宮内新横浜線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宮内新横浜線(みやうちしんよこはません)は、神奈川県川崎市中原区から横浜市港北区に至る都市計画道路。正式な名称は「川崎都市計画道路3・3・10号宮内新横浜線」及び、「横浜国際港都建設計画道路3・3・24号宮内新横浜線」である。

概要[編集]

川崎市と横浜市に跨る都市計画道路であり、川崎市の起点側では橋梁で多摩川を渡り東京都市計画道路放射第3号線東京都道312号白金台町等々力線・目黒通り)に接続する計画となっている[1][2]

当初の起点は、川崎市中原区宮内二丁目の国道409号府中街道)の西下橋交差点であった。その後、川崎市主要地方道幸多摩線との交点まで延伸する都市計画の変更がされたが、2010年度に多摩川を渡り、東京都世田谷区との都県境まで延伸する都市計画の変更がされた[3]

川崎市、横浜市双方で事業が進められており、徐々に開通区間が広がっているものの、未成区間がある。

路線データ[編集]

川崎都市計画道路3・3・10号宮内新横浜線[4]
川崎市道宮内新横浜線(III)、宮内新横浜線(II)、宮内新横浜線
横浜国際港都建設計画道路3・3・24号宮内新横浜線[5]
横浜市道高田138号線、高田140号線、高田454号線、新羽74号線、新吉田403号線、宮内新横浜線7138号線、菊名5号線

歴史[編集]

  • 2006年3月31日: 西下橋交差点 - 又玄寺交差点(760m)区間(中原工区)が開通。
  • 2008年3月28日: 高田駅北側交差点 - 高田駅入口交差点(210m)区間が開通。
  • 年代不明: 又玄寺交差点 - 尻手黒川道路との交差点(2590m)区間が開通。
  • 2002年: 新吉田南交差点 - 横浜労災病院北側交差点区間が開通。
  • 年代不明: 横浜労災病院北側交差点 - 新横浜駅入口交差点区間が開通。
  • 2020年12月22日: 新吉田高田地区(960m)および新吉田地区(350m)が暫定2車線で開通[6]
  • 2021年3月31日 : 新吉田高田地区(960m)および新吉田地区(350m)が4車線化。

今後の予定[編集]

  • 2023年度: 子母口工区(245m)が開通予定。
  • 2025年度: 等々力大橋 (385.9m)が開通予定。[7]

路線状況[編集]

事業進捗[編集]

2021年現在、川崎市内2区間で事業が進められている。

また、東京都との境界の多摩川にかかる橋として計画されている等々力大橋(仮称)については、平成22年に締結された東京都と川崎市との基本協定に基づき、東京都が整備を行い、川崎市が管理し、それら費用は双方が負担することとされ、早期事業化に向けた調査を進めることとなっている[1][2]

橋梁[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

未成区間(等々力大橋(仮称))
宮内工区(事業中)
子母口工区(事業中)
未成区間
  • 都市計画道路新吉田線(未成線)
  • 都市計画道路新吉田日吉線(未成線)

沿線施設[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]