千鳥町 (横浜市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 神奈川県 > 横浜市 > 中区 > 千鳥町
千鳥町
—  町丁  —
千鳥町の位置(横浜市内)
千鳥町
千鳥町
千鳥町の位置(神奈川県内)
千鳥町
千鳥町
千鳥町の位置
座標: 北緯35度24分46.15秒 東経139度39分13.46秒 / 北緯35.4128194度 東経139.6537389度 / 35.4128194; 139.6537389
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Yokohama, Kanagawa.svg 横浜市
中区
面積[1]
 - 計 1.325km2 (0.5mi2)
人口 (2017年(平成29年)12月31日現在)[2]
 - 計 0人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 231-0815[3]
市外局番 045 (横浜MA)[4]
ナンバープレート 横浜

千鳥町(ちどりちょう)は、神奈川県横浜市中区町名[5]。丁番を持たない単独町名である。住居表示未実施[6]郵便番号は231-0851[3]

地理[編集]

横浜市中区南部、本牧岬南側の埋立地に位置し、南は根岸湾に面する。旧海岸線に沿って東は豊浦町、西は磯子区鳳町、従来からの陸地である北は根岸町間門町本牧三之谷本牧大里町に接する[5]。面積は1,332,588m2[7]で、全域が工業地帯であり人口はゼロである[8]

交通[編集]

町の北端をJR根岸線および貨物専用の神奈川臨海鉄道本牧線国道357号首都高速湾岸線が通る。

歴史[編集]

1959年2月から1963年12月にかけて、根岸湾埋立事業第1期B地区として埋め立てられ、その全域が日本石油精製(現 JXTGエネルギー根岸製油所および同社の中央技術研究所となる。1965年1月13日に横浜市中区千鳥町を新設[6]。町名は、隣接する鳳町に対応するものである[9]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 横浜市町区域要覧”. 横浜市 (2016年3月31日). 2018年1月24日閲覧。
  2. ^ 横浜の人口 - 登録者数(市・区・町・外国人) - 町丁別世帯と男女別人口”. 横浜市 (2017年12月31日). 2018年1月24日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月23日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月23日閲覧。
  5. ^ a b 『角川日本地名大辞典 14 神奈川県』p1012
  6. ^ a b 横浜市中区の町名一覧(横浜市役所) (PDF) 2016年8月8日閲覧
  7. ^ 地図で見る統計(統計GIS)
  8. ^ 中区町別世帯と人口(2016年7月31日現在の住民基本台帳・外国人登録原票に基づく)横浜市統計ポータルサイト、2016年8月8日閲覧
  9. ^ 『横浜の町名』p66

参考文献[編集]

関連項目[編集]