東映ニューフェイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東映ニューフェイス
受賞対象 俳優
日本の旗 日本
授与者 東映
初回 1953年
最新回 1969年

東映ニューフェイス』(とうえいニューフェイス)は、日本オーディション映画会社東映1950年代から1960年代にかけ、新たな俳優を発掘するために開催していた。

世界的俳優でもある高倉健千葉真一をはじめ、芸能界で活躍する俳優を輩出してきた。

概要[編集]

1953年に1回目を開催し[1]、不定期に新人(ニューフェイス)を採用していった。入社後、俳優座の演技研究所で6か月の研修を受け[2]、本人の希望や社の意向で東映東京撮影所東映京都撮影所へ配属[3]エキストラなど6か月の修行期間を経て1年の研修を修了すると、東映制作の映画テレビドラマに出演していく過程を経る。ニューフェイスのなかには研修を満了しないうちにデビューする者もおり、高倉健千葉真一は1年以内にデビューかつ主演へ抜擢された。1969年の第13期をもってオーディションは終焉している。

当時は五社協定が締結されていたため、東宝ニューフェイス松竹大映日活など各映画会社がニューフェイスを定期的に公募していた。

出身者[編集]

※年 / 期 / 入社人数の順。次行は主な出身者でWikipedia日本語版に記事が存在する人物のみ掲載。

1953年 / 1期 / 21名
1955年 / 2期 / 19名
1956年 / 3期 / 27名
1957年 / 4期 / 25
1958年 / 5期 / 21名
1959年 / 6期 / 20名
2万6千人の応募から男性6名・女性14名が合格し[2]、千葉真一がトップの成績だった[3]
1960年 / 7期 / 13名
1961年 / 8期 / 16名
- / 9期 / 10名
1962年 / 10期 / 15名
1963年 / 11期 / 12名
1968年 / 12期 / 12名
1969年 / 13期 / 14名

参考文献[編集]

  • 東映の友
  • 社内報とうえい

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 社史”. 会社情報. 東映. 2013年4月5日閲覧。
  2. ^ a b 千葉真一 『千葉真一 改め 和千永倫道』 山と渓谷社2008年、60頁。ISBN 4635340228
  3. ^ a b JJサニー千葉 『千葉流 サムライへの道』 ぶんか社2010年、100 - 101頁。ISBN 4821142694

関連項目[編集]