甘利正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

甘利 正(あまり ただし、1916年10月11日 - 1992年10月12日)は、日本政治家衆議院議員(2期)、神奈川県議会議員(5期)、同議長を歴任した。

衆議院議員・甘利明の父。

来歴・人物[編集]

東京物理学校(現東京理科大学)中退。1947年依知村(現厚木市村長に当選して1期務めた後、1951年愛甲郡から神奈川県議会議員に当選(以後5期)。1960年6月から1年間、県議会議長の職にあった。

国政へは、1969年の総選挙1972年の総選挙自由民主党公認で出馬するもののいずれも落選。不遇をかこっていたが1976年の総選挙を前に新自由クラブが結成されるとこれに参加し、直後の総選挙で初当選(当選同期に愛知和男鳩山邦夫中村喜四郎中島衛西田司池田行彦堀内光雄相澤英之津島雄二鹿野道彦塚原俊平中西啓介与謝野馨渡辺秀央中川秀直など)。その後途中1回の落選を挟んで2期務め、建設委員会委員を歴任。1983年に政界引退を表明し、息子で秘書の明に地盤を譲った。

1992年10月12日死去。享年76。

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『民家の歴史』- 厚木市編纂