港南台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 神奈川県 > 横浜市 > 港南区 > 港南台
港南台
港南台8丁目付近から港南台駅方向を望む
港南台8丁目付近から港南台駅方向を望む
港南台の位置(横浜市内)
港南台
港南台
港南台の位置
港南台の位置(神奈川県内)
港南台
港南台
港南台の位置
北緯35度22分29.62秒 東経139度34分37.29秒 / 北緯35.3748944度 東経139.5770250度 / 35.3748944; 139.5770250
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Yokohama, Kanagawa.svg 横浜市
港南区
面積
 • 合計 3.119km2
人口
2017年(平成29年)12月31日現在)[2]
 • 合計 28,879人
 • 密度 9,300/km2
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
234-0054[3]
市外局番 045 (横浜MA)[4]
ナンバープレート 横浜

港南台(こうなんだい)は、横浜市港南区町名。現行行政地名は港南台一丁目から港南台九丁目。住居表示実施済み区域。面積は3.119km2[1]郵便番号は、234-0054[3]

地理[編集]

昭和40年代から開発された、いわゆるニュータウンである。東に隣接する磯子区洋光台よりやや遅れて開発が進められた。根岸線港南台駅を中心とし、南に隣接する栄区域には円海山に連なる丘陵が残る。商業地としての年間商品販売額は2002年(平成14年)の調査で約414億円で、横浜市内97地域中8位、港南区内では上大岡(745億円)に次いで2位となっている[5]。一戸建てと、UR都市機構を中心とした賃貸・分譲団地が混在している。団地には鳥の名前が付けられており、分譲はひばり団地やひよどり団地など山鳥の名前、賃貸はかもめ団地やちどり団地など海鳥の名前で統一されている。駅前のショッピングセンター港南台バーズ(Birds=鳥の複数形)の名称も、このことにちなんでいる。

地価[編集]

住宅地の地価は、2014年平成26年)1月1日公示地価によれば港南台4-14-5の地点で27万円/m2となっている。港南区内で最も地価が高い。[6]

歴史[編集]

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

丁目 世帯数 人口
港南台一丁目 1,324世帯 3,076人
港南台二丁目 2,796世帯 4,586人
港南台三丁目 888世帯 1,932人
港南台四丁目 1,464世帯 3,094人
港南台五丁目 998世帯 2,275人
港南台六丁目 2,122世帯 4,668人
港南台七丁目 1,209世帯 2,946人
港南台八丁目 1,060世帯 2,634人
港南台九丁目 1,472世帯 3,668人
13,333世帯 28,879人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[7]

丁目 番地 小学校 中学校
港南台一丁目 4〜10番 横浜市立日野小学校 横浜市立日野南中学校
その他 横浜市立港南台第三小学校 横浜市立港南台第一中学校
港南台二丁目 全域
港南台三丁目 9〜12番
1〜8番
13〜19番
横浜市立港南台第二小学校
その他 横浜市立小坪小学校 横浜市立日野南中学校
港南台四丁目 9〜32番
36〜39番
33〜35番 横浜市立港南台第二小学校
その他 横浜市立港南台第一中学校
港南台五丁目 全域
港南台六丁目 全域 横浜市立港南台第一小学校
港南台七丁目 全域
港南台八丁目 全域
港南台九丁目 18〜32番 横浜市立港南台第二小学校
13〜17番 横浜市立日野南中学校
9〜12番 横浜市立小坪小学校
その他 横浜市立日野南小学校

交通[編集]

JR港南台駅とダイエー港南台店

鉄道[編集]

JR根岸線港南台駅横浜駅より約24分)利用が中心だが、路線バスで20分前後の京急本線上大岡駅も利用されている。

バス[編集]

上大岡駅横浜市営バス神奈中バスが比較的本数多く運行されているほか、横浜市営バスが洋光台駅上永谷駅・野庭団地方面、神奈中バスが栄区の上郷や桂台などの住宅地へ運行している。港南台駅からは京都大阪への夜行高速バスや羽田空港への直行バスも発着している。詳細は、港南台駅#路線バス参照。

道路[編集]

施設[編集]

教育機関[編集]

小学校は横浜市立港南台第一 - 第三小学校と小坪小学校の4校、中学校は横浜市立港南台第一中学校と日野南中学校の2校。他に、神奈川県立港南台高等学校(2009年3月に閉校)、横浜市立港南台ひの特別支援学校横浜女子短期大学が置かれている。

医療機関[編集]

駅の東側に災害医療拠点病院である済生会横浜市南部病院が置かれている。

商業施設[編集]

駅前には髙島屋相鉄ローゼンダイエーなどの大型店と、港南台バーズにテナントや映画館のシネサロンがある。環状3号線や舞岡上郷線沿道にはロードサイド型店舗が並ぶ。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 横浜市町区域要覧”. 横浜市 (2016年3月31日). 2018年1月24日閲覧。
  2. ^ a b 横浜の人口 - 登録者数(市・区・町・外国人) - 町丁別世帯と男女別人口”. 横浜市 (2017年12月31日). 2018年1月24日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月23日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月23日閲覧。
  5. ^ 平成14年商業統計調査結果報告書 神奈川県調べ
  6. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  7. ^ 小中学校等通学区域”. 横浜市 (2017年11月15日). 2018年1月24日閲覧。

参考文献[編集]

  • 港南区役所編『わが街こうなん〜平成18年度港南区政要覧〜』、2006年。
  • 横浜市立港南台第三小学校編『わたしたちのまち港南台』、1989年。