冬の華

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
冬の華
監督 降旗康男
脚本 倉本聰
出演者 高倉健
北大路欣也
池上季実子
田中邦衛
三浦洋一
小池朝雄
音楽 クロード・チアリ
撮影 仲沢半次郎
編集 堀池幸三
製作会社 東映京都撮影所
配給 東映
公開 日本の旗 1978年6月17日
上映時間 121分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

冬の華』(ふゆのはな)は、1978年昭和53年)6月17日に公開された日本映画。製作は東映京都撮影所)。監督は降旗康男。脚本は倉本聰。主演は高倉健

概要[編集]

横浜を舞台に、高倉健演じる義理堅い昔気質のヤクザが、暴力団抗争に巻き込まれて行く様子を描く[1]。キャストは従来の東映ヤクザ映画の常連で固められているが、音楽はクロード・チアリが担当しているほか、クラシック音楽や絵画がストーリーのポイントになっているなど、芸術性を帯びた作風になっており、異色のヤクザ映画である。

ストーリー[編集]

横浜に本拠を置き関東に勢力を張る暴力団・東竜会幹部の加納秀次高倉健)は、兄弟分の松岡幸太郎池部良)をあの世に送らざるを得なかった。松岡は組を関西連合に吸収させようと画策していたからだ。加納は、松岡殺しの罪により北海道の旭川刑務所で長期の服役を強いられる。

15年後、出所して横浜に帰ってきた加納は、舎弟の南幸吉田中邦衛)が用意してくれていた山手の高級マンションに落ち着いた。東竜会に挨拶へ出向いた加納は幹部たちから温かく歓迎されるが、金満振りを誇る彼らの変貌に困惑する。親分の坂田良吉藤田進)はヤクザ稼業に疲れて絵画の収集と制作に夢中になっており、加納にもシャガールの絵画の良さを説く。幹部たちは高級外車を乗り回してナイトクラブで豪遊するなど、贅沢な暮らしを満喫している。加納に尽くしてくれる南も自動車販売会社を経営し、普段は組と距離を置いていた。加納が世間から隔絶されている間に、彼らから渡世人の面影は消えていた。

一方で、加納は、15年前に殺した松岡の一人娘である洋子池上季実子)のことが気がかりであった。この15年間、加納は南を介して洋子の援助を行っており、自らは、「ブラジルにいるオジさま」として文通をしていた。洋子は全寮制の女子校で学ぶ17歳の高校生になっていた。加納は手紙に出てきた馬車道の喫茶店「コンチェルト」でチャイコフスキーの『ピアノ・コンチェルト』を聴き、洋子をそっと見守る。

加納は実兄・一郎大滝秀治)の忠告もあり、ヤクザの世界から足を洗って木工職人になるつもりでいた。親分の坂田も加納に傘下の組を任せたいとの思いを封印し、堅気になることを黙認していた。

その矢先、坂田はシャガールの絵画の出物があると連れ出され、だまし討ちの形で関西連合に殺されてしまう。坂田の息子で陸上自衛隊幹部自衛官坂田道郎北大路欣也)は復讐心を燃やす。しかし、生前坂田は息子が堅気の自衛官であることを慮り、加納に「息子を組の抗争に巻き込ませるな」と遺言していた。

東竜会の構成員たちが坂田の死の真相を調べるうちに、東竜会幹部の山辺小池朝雄)による裏切りが判明する。加納は坂田の遺言を守るため、自らが鉄砲玉となって山辺を殺す決心をする。ただ、洋子のことだけが心残りになっていた。加納は、洋子へ「当分日本には帰れない」とだけ電話で伝え、洋子と恋仲になっていた竹田三浦洋一)に堅気となって添い遂げるよう約束させる。

加納は、親の仇を取るつもりであった道郎を自宅に留めさせ、山辺を自ら刺し殺す。加納は、再び会うことはかなわない洋子の幸福を願いつつ、15年前の浜辺での出会いを思い出すのであった。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

チャイコフスキー作曲 ピアノ協奏曲第一番 (演奏)ヴラディーミル・アシュケナージ(ピアノ) ロンドン交響楽団 指揮:ロリン・マゼール(ロンドンレコード)

製作[編集]

企画[編集]

高倉健の仁侠映画の大ファンである倉本聰が、高倉出演の映画の感想等を書いた手紙を高倉に数年間送り、高倉から「いつか一緒に仕事が出来たら」と返事をもらっていた[2][3][4]。そのうち、高倉にTBSからテレビドラマ出演のオファーが来て、それなら倉本さんに脚本をお願いできないかとなり、これが『あにき』(1977年10月~1977年12月)となった[2][5]。『あにき』の撮影中に見学に来た俊藤浩滋に高倉が倉本を紹介し、俊藤が倉本に「何か一緒に映画をやらないか」と提案し、本作の製作がスタートした[4]。当時の高倉は前年の『幸福の黄色いハンカチ』で各映画賞を総なめ。倉本は当時、新しいテレビドラマの分野を切り拓く新進気鋭の脚本家という位置付けで[3][6][7]、さらに横山博人監督の『』、岡本喜八監督の『ブルークリスマス』と倉本脚本が相次いで映画化されていた[3]。『冬の華』は22本目の映画化脚本となる[3]。高倉は2年半、東映で仕事をしていなかったが、オファーは何本も受けていた[4]。しかしどれもいまいちノリきれず、倉本の提案した本作を気に入り、俊藤も賛成し、久しぶりの東映での出演となった[4]。 

脚本[編集]

倉本は「昭和残侠伝シリーズ」で高倉が演じた"花田秀次郎"というヒーローがいなくなって、とても淋しいという想いが常にあり、しかし再登場させても二番煎じにしかならないし、どうしたらいいか考え、花田秀次郎がいなかった五、六年間は網走刑務所に入っていたのではないかと着想し『冬の華』の主人公・加納秀次は還ってきた花田秀次郎として造型した[3]。また数年前から『あしながおじさん』をベースに脚本を推敲をしていて、本作の企画に取り入れた[3][8]

トラブル[編集]

倉本が『冬の華』というタイトルで東映に脚本を提出したが、岡田茂東映社長が「『冬の華』では客が来ない」と[9]、 『網走の花嫁』というタイトルに変更した[1][9][10][11]。これを聞いた倉本が「では、脚本を返してください」と怒った[9][10]。当時の倉本と高倉の仲では、倉本に脚本を返してしまうと高倉の出演はなく[9]、当初はヒロインに山口百恵が予定され(詳細は後述)、高倉健と山口百恵の競演なら確実にヒットが予想され、『幸福の黄色いハンカチ』で各賞を総なめにした高倉を(古巣である東映)で「絶対に映画を作れ」と指令が出て[11]、倉本の言い分を全部飲まなければならないという状況が生まれた[11]

監督は山下耕作の予定だったが[7][10]、初顔合わせのとき、倉本が山下に「このシナリオを映画化するに当たっては、セリフの一字一句も変えないでください。もちろんト書もです。少しでも変えたら引き上げます」と言うので、山下が「ふざけるな、こんな脚本家とできるか!」と激怒し降板した[7][8][11]京都撮影所内ではこの話がすぐに知れ渡り、「さすが将軍や!」と撮影所内では山下への賛辞で満ち溢れた[7]

監督交代[編集]

俊藤が仲のよい降旗康男に監督のオファーを出し、降旗は山下の降板は知らず[9]、これを受けた[8][12]。倉本との打ち合わせにあたり、今度は俊藤が降旗に「降さん、ホンのことは何も言うなよ」と釘をさしていたが[10]、倉本は降旗の大学の後輩でもあり、倉本に「何か言うと脚本を引き揚げるんだって?」と降旗がストレートに言ったら、倉本は「全部(降旗さんに)任せます」と答えた[8]。しかし脚本がよくほとんど直さなかったという[8]。降旗も高倉と同じく東映上層部と揉めて東映を退社しており、この頃、山口百恵主演のテレビドラマ「赤い疑惑」など「赤いシリーズ」を演出していて、映画は4年ぶりであった[8]

逸話[編集]

  • 山口百恵三浦友和はゴールデンコンビと呼ばれ、多くの映画・テレビドラマで共演したが、映画4本目の『エデンの海』のとき、山口の相手役を三浦以外にキャスティングすると、三浦に戻せとファンが猛抗議し、以降もコンビ作品が続き、東宝の幹部も「百恵と友和の映画は、春と夏に簡単に手早く簡単に作ってさえいれば、お客が入るんで、これがいちばん安全な商売だ」と言っていたといわれた[13]。しかし『冬の華』の製作がスタートした1977年には「百恵・友和コンビ」作品も7本、8本となり、百恵のファンから、三浦以外の俳優と共演する映画や、大作映画にも出て欲しいという声が上がった[13][14]。前述のように『冬の華』のヒロインには山口百恵が予定されていて、降旗がちょうど山口主演のテレビドラマ「赤いシリーズ」を演出していたため、山口に直接「出ないか」と話をしたが[11]、色々な事情があり、東宝と契約しているので勘弁してほしいと断られた[11]映画評論家白井佳夫が「近代映画」で連載を持っていて、これを読者に問題提起すると議論が白熱しため、直接、倉本聰に会い、倉本から以下の説明を聞き出した[11]。「まず、高倉健さんも僕も、できあがった映画『冬の華』のヒロインをやった池上季実子さんは、本当にとてもよかった、と思っているということを、申し上げておきたいと思います。ただ、『冬の華』という企画をスタートした時には、健さんも僕も、あの役をやるのは山口百恵さん以外にいない、と考えていたのは本当です。だから出演場面はできるだけ短期間で撮影できて、しかも彼女の魅力が出せるように工夫がしてあります。もし最初から、池上季実子さんをイメージしていたのだったら、僕はあの役をもう少し違えて書いたろうと思います。しかしホリプロからは、スケジュールが合わないということでお断りを受けました」と述べた[13]。以降の倉本の話は、ホリプロから過去二回、シナリオ執筆の依頼があったが、短期間で書いてくれといわれ辞退するしかなかった、山口百恵のシナリオ作者としての夢は失った、山口百恵は忙し過ぎで、あるテレビドラマで共演シーンを実際の顔合わせなしで別撮りすると言われた大物女優が降板した、僕なんかと仕事をするのとは、違う世界の人、若い女優はタレントであって女優ではない、若いタレントは恋愛に対しては自分の意志を貫くが、こと仕事に対しては貫かないなど、よっぽど山口のシナリオを書きたかったようで、結構な批判を述べている[13]

作品の評価[編集]

東映内部ではもうひとつ評判が良くなかったが[8]、東映以外では高く評価されたため、本作から降旗&高倉コンビの映画が始まった[10]。この後、倉本が東宝に企画を持って行ったのが、降旗&高倉コンビのよる次作『駅 STATION』で、以降もこのコンビで三作品が東宝で製作された[10][12]

後の作品への影響[編集]

第10期東映ニューフェイス合格者ながら、長らく端役を続けていた小林稔侍が、高倉の舎弟分で足を洗った無口な板前役を演じ高い評価を得て、役者活動17年目にしてブレイクした[15]山田太一は『冬の華』から発想して長谷川伸の世界の住人の市民版を「ふぞろいの林檎たちパートII」で小林稔侍のために書いた[15]

脚注[編集]

  1. ^ a b 映画と歩んで:監督・降旗康男/中 高倉健とともに新境地”. 毎日新聞 (2017年4月11日). 2017年4月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月7日閲覧。
  2. ^ a b 「『冬の華』特集1 孤独なる男の心象風景に優しい眼をそそいだ作品」、『キネマ旬報1978年昭和53年)5月下旬号、キネマ旬報社1978年、 88 - 89頁。
  3. ^ a b c d e f 「『冬の華』特集2 倉本聰氏に聞く 『冬の華』は健さんへの私的ラブレターです」、『キネマ旬報1978年昭和53年)5月下旬号、キネマ旬報社1978年、 88 - 87頁。
  4. ^ a b c d 「『冬の華』特集3 京撮に充足感あふれる健さんをたずねて」、『キネマ旬報1978年昭和53年)5月下旬号、キネマ旬報社1978年、 90 - 92頁。
  5. ^ 【高倉健さん死去】追悼・倉本聰さん「強い男、貫いた最後のスター」”. 産経新聞 (2014年11月18日). 2014年11月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月7日閲覧。
  6. ^ 緑川亨 『日本映画の現在』 岩波書店〈講座日本映画7〉、1988年、346頁。ISBN 4000102575
  7. ^ a b c d 土橋亨 『嗚呼!活動屋群像 ―化石になんかなりたくない―』 開発社、2005年、247 - 249頁。ISBN 9784759101157
  8. ^ a b c d e f g キネマ旬報社. “高倉健×降旗康男「あなたへ」公開記念特集”. KineNote. http://www.kinenote.com/main/feature/vol01/detail04.aspx 2017年10月7日閲覧。 
  9. ^ a b c d e 脇田巧彦 「降旗康男ロングインタビュー」『特ダネ人脈 記者50年』 埼玉新聞社2016年、621 - 622頁。ISBN 9784878894503
  10. ^ a b c d e f 「「あなたへ」インタビュー 降旗康男監督 高倉健との軌跡を語る」、『キネマ旬報2012年平成24年)9月上旬号、キネマ旬報社2012年、 35 - 36頁。
  11. ^ a b c d e f g 「ニートよ『憑神』を観よ! 降旗康男インタビュー」、『映画秘宝2007年平成19年)7月号、洋泉社2007年、 81頁。
  12. ^ a b 私の半生 映画監督・降旗康男 15 テレビ映画の時代 中国でも「赤い・・・」シリーズ”. 信濃毎日新聞. 2016年11月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月7日閲覧。16 残念な劇場離れ 観客が通じ合うたのしさ大事に”. 信濃毎日新聞. 2017年11月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月7日閲覧。
  13. ^ a b c d 白井佳夫「白井佳夫のチャレンジ映画講座(16) 倉本聰氏に『冬の華』問題について聞いてみたら...」、『近代映画1978年昭和53年)1月号、近代映画社1978年、 172 - 173頁。
  14. ^ 白井佳夫「白井佳夫のチャレンジ映画講座(17) ファンであることに甘えちゃいけない、とは...?」、『近代映画1978年昭和53年)3月号、近代映画社1978年、 172 - 173頁。
  15. ^ a b 関川夏央 『女優男優』 双葉社2003年、135 - 137頁。ISBN 457529523X

関連項目[編集]

外部リンク[編集]