新横浜公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
新横浜公園
Nissan Field Kozukue 001.jpg
小机競技場(手前)と横浜国際総合競技場
分類 都市公園運動公園
所在地
神奈川県横浜市港北区小机町3300
面積 501,667 m2 (計画:約70.4ha)
開園 1998年3月1日
運営者 横浜市(指定管理者:横浜市体育協会・横浜マリノス・管理JV共同事業体)[1]
駐車場 あり(有料)
告示 1993年1月19日
事務所 日産スタジアム
事務所所在地 横浜市港北区小机町3300
公式サイト 新横浜公園-Shin-yokohama Park-(運営者サイト)

新横浜公園(しんよこはまこうえん)は、横浜市港北区にある都市公園運動公園)である。

概要[編集]

横浜市内で最大の運動公園であり、約72,000人を収容できる横浜国際総合競技場(日産スタジアム)のほか、プール、野球場、テニスコートなど様々な運動施設が設置されている。

また、隣接する鶴見川の多目的遊水地を兼ねて整備され、鶴見川が増水して水位が一定のレベルに達した場合、自動的に水が流入し、遊水地として機能する造りとなっている。2017年10月に発生した台風21号による大雨では実際に遊水地として機能し、テニスコートやスケボー広場などが浸水したため、同月の22日から一部区域が閉鎖されている[2]

主な施設[編集]

  • 横浜国際総合競技場(日産スタジアム)
  • 小机競技場(日産フィールド小机):横浜国際総合競技場の日本陸連公認第1種競技場としての補助競技場
  • しんよこフットボールパーク球技場
  • 日産ウォーターパーク(プール):横浜国際総合競技場スタンド下に設けられた温水レジャープール
  • 球技場
  • 野球場:両翼105m、センター122m
  • テニスコート:10面
  • インラインスケート広場
  • スケボー広場:約7,000m2
  • バスケットボール広場:4面
  • 運動広場2か所(サッカー、ラグビー):114m×138m
  • 投てき練習場:90m×130m 

+ドッグラン

  • レストラン
  • 駐車場3か所
  • レストハウス2か所
  • X SPOT(クロスポット):ゼビオが運営するスポーツ用品店。2011年7月オープン。

交通[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 指定管理者一覧
  2. ^ 遊水池兼ねた新横浜公園、台風21号の影響で一部閉鎖”. 港北経済新聞 (2017年10月23日). 2017年10月23日閲覧。
  3. ^ 新横浜公園球技場PDF2018年4月19日閲覧
  4. ^ 練習場横浜F・マリノス、2018年4月19日閲覧

外部リンク[編集]