根岸旭台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 神奈川県 > 横浜市 > 中区 > 根岸旭台
根岸旭台
ドルフィン
ドルフィン
根岸旭台の位置(横浜市内)
根岸旭台
根岸旭台
根岸旭台の位置
根岸旭台の位置(神奈川県内)
根岸旭台
根岸旭台
根岸旭台の位置
北緯35度25分11.3秒 東経139度38分13.5秒 / 北緯35.419806度 東経139.637083度 / 35.419806; 139.637083
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Yokohama, Kanagawa.svg 横浜市
中区
面積
 • 合計 0.079km2
人口
2017年(平成29年)12月31日現在)[2]
 • 合計 2,003人
 • 密度 25,000/km2
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
231-0854[3]
市外局番 045 (横浜MA)[4]
ナンバープレート 横浜

根岸旭台(ねぎしあさひだい)は神奈川県横浜市中区町名[5]。丁番を持たない単独町名である。住居表示未実施[6]郵便番号は231-0854[3]

地理[編集]

中区西部の、根岸台地の端の傾斜地に位置し、0.079km2[1]の東西にやや長い町域をもつ。西は寺久保、北は根岸台、東は滝之上、南は磯子区東町に接する[5]。一戸建てや中層マンションが建てられ、外国人も多く居住する[5]1969年山川惣治が開店させたレストラン「ドルフィン」は、荒井由実の『海を見ていた午後』で歌われたことからユーミンの聖地として知られる。歌詞では「山手のドルフィン」とあるが、山手町山手駅からは離れており、最寄駅は根岸駅である[7]

地価[編集]

住宅地の地価は、2017年平成29年)1月1日公示地価によれば、根岸旭台5番19の地点で31万6000円/m2となっている。[8]

歴史[編集]

古くは久良岐郡根岸村の一部で、1933年(昭和8年)に横浜市中区根岸町の一部から「根岸芝生台」の町名で新設された。1935年に、一部を磯子区芝生町(しぼうちょう。のちの中根岸町、現在の東町西町)に編入。1940年に根岸旭台に変更された[9]。芝生の読みが死亡に通じるとして、瑞祥地名に改めたものと考えられている[10]

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

町丁 世帯数 人口
根岸旭台 889世帯 2,003人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[11]

番地 小学校 中学校
20番地(旭台ハイツ) 横浜市立立野小学校 横浜市立仲尾台中学校
その他 横浜市立根岸小学校 横浜市立根岸中学校

交通[編集]

横浜駅根岸道路が通る。根岸旭台から山下本牧磯子線にかけての急坂は、白滝不動尊にちなみ「不動坂」と呼ばれ、幕末期には外国人の遊歩道であった。根岸駅方面へは、不動坂のほか、歩行者専用の東坂が通じている。町内には「不動坂上」と、根岸台との境に「旭台」のバス停が設けられている。旭台は桜木町駅から元町麦田町を経由し市電保存館に至る横浜市営バス21系統と、横浜駅から伊勢佐木長者町駅前を経由し根岸台などへ行く横浜市営バス103系統が利用できる。不動坂上は21系統と、103系統のうち一部の便が停車する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 横浜市町区域要覧”. 横浜市 (2016年3月31日). 2018年1月24日閲覧。
  2. ^ a b 横浜の人口 - 登録者数(市・区・町・外国人) - 町丁別世帯と男女別人口”. 横浜市 (2017年12月31日). 2018年1月24日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月23日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月23日閲覧。
  5. ^ a b c 『角川日本地名大辞典 14 神奈川県』p1013
  6. ^ 横浜市中区の町名一覧(横浜市役所) (PDF) 2016年7月30日閲覧
  7. ^ ユーミンの歌『海を見ていた午後』に出てくる「山手のドルフィン」の今はどうなっている?”. はまれぽ.com (2016年2月5日). 2016年11月2日閲覧。
  8. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  9. ^ 『横浜の町名』p69
  10. ^ 『角川日本地名大辞典 14 神奈川県』p694
  11. ^ 小中学校等通学区域”. 横浜市 (2017年11月15日). 2018年1月24日閲覧。

参考文献[編集]

  • 角川日本地名大辞典 14 神奈川県』角川書店、1984年6月8日、694,1013頁。
  • 横浜市市民局総務部住居表示課『横浜の町名』、1996年12月、69頁。
  • 『県別マップル14 神奈川県道路地図』昭文社、2016年、第6版、19頁。ISBN 978-4-398-62683-7