上野町 (横浜市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 神奈川県 > 横浜市 > 中区 > 上野町
上野町
—  町丁  —
上野町の位置(横浜市内)
上野町
上野町
上野町の位置(神奈川県内)
上野町
上野町
上野町の位置
座標: 北緯35度25分57.5秒 東経139度39分6.7秒 / 北緯35.432639度 東経139.651861度 / 35.432639; 139.651861
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Yokohama, Kanagawa.svg 横浜市
中区
面積[1]
 - 計 0.085km2 (0mi2)
人口 (2017年(平成29年)12月31日現在)[2]
 - 計 1,530人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 231-0842[3]
市外局番 045 (横浜MA)[4]
ナンバープレート 横浜

上野町(うえのまち)は神奈川県横浜市中区町名[5]。現行行政地名は上野町1丁目から上野町4丁目(字丁目)、住居表示未実施[6]郵便番号は231-0842[3]

地理[編集]

中区の中部に位置し、北は山手町、東は千代崎町および本郷町、南は西之谷町、西は大和町麦田町妙香寺台に接する。1丁目から4丁目までの字丁目が設けられ、南西部が1丁目、南東部が2丁目、中部が3丁目、北部は4丁目となっている。1・2丁目を東西に本牧通り(市道関内本牧線)が走り、その両側は商店街となっている。横浜北方郵便局は、この通り沿いの2丁目にある。4丁目の北端は横浜市立元街小学校の敷地に掛かる[5]。昭和40年代まで本牧通りに横浜市電が運行されていたが、廃止されて以降町内に鉄道路線はなく、本牧通りを走る路線バスが移動手段の主力となる。本牧通りに「上野町」のバス停があるほか、港の見える丘公園方面に通じるビアザケ通り上にある「妙香寺前」も町内に位置する。

地価[編集]

住宅地の地価は、2017年平成29年)1月1日公示地価によれば、上野町2-89の地点で30万円/m2となっている[7]

歴史[編集]

かつての久良岐郡北方村の一部で、1873年明治6年)に県による街並み整備により起立した。1889年(明治22年)に横浜市に編入。1927年に、区制施行により中区の町名となる。1928年に山手町北方町の各一部を編入し、1~4丁目を置いた。1936年にはさらに山手町と北方町の各一部を編入した[8]。上野の小名は新編武蔵風土記稿の北方村の項にも記されている。中島利一郎の『日本地名学研究』には、「東京、横浜のいずれにも上野、根岸があるのは面白いが、上野は断崖上の平原丘と解し、または熊、鹿等の猟の少ない平山つづきの地と解釈してもいいと思う」と記している[9]

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

丁目 世帯数 人口
上野町1丁目 392世帯 690人
上野町2丁目 250世帯 422人
上野町3丁目 122世帯 231人
上野町4丁目 89世帯 187人
853世帯 1,530人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[10]

丁目 番地 小学校 中学校
上野町1丁目 全域 横浜市立北方小学校 横浜市立仲尾台中学校
上野町2丁目 全域
上野町3丁目 全域 横浜市立元街小学校 横浜市立港中学校
上野町4丁目 全域

施設[編集]

  • 横浜北方郵便局

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 横浜市町区域要覧”. 横浜市 (2016年3月31日). 2018年1月24日閲覧。
  2. ^ a b 横浜の人口 - 登録者数(市・区・町・外国人) - 町丁別世帯と男女別人口”. 横浜市 (2017年12月31日). 2018年1月24日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月23日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月23日閲覧。
  5. ^ a b 角川日本地名大辞典 14 神奈川県』p1009
  6. ^ 横浜市中区の町名一覧(横浜市役所) (PDF) 2016年11月13日閲覧
  7. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  8. ^ 角川日本地名大辞典 14 神奈川県』p141
  9. ^ 横浜の町名』p63
  10. ^ 小中学校等通学区域”. 横浜市 (2017年11月15日). 2018年1月24日閲覧。

参考文献[編集]