北新横浜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 神奈川県 > 横浜市 > 港北区 > 北新横浜
北新横浜
北新横浜駅 駅舎(2015年10月)
北新横浜駅 駅舎(2015年10月)
北新横浜の位置(横浜市内)
北新横浜
北新横浜
北新横浜の位置
北新横浜の位置(神奈川県内)
北新横浜
北新横浜
北新横浜の位置
北緯35度30分58.24秒 東経139度36分54.11秒 / 北緯35.5161778度 東経139.6150306度 / 35.5161778; 139.6150306
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Yokohama, Kanagawa.svg 横浜市
港北区
面積
 • 合計 0.361km2
人口
2017年(平成29年)12月31日現在)[2]
 • 合計 950人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
223-0059[3]
市外局番 045 (横浜MA)[4]
ナンバープレート 横浜

北新横浜(きたしんよこはま)は、神奈川県横浜市港北区町名。現行行政地名は北新横浜一丁目及び北新横浜二丁目。住居表示未実施区域。郵便番号は223-0059[3]

地理[編集]

東端から南端にかけて鶴見川が流れる沖積平野であるが、西端は多摩丘陵にかかっている[5]。交通網としては、中央部を南北に横浜市営地下鉄ブルーライン宮内新横浜線が通るほか、南北に神奈川県道13号横浜生田線、首都高横浜環状北線の新横浜IC(仮称)が建設されている。西から北にかけて新羽町、東で大倉山、南東で篠原町及び新横浜、南で鳥山町、南西で小机町と接する。

歴史[編集]

もともとは新羽町の一部であったが、再開発が進行し住宅地や商業施設が建てられたため分割された。また町域内に所在する、横浜市営地下鉄ブルーライン北新横浜駅も新横浜北駅からの駅名変更が行われた。

地名の由来[編集]

鶴見川を挟んで、新横浜の北側にあるため北新横浜となった。

沿革[編集]

  • 2005年(平成17年)1月31日 - 新羽町の一部であった地域に北新横浜一丁目、二丁目の二町を設置。
現町名 旧町名 小字名
北新横浜 一丁目 新羽町 南上町、中久保、長嶋
二丁目 長嶋

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

丁目 世帯数 人口
北新横浜一丁目 126世帯 227人
北新横浜二丁目 358世帯 723人
484世帯 950人

交通[編集]

鉄道[編集]

横浜市営地下鉄ブルーラインが通り、北新横浜駅横浜市交通局新羽車両基地が存在する。

バス[編集]

東急バス横浜市営バスが当地を通っている。東急バスの北新横浜駅停留所があるが本数は少ない。

道路[編集]

ブルーラインと並行して宮内新横浜線が通っている。

校区[編集]

この地域に学校は存在しないが、隣の新羽町には存在しており、学校区としては各々の学校区に属する。

なお公立の小中学校の学区は、以下のように決まっている[6]

区画 小学校 中学校
全域 横浜市立新羽小学校 横浜市立新羽中学校

施設[編集]

  • 北新横浜公園
  • エスポット新横浜店
  • 新羽車両基地
    • あおばスポーツパーク

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 横浜市町区域要覧”. 横浜市 (2016年3月31日). 2018年1月24日閲覧。
  2. ^ a b 横浜の人口 - 登録者数(市・区・町・外国人) - 町丁別世帯と男女別人口”. 横浜市 (2017年12月31日). 2018年1月24日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月23日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月23日閲覧。
  5. ^ 角川日本地名大辞典 14 神奈川県、p.984。
  6. ^ 小・中学校通学区域”. 横浜市教育委員会. 2013年1月20日閲覧。

関連項目[編集]