上郎清助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
上郎清助

上郎 清助(こうろ / こうろう[1][2][3] せいすけ、旧姓・吉田1863年11月17日文久3年10月7日[4] - 1938年昭和13年)2月18日[2])は、日本政治家貴族院議員[5][6][7]神奈川県会議長[6]横浜市会議員[6][8])、資産家[9][10]、神奈川県多額納税者[6][11]実業家。横浜中央銀行、上信銀行各頭取[1]。横浜信託社長[1]。族籍は神奈川県平民[8][9]

人物[編集]

武蔵国橘樹郡大豆戸村(現・横浜市港北区大豆戸町)出身。吉田三郎兵衛の弟[注 1]で、磯野庸幸、上郎新二の兄[6][12]。吉田家は屋号を「堀上(ほりあげ)」といい、天保年間より醤油の醸造をしていた[13]1893年[3]、上郎幸八の養子となる[9]1905年分家して一家を創立する[6][9]

東京大学予備門を経て[7]1890年帝国大学法科大学政治学科を卒業した[14]。太田醤油製造会社を起こし他に銀行会社の重役となった[6]。神奈川県多額納税者に列し1927年貴族院多額納税者議員に互選され、同年8月15日に就任し[15]1932年、再選された[6]研究会に所属して活動し、死去するまで在任した[2]

横浜中央銀行、上信銀行各頭取[1][6][7][16]、横浜信託社長[3][17]、日本共立火災保険、東洋醸造取締役[6][16]、千代田機械製靴、京浜電気鉄道富国徴兵保険監査役などをつとめた[6]

横浜の資産家で[10]、貴族院多額納税者議員選挙の互選資格を有した[4]。家庭は円満だった[17]。学殖豊富で、人格手腕が卓絶していた[17]。宗教は真言宗[7][16]。趣味は囲碁将棋[7][16]。住所は横浜市中区南太田町[6][10]、同市中区(現・西区東ケ丘[16]

家族・親族[編集]

上郎家
  • 養父・幸八(1836年 - 1917年、貸金業、資産家[10]) - 福井県南条郡王子保村白崎(現・越前市白崎町)の農家出身である。
  • 妻・やす1874年 - ?、上郎新二の姉[9]、上郎幸八の長女、浦島保育院長、地家主、横浜仏教日曜学校長、仏教婦人会横浜支部副会長、県社会事業協会理事、市婦人自助会評議員、市方面委員、横浜孤児院理事、浦島仏教日曜学校長、宗教は真言宗、趣味は読書[16]
  • 長女・はな1894年 - ?、滋賀、吉田新七郎の妻)[6]
  • 二女・1895年 - ?、東京、太田孝之の妻)[6]
  • 長男・1901年 - ?、上信銀行頭取)[12]
  • 二男・1903年 - ?、大阪、佐竹庄七の養子)[6]
  • 三男・1904年 - ?、分家)[6]
  • [6]
親戚

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『神奈川県史 別編1』306頁では、吉田三郎兵衛の二男。『人事興信録 第4版』し41頁では、吉田徳次郎の弟。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 『議会制度七十年史 第1』192頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年12月9日閲覧。
  2. ^ a b c 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』199頁。
  3. ^ a b c 『神奈川県史 別編1』306頁。
  4. ^ a b 『貴族院多額納税者名鑑』68頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年1月14日閲覧。
  5. ^ 『輝く憲政』6頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年11月19日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 『人事興信録 第11版 上』コ157頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年1月14日閲覧。
  7. ^ a b c d e 『帝国大学出身名鑑』コ55-56頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年9月15日閲覧。
  8. ^ a b 『人事興信録 第6版』こ66頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年1月14日閲覧。
  9. ^ a b c d e 『人事興信録 第4版』し41頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2021年3月7日閲覧。
  10. ^ a b c d 『全国五十万円以上資産家表 時事新報社第三回調査』4頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年1月14日閲覧。
  11. ^ 『日本紳士録 第37版附録 多額納税者名簿』11頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年1月15日閲覧。
  12. ^ a b c 『人事興信録 第12版 上』コ121頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年1月14日閲覧。
  13. ^ シリーズ わがまち港北、第129回 港北の名望家 -大日本博覧絵-、公益財団法人 大倉精神文化研究所公式サイト。
  14. ^ 『東京帝国大学一覧 從大正4年 至大正5年』学士及卒業生姓名 法学士 政治学科105-106頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年1月15日閲覧。
  15. ^ 官報』第190号、昭和2年8月16日。
  16. ^ a b c d e f 『大衆人事録 第12版 北海道・奥羽・関東・中部・外地・満州・支那・海外篇』神奈川40頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年1月14日閲覧。
  17. ^ a b c 『大正人名辞典』2014頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年1月14日閲覧。
  18. ^ 『日本紳士録 第36版』横浜ヨ、ラの部72頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年1月14日閲覧。
  19. ^ 『大日本博覧絵』64ノウ-65ノオ頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年1月14日閲覧。

参考文献[編集]

  • 石原徳太郎編『大日本博覧絵』石原徳太郎、1889年。
  • 東京帝国大学編『東京帝国大学一覧 從大正4年 至大正5年』東京帝国大学、1913-1924年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第4版』人事興信所、1915年。
  • 『全国五十万円以上資産家表 時事新報社第三回調査』時事新報社、1916年。
  • 東洋新報社編『大正人名辞典』東洋新報社、1917年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第6版』人事興信所、1921年。
  • 織田正誠編『貴族院多額納税者名鑑』太洋堂出版部、1926年。
  • 校外調査会編『帝国大学出身名鑑』校外調査会、1932年。
  • 交詢社編『日本紳士録 第36版』交詢社、1932年。
  • 交詢社編『日本紳士録 第37版附録 多額納税者名簿』交詢社、1933年。
  • 自由通信社編『輝く憲政』自由通信社、1937年。
  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第12版 北海道・奥羽・関東・中部・外地・満州・支那・海外篇』帝国秘密探偵社ほか、1938年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第11版 上』人事興信所、1937-1939年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第12版 上』人事興信所、1940年。
  • 衆議院、参議院編『議会制度七十年史 第1』大蔵省印刷局、1960年。
  • 神奈川県県民部県史編集室編『神奈川県史 別編1』人物 : 神奈川県歴史人名事典、神奈川県、1983年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。