大綱村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おおつなむら
大綱村
廃止日 1927年4月1日
廃止理由 編入合併
鶴見町保土ケ谷町旭村大綱村城郷村横浜市
現在の自治体 横浜市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 神奈川県
橘樹郡
市町村コード なし(導入前に廃止)
総人口 4,782
国勢調査、1920年)
隣接自治体 横浜市
橘樹郡城郷村、旭村、日吉村
都筑郡新田村
大綱村役場
所在地 神奈川県橘樹郡大綱村
座標 北緯35度31分09秒 東経139度37分59秒 / 北緯35.51903度 東経139.63319度 / 35.51903; 139.63319座標: 北緯35度31分09秒 東経139度37分59秒 / 北緯35.51903度 東経139.63319度 / 35.51903; 139.63319
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

大綱村(おおつなむら)は、1889年明治22年)4月1日から1927年昭和2年)4月1日まで存在した神奈川県橘樹郡

概要[編集]

神奈川県橘樹郡中部の村。現在の神奈川県横浜市港北区の東部、神奈川区のごく一部にあたる。

地理[編集]

歴史[編集]

村名の由来[編集]

旧大豆戸村・旧大曽根村の「大」と、旧南綱島村・旧北綱島村の「綱」を合わせて「大綱村」とした。

沿革[編集]

  • 1889年明治22年)4月1日 - 町村制の施行により、大豆戸村、篠原村、菊名村、樽村、大曽根村、太尾村、南綱島村、北綱島村が合併して成立。
  • 1911年(明治44年)4月1日 - 子安村の一部(旧白幡村)を編入。
  • 1927年昭和2年)
    • 4月1日 - 横浜市に編入。同日大綱村廃止。
    • 10月1日 - 横浜市が区制を施行。旧村域が神奈川区となる。
  • 1939年(昭和14年)4月1日 - 横浜市神奈川区から港北区が分区。1911年に旧子安村から編入された区域が神奈川区に、本来の旧大綱村の区域が港北区になる。

経済[編集]

農業

『大日本篤農家名鑑』によれば大綱村の篤農家は、「磯部幸四郎、細野仲蔵、飯田助太夫、高瀬金次郎」などである[1]

『神奈川文庫 第五集 百家明鑑』によれば農業を営む人物は「池谷義廣、磯部桑五郎、伊東政吉、石黒近蔵、飯田助太夫、富川喜代八、椎橋宗輔、金子石松、金子茅太郎、金子作蔵、加藤峯太郎、金子重蔵、金子信吉、金子彦次郎、横溝徳左衛門、吉田徳次郎、吉原安次郎、竹生源蔵、田中佐吉、漆原馬蔵、小泉兼太郎、小泉幸助、小泉金作、小島重次郎、青木庄蔵、澤田喜三郎、森與三郎」などである[2]。吉田徳次郎は農兼商業、椎橋宗輔は農蚕業であった[2]

商工業

『神奈川文庫 第五集 百家明鑑』や『日本紳士録 第36版』によれば商工業者は以下の通りである。

  • 池谷國太郎(宿屋兼料理業)[2]
  • 小泉治三郎(商業)[2]
  • 小泉力蔵(工業)[2]
  • 吉田喜助(酒造業)[2]
  • 吉田三郎兵衛(醤油製造業)[3]

交通[編集]

鉄道路線[編集]

横浜線、東海道新幹線横浜市営地下鉄ブルーライン新横浜駅は、当時は未開業。

道路[編集]

村長[編集]

出身・ゆかりのある人物[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『大日本篤農家名鑑』271頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年1月14日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 『神奈川文庫 第五集 百家明鑑』橘樹郡之部21-24頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年1月15日閲覧。
  3. ^ 『日本紳士録 第36版』横浜ヨ、ラの部72頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年1月14日閲覧。

参考文献[編集]

  • 小幡宗海編『神奈川文庫 第五集 百家明鑑』神奈川文庫事務所、1900年。
  • 大日本篤農家名鑑編纂所編『大日本篤農家名鑑』大日本篤農家名鑑編纂所、1910年。
  • 交詢社編『日本紳士録 第36版』交詢社、1932年。

関連項目[編集]