杉元恒雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

杉元 恒雄(すぎもと つねお、1920年大正9年)10月15日 - 1997年平成9年)2月16日[1])は、日本の税理士政治家参議院議員

来歴・人物[編集]

1920年、現在の宮城県大和町にて出生。

明治大学専門部商科卒後、杉元会計事務所を設立、税理士、司法書士として活動する。

政界に転じ、神奈川県議会議員から、県議会議長に就任し、党県連幹事長、県経営診断協会理事長、県遺族会副会長などを兼務。

第13回参議院議員通常選挙第14回参議院議員通常選挙に神奈川県より出馬し、当選(自由民主党)。環境政務次官などを務めた。

脚注[編集]

  1. ^ 『新訂 現代政治家人名事典』319頁。

参考文献[編集]

  • 『自由民主党党史 第2巻』(自由民主党 1987)
  • 『議会制度百年史 貴族院参議院議員名鑑』(国会衆議院 1990)
  • 『新訂 現代政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。