大豆戸町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 神奈川県 > 横浜市 > 港北区 > 大豆戸町
大豆戸町
—  町丁  —
大豆戸町の位置(神奈川県内)
大豆戸町
大豆戸町
座標: 北緯35度30分43.4秒 東経139度37分47.6秒 / 北緯35.512056度 東経139.629889度 / 35.512056; 139.629889
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 神奈川県
市町村 横浜市
港北区
人口 (2013年(平成25年)9月30日現在)
 - 計 13,888人
等時帯 JST (UTC+9)
郵便番号 222-0032
市外局番 045
ナンバープレート 横浜

大豆戸町(まめどちょう)とは、横浜市港北区町名郵便番号222-0032。

地理[編集]

町内は菊名七丁目に分断されており、飛び地となっている。

地名の由来[編集]

師岡熊野神社大豆を奉納していたからだとされる[1]

このほか、地形由来の「真間処」(ままど、くぼんだ場所の意)に「豆」の字を当てたとする説もある[2]

文字の上では難読ではないが、「大豆」を「まめ」と読むため、馴染みがないと正しく読むことができない。この読み方は当地だけではなく、日本全国に見られる。

歴史[編集]

施設[編集]

港北区役所

東地区

  • 港北区役所
  • 港北区総合庁舎
  • 港北消防署

西地区

港北警察署

出身・ゆかりのある人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 新編武蔵国風土紀稿
  2. ^ 港北区役所がある「大豆戸」の読み方は、なぜ「おおまめど」ではなく、「まめど」なのかが気になる! - はまれぽ.com(2011年11月29日版/2017年9月9日閲覧)
  3. ^ 町名の遍歴・由来 / 大豆戸町 - 横浜市港北区 2012年4月23日閲覧。
  4. ^ a b 『日本紳士録 第44版』神奈川サ、シの部35頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年1月14日閲覧。
  5. ^ 『日本紳士録 第36版』横浜ヨ、ラの部72頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年1月14日閲覧。

参考文献[編集]

  • 交詢社編『日本紳士録 第36版』交詢社、1932年。
  • 交詢社編『日本紳士録 第44版』交詢社、1940年。

座標: 北緯35度30分43.4秒 東経139度37分47.6秒 / 北緯35.512056度 東経139.629889度 / 35.512056; 139.629889