に横浜市役所があるほか官庁やオフィス街となっており、人口はゼロまたはごくわずかである[7]。町名は、謡曲『高砂』に出てくる尾上の松にちなむ[8]

歴史[編集]

沿革[編集]

1871年明治4年)、太田屋新田の埋立地に尾上町を新設。1873年3月の大火により一帯が焼失。新浜町・若松町・緑町・高砂町・小松町・小船町・駒形町を廃し相生町・尾上町・住吉町常盤町真砂町港町を北西-南東に走る通り沿いに設置した。1889年(明治22年)横浜市制施行により横浜市尾上町となる[9]

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

町丁 世帯数 人口
尾上町 172世帯 301人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[10]

丁目 番地 小学校 中学校
尾上町1丁目 全域 横浜市立横浜市立本町小学校 横浜市立横浜吉田中学校
尾上町2丁目 全域
尾上町3丁目 全域
尾上町4丁目 全域
尾上町5丁目 全域
尾上町6丁目 全域

施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 横浜市町区域要覧”. 横浜市 (2016年3月31日). 2018年1月24日閲覧。
  2. ^ a b 横浜の人口 - 登録者数(市・区・町・外国人) - 町丁別世帯と男女別人口”. 横浜市 (2017年12月31日). 2018年1月24日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月23日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月23日閲覧。
  5. ^ 横浜市中区の町名一覧 (PDF) 横浜市
  6. ^ 調査季報28号 特集 六大事業の経過と今後の方向 2.地下鉄建設の計画と実際
  7. ^ 横浜市統計ポータルサイト 中区町別世帯と人口(平成28年1月31日現在)(2016-02-16閲覧)
  8. ^ 横浜市市民局総務部住居表示課『横浜の町名』、1996年12月、63-64頁。
  9. ^ 『横浜の町名』1996年12月、横浜市市民局総務部住居表示課発行
  10. ^ 小中学校等通学区域”. 横浜市 (2017年11月15日). 2018年1月24日閲覧。

参考資料[編集]

  • 『県別マップル 神奈川県広域・詳細道路地図』 昭文社、2006年(4刷)。ISBN 978-4398626998

外部リンク[編集]