宮内洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
みやうち ひろし
宮内 洋
本名 宮内 洋
生年月日 1947年6月14日(69歳)
出生地 東京都
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
身長 179cm
血液型 B型
職業 俳優歌手
ジャンル 映画テレビドラマ演劇
活動期間 1969年 -
活動内容 1968年東映ニューフェイス
1973年:『仮面ライダーV3
1975年:『秘密戦隊ゴレンジャー
1977年:『快傑ズバット
配偶者 あり(離婚歴あり)
事務所 オフィス28
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
映画
仮面ライダー THE FIRST
テレビドラマ
キイハンター』『仮面ライダーV3』『秘密戦隊ゴレンジャー』『快傑ズバット』『ジャッカー電撃隊』『暴れん坊将軍』『Gメン'75』『超力戦隊オーレンジャー

宮内 洋(みやうち ひろし、1947年6月14日[1][注釈 1] - )は、日本の俳優歌手。本名同じ。東京都出身[1][注釈 2]千葉県銚子市育ち。丹波プロダクション、東映俳優センターを経て株式会社オフィス28所属。

身長179cm[4]体重71kg[4][注釈 3]血液型B型[4]

略歴[編集]

南満州鉄道勤務の父が仕事の関係で在住していた旧満州の奉天にて出生(三人兄弟の次男)し、日本本土への引き揚げの後、千葉県銚子市で育つ。その後学生時代より丹波哲郎に師事[6]

1968年昭和43年)春に東映ニューフェイス第12期生となる[6]。同期には片山由美子ひろみどりがいた。翌年、テレビドラマキイハンター(モノクロ版)』『ああ忠臣蔵』、映画『やくざ刑罰史 私刑!』でデビュー1973年(昭和48年)に『仮面ライダーV3』の主役に抜擢。1975年(昭和50年)の『秘密戦隊ゴレンジャー』以降は『快傑ズバット』『ジャッカー電撃隊』と特撮ヒーローものに立て続けに出演。1990年代には『特警ウインスペクター』『特救指令ソルブレイン』『超力戦隊オーレンジャー』でヒーローを指揮する役柄を演じている[7]

2001年(平成13年)の『百獣戦隊ガオレンジャーVSスーパー戦隊』で、番場壮吉/ビッグワン(声)を演じた。また、2011年(平成23年)4月公開の『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー』で、仮面ライダーV3とズバットの声を演じ、同年6月公開の『ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦』で、アオレンジャーとビッグワンの声を演じた。

2015年4月26日に千葉県銚子市のふるさと大使に就任した[8]

人物[編集]

  • ファンサービスにも熱心であり、『快傑ズバット』LD最終巻には初回プレス分すべてにサインを記し、総集編『快傑ズバット メモリアル』では初回特典のトレーディングカードに1枚1枚直筆サインをしている[9]。子供からのファンレターに対しては平仮名を用い、子供にも読めるよう字を崩さずに書くことを心掛けている[6][10]
  • 「特撮ヒーロー番組とは子供達に正義の心を教える教育番組に外ならない」とのポリシーを示しており[11][12][13]、「愛と、勇気と、正義と、希望。そういったものを与えるのがヒーローであります[14]」と、今もなお一貫してヒーローの美学を説き続けている。
  • スタントも行っており、テレビドラマキイハンター』では離陸するセスナ 172に飛びつき、仮面ライダーシリーズにゲスト出演する際には(『仮面ライダーストロンガー』第35話など)、バイクに乗ったまま「変身ポーズ」をしている。また、地方ロケで藤岡弘、のように、高度があるロープウェーで命綱なしにステップにつかまる(手以外が宙に浮いている状態)などもこなしている[注釈 4]
  • 第11話でゲスト出演した『あぶない刑事』では、当初は山西道広が演じた吉井浩一役でのレギュラー出演が予定されていた。
  • 2012年4月9日に行われた映画のイベント(『秘密戦隊ゴレンジャー』で共演した誠直也とのトークイベント)で、2008年に閉塞性動脈硬化症で体内に人工血管を入れる大手術を受けていたことを明かしている。手術は8時間に及び、処置が遅ければ生命の危険もあったという[16]
  • 特技・趣味は、空手三段・柔道初段・合気道・乗馬スクーバダイビング他、調理師免許を持っている[1]

エピソード[編集]

『仮面ライダーV3』[編集]

出演経緯
『仮面ライダーV3』への出演はオーディションではなく、関係者によりリストアップされた候補者の中から内定し、面接が行われた[17]。宮内は、『キイハンター』の裏磐梯でのロケ時に、制作スタッフから詳細を知らされぬまま毎日放送の東京支社へ向かうよう指示を受けた[13]。宮内は呼びつけられたことに怒り、面接だと知らぬまま待っていた関係者らに対し横柄な態度をとっていたが、それが豪胆なように見られ逆に気に入られたという[13][注釈 5]
オファーの際に師匠の丹波哲郎に相談したところ、「スーツアクターのオファーが来た」と勘違いされたという[18][19]
出演に際して当時高価であったビデオデッキを購入し、『仮面ライダー』の放送を録画視聴して撮影前に演技プランを立てていた[6][19][10]。そのため、前作の1号2号が唸るように声を出しているのに対し、V3は差別化を図るべく叫ぶにしたとこと。
演技について
2008年(平成20年)3月29日放送の『とことん!石ノ森章太郎・最終章 仮面ライダーシリーズよ永遠に』では「千葉真一さんにはアクションのことでいろいろ教わった。それをV3で生かした」と語っている[出典無効]。実際にアクションの多い『V3』やその他の特撮作品では、必ず手袋を着用している。理由はアクションシーンで怪我をするのを防ぐためであるが、これは千葉のアイデアを取り入れたものであるという。
『V3』後半では変身時の掛け声が「変身、ブイスリー!!」から、対カニレーザー戦より「変身、ブイスリャー!!」に変わるが[要検証 ]、これは本人が「その方が(イ段の音より、ア段の音の方が)エコーが綺麗だから」と意識して変えたものだそうである[20][21][10]。変身時以外のセリフでは「ブイスリー」を貫いている。
アクションについて積極的に意見を出しており、その場で思いついたアイデアも多かったという[6]。前作では素面とスーツの割合が4:6であったものを『V3』では7:3に逆転させている[19]。バイクで転倒する1カットを狙うためだけに強引に頼み込んで九十九里浜でロケを行ったこともあった[6][19]
打ち合わせにも必ず参加しており、脚本でV3が台詞をいう場面を風見志郎の台詞に変えるよう要望を出している[6][19]
主題歌について
主題歌「戦え! 仮面ライダーV3」も宮内の歌唱によるものであり、当時発売されたレコードはミリオンセラーを記録した。このレコード収録で、テスト版を収録した水木一郎子門真人が宮内の収録指導に当たったが、宮内の歌があまりにもヘタだったため、激怒した水木は宮内と大喧嘩になったという。だが、その際思いの丈をぶつけ合ったことで、その後は親友になったと後年に水木は語っている[22]
宮内の歌声はコーラスによってフォローされることになった。ソロによる宮内版V3主題歌テープは現存し、NGテイクにもかかわらずストロンガー最終回で使われた。宮内本人はこの使用を知らなかったらしくNHKBSにて生放送された石ノ森作品の特番において同作最終回をゲスト席で見ていた宮内も「知らなかった…」と苦笑していた。『怪獣VOW』(宝島社)でのインタビューによると宮内は、演歌などと違い譜面通りに歌わなければならず、アレンジを利かせられない歌は相当苦手だとのこと[要文献特定詳細情報]
特撮で有名になる以前からもレコードを出したこともあったが全く売れず、店頭で顔出しキャンペーンを行ってようやく数百枚売れるレベルだったため、非常に悲しかったと語っている[23]
後年の活動
後続の作品への客演も多く、昭和仮面ライダーシリーズでは最多出演である[19]
このように、初めて演じたヒーローである仮面ライダーV3・風見志郎には強い思い入れを持っており、「風見志郎は俺以外にはやらせない」と、近年『仮面ライダー THE FIRST』の書籍[要文献特定詳細情報]で語っている。
『THE FIRST』では、亡き小林の跡を継ぎ、宮内は1シーンのみだがおやっさん(立花藤兵衛)役を演じており、役が発表されたおり「当時から憧れた藤兵衛の役ができてとてもうれしい」とインタビューで語った[要文献特定詳細情報]

戦隊シリーズ[編集]

  • 秘密戦隊ゴレンジャー』出演のオファーを受けた際、宮内はアオが脇役と勘違いし当初は断っていたが、原作者石森の「アカレンジャー = 宮本武蔵、アオレンジャー = 佐々木小次郎、というスタンス」との説得でようやく受諾したという[24][25][6][26][10]。オファーの時点でレギュラーを3本抱えていたため、撮影は週に1日程度しか参加できず[6]、アオレンジャーのアフレコのみという回が10本ほどある[26]
  • ジャッカー電撃隊』では、テコ入れにより宮内が演じる番場壮吉 / ビッグワンが物語の中心となったが、本来の主演である丹波義隆は丹波哲郎の長男であり、宮内は主役を取ったようで気が引けたと述べている[27]。衣装は宮内の意見で作られ、立ち回りで映えるようにジャケットの裏側を赤にしている[28]
  • 超力戦隊オーレンジャー』では、5人の参謀役として務めていた。演技については『特警ウインスペクター』『特救指令ソルブレイン』で演じた正木俊介とは衣装が変わったこと以外に特別な違いはなかったと述べている[28]。撮影にて、夏期にメンバーで旅館に泊まっていたところ、さとう珠緒が「なんでこんなに暑いのに靴下をはいているんですか」と尋ねたところ、宮内は「もし子供がこんな格好を見ていたら格好悪いだろ。ヒーローは常に格好良くないといけない」と語り、さとう珠緒はその態度に感服したと語った[29]

『快傑ズバット』[編集]

  • 宮内は当初『ズバット』に乗り気でなかったと語られることがあるが、宮内本人は最初に企画を聞いた時に脚本ができていなかったので「ホンを見せてください」として保留にしたのが、プロデューサーの平山亨に「OKが出なかった」と伝わったのではないかと述べている[30]。脚本を読んだ宮内は自身にしかできないと思い即OKを出したという[30]
  • 撮影ではアドリブなどを自由にやることができ、宮内はズバットに変身せずすべて早川健でやりたかったと述べている[30]
  • 『快傑ズバット』は作品自体好評にも拘わらず玩具商品が売れなかったため、作品が打ち切りになってしまい、玩具メーカー主導の特撮番組の制作体制を嘆いている[30]。当人はこれを「企業の宿命」だと自伝などで語っている[要ページ番号]

交友関係[編集]

  • 石ノ森章太郎とは『仮面ライダーV3』の頃には会っておらず、『ゴレンジャー』のオファー時に説得を受けたのが事実上の初対面であった[6]。後年、石ノ森からV3の色紙を描いて贈呈すると言われていたが、石ノ森が死去したため実現しなかった[6]
  • “おやっさん”こと立花藤兵衛役を演じた小林昭二は、主役を張りつい調子に乗る宮内を叱ったり、アドバイスをするなど非常に面倒見がよく、宮内にとっては公私ともに「おやっさん」であった[31][10]
  • 『仮面ライダーV3』はハワイでも放送されていたため、同じくハワイで放送されていた『人造人間キカイダー』主演の伴大介とはともにハワイのイベントに出演することが多い[10]
  • 歌手の水木一郎は、自身と宮内の性格は似ていると称しており、1度本気の喧嘩をした後に仲良くなったという[32]

その他のエピソード[編集]

  • 『ゴレンジャー』や『快傑ズバット』では、風見志郎が別のヒーローになったと思われないように年齢設定を上げ、風見志郎では腰を落として相手に向かっていたところを新命明では怪人と対等な目線に立ち、番場壮吉や早川健では上に立った物言いで余裕を見せるなど、腰の高さ・目線・台詞回しなどを変えている[26]
  • 特警ウインスペクター』の正木俊介役は、師である丹波哲郎が『キイハンター』や『Gメン'75』で演じたようなボス役であるということで引き受けたが、丹波のように表に出ないのではなく変身しない役でも積極的にアクションを入れるよう要望している[28]
  • 仮面ライダー』で一文字隼人/仮面ライダー2号役を演じた佐々木剛は、宮内の日頃から自身を律し、ヒーローとしてのイメージを保ち続けている姿勢を評価している[33]

出演[編集]

映画[編集]

タイトル 公開年 役名 配給 備考
夜の歌謡シリーズ 長崎ブルース 1969年 東映
やくざ刑罰史 私刑! 新吉
組織暴力 兄弟盃 大場組組員
花札賭博 猪の鹿三番勝負 1970年 藤井
不良番長 出たとこ勝負
不良番長 口から出まかせ タカシ
現代ポルノ伝 先天性淫婦 1971年 本間洋一郎
麻薬売春Gメン 1972年 田村洋
女番長ブルース 牝蜂の挑戦 露木栄三
女番長 1973年 手代木達夫
仮面ライダーV3対デストロン怪人 風見志郎 / 仮面ライダーV3(声) 主演
五人ライダー対キングダーク 1974年 仮面ライダーV3(声)
女必殺拳 李万青
秘密戦隊ゴレンジャー 爆弾ハリケーン! 1976年 新命明 / アオレンジャー(声)
トラック野郎・天下御免 春日 クレジットのみ(未登場[34][35]
姿三四郎 1977年 檜垣源三郎 東宝
惑星大戦争 冬木和夫
ジャッカー電撃隊VSゴレンジャー 1978年 番場壮吉 / ビッグワン(声)
アオレンジャー(声)
東映
赤穂城断絶 萓野三平
その後の仁義なき戦い 1979年 尾沢刑事
真田幸村の謀略 長曽我部盛親
仮面ライダースーパー1 劇場版 1981年 仮面ライダーV3(声)
獣たちの熱い眠り 中田明夫
ハイティーン・ブギ 1982年 レーシングチーム監督 東宝
夏の秘密 矢野刑事 松竹
誘拐報道 A社キャップ 東映
制覇 吉田
北の蛍 1984年 海野治作
修羅の群れ 石河組幹部 宮元広一
大奥十八景 1986年 徳川綱吉
首都消失 1987年 外信部デスク 東宝
超力戦隊オーレンジャー 劇場版 1995年 三浦尚之 参謀長 東映
借王(シャッキング)The Movie 2000 2000年 石原 日活
平成金融道・マルヒの女 武田 東映
実録・夜桜銀次2 2001年
実録ヒットマン〜妻その愛〜 2002年 松波組組長
実録ヒットマン〜北海の虎・望郷〜 2003年 夏目吾一
サイバーシスターズD3 2004年 南條真一 教授 キックファクトリー
仮面ライダー THE FIRST 2005年 立花藤兵衛 東映
ゲーム☆アクション 2009年 大河航 ローソンエンターメディア 主演
オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー 2011年 仮面ライダーV3(声)
ズバット(声)
東映
縁 -enishi- 堂上到 縁- enishi-製作委員会
ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦 番場壮吉 / ビッグワン(声)
アオレンジャー(声)
東映
死ガ二人ヲワカツマデ…[36] 2012年 日活

テレビドラマ[編集]

レギュラー出演[編集]

タイトル 放映年 役名 放映局 備考
あゝ忠臣蔵 1969年 間新六 関西テレビ
キイハンター 1970年 - 1973年 壇俊介 TBS 第92話〜
仮面ライダーV3 1973年 - 1974年 風見志郎 / 仮面ライダーV3(声) 毎日放送 主演
助け人走る 1974年 島帰りの龍 朝日放送 第20話〜
ヨイショ 江上久志 TBS
刑事くん 第4部・第5部 1974年 - 1976年 風間義勝 刑事
秘密戦隊ゴレンジャー 1975年 - 1977年 新命明 / アオレンジャー(声) NET
快傑ズバット 1977年 早川健 / 快傑ズバット(声) 東京12チャンネル 主演
ジャッカー電撃隊 番場壮吉 / ビッグワン(声) テレビ朝日 第23話〜
吉宗評判記 暴れん坊将軍 1978年 - 1979年 御庭番 藪田助八 第1話〜第87話
Gメン'75 1979年 - 1981年 島谷和彦 刑事 TBS 第227話〜第306話
特警ウインスペクター 1990年 - 1991年 正木俊介 本部長 テレビ朝日
特救指令ソルブレイン 1991年 - 1992年
超力戦隊オーレンジャー 1995年 - 1996年 三浦尚之 参謀長
激漫ティービー / 激殺 女蠍野球団 〜愛しの甲子園〜 2004年 星野金八 テレビ東京
花衣夢衣 2008年 水上和幸 東海テレビ 第12話〜

ゲスト・単発出演[編集]

タイトル 話数 / サブタイトル 放映年 役名 放映局 備考
ゴールドアイ 第4話「逃亡者の子守唄」 1970年 日本テレビ
刑事くん 第2部 第3話「青い蝶はどこへ」 1973年 TBS
どっこい大作 第33話「殺し屋にパンを投げろ!」 NET
仮面ライダーX 第27話「特集 5人ライダー勢ぞろい!!」
第28話「見よ! Xライダーの大変身!!」
第33話「恐怖! キングダークの復しゅう!!」
第34話「恐怖の武器が三人ライダーを狙う!!」
1974年 風見志郎 / 仮面ライダーV3(声) 毎日放送
プレイガールQ 第31話「札束と女とギャング」 1975年 東京12チャンネル
鬼平犯科帳 第7話「あきれた奴」 火盗改同心 NET
喜びも悲しみも幾歳月 第5話、第6話 日本テレビ
仮面ライダーストロンガー 第35話「帰って来た男! その名はV3!!」
第37話「ライダー捕らわる! デルザー万才!!」
第39話「さようなら! 栄光の七人ライダー!」
風見志郎 / 仮面ライダーV3(声) 毎日放送
全員集合!7人の仮面ライダー!! 1976年
スパイダーマン 第31話「明日なき子連れ刑事」
第39話「格闘技世界一大会」
1978年 麻薬Gメン 立花剛 東京12チャンネル
1979年  
少女探偵スーパーW 第7話「郁恵、久美子の誘拐事件大捜査!」 鈴木 TBS
柳生一族の陰謀 第39話「さらば! 柳生」 宮坂藤九郎 関西テレビ
仮面ライダー(新) 第34話「危うしスカイライダー! やって来たぞ風見志郎!!」
第35話「風見先輩! タコギャングはオレがやる!!」
1980年 風見志郎 / 仮面ライダーV3(声) 毎日放送
時代劇スペシャル / 牢獄の花嫁 1981年 フジテレビ
ドラマ・人間 / 新宿ラブホテル殺人事件 テレビ朝日
土曜ワイド劇場 通り魔連続殺人 襲われた団地妻
料理教室殺人事件 卵のトリック
闇を斬れ 第21話「人肌人形一夜妻」 道之介 関西テレビ
幻之介世直し帖 第6話「はやぶさ助けた鬼同心」 日本テレビ
影の軍団II 第11話「真夜中に上る死の煙」 村上主水 関西テレビ
大河ドラマ / 峠の群像 第4話「大石初陣三十六歳」
第5話「内蔵助対内蔵助」
1982年 稲村義久 NHK
時代劇スペシャル / 紫頭巾 黄金の秘密 海老沢一八 フジテレビ
嫉妬 テレビ朝日
時代劇スペシャル / 沖田総司 華麗なる暗殺者 宮部増実 フジテレビ
土曜ワイド劇場 妻と愛人の決闘 テレビ朝日
3DKの通り魔 家庭教師が私を襲う
遠山の金さん 第12話「この男、鬼と呼ばれて七百十日」 長次
同心暁蘭之介 第36話「殺しの影」 フジテレビ
時代劇スペシャル / 大江戸無頼・河内山宗俊 暗闇の丑松
ザ・ハングマンII 第11話「ヤミの談合ナマ中継」 矢沢孝太郎 朝日放送
宇宙刑事ギャバン 第30話「ドンホラーの息子が魔空城に帰って来た」
第31話「天使の歌が聞こえる 人形にされた王女」
宇宙刑事アラン テレビ朝日
土曜ワイド劇場 / 愛の妖精殺人事件 鮮やかなフィナーレ 1983年
時代劇スペシャル / 夕陽の用心棒 フジテレビ
大江戸捜査網 第486話「尼僧乱れ肌 首なし死体の謎」 佐平 テレビ東京
第514話「母さんと呼んでいいかい?」 おろちの蔵三
時代劇スペシャル / 花隠密 フジテレビ
遠山の金さん 第64話「怨霊屋敷・女のしのび泣き」 テレビ朝日
時代劇スペシャル 松本清張の西海道談綺 向井平三郎 フジテレビ
くの一忠臣蔵 海老沢八弥
10号誕生!仮面ライダー全員集合!! 1984年 風見志郎 / 仮面ライダーV3(声) 毎日放送
大江戸捜査網 第640話「隠密同心 暁に去る」 立花左馬介 テレビ東京
特捜最前線 第361話「疑惑 警察犬イカロスの誘拐! 」
第362話「疑惑II 女捜査官の追跡! 」
川浦一宏 テレビ朝日
流れ星佐吉 第10話「名裁き大逆転」 関西テレビ
新・大江戸捜査網 第16話「父子星さすらい旅」 加賀爪兵庫 テレビ東京
火曜サスペンス劇場 / 見えない橋 日本テレビ
長七郎江戸日記スペシャル 長七郎立つ! 江戸城の対決 沢村
火曜サスペンス劇場 / 観覧車は見ていた
ザ・ハングマン4 第15話「恋人の体が新札偽造のいけにえにされる! 」 1985年 小沢 朝日放送
迷宮課刑事おみやさん 第6話「15年前のOLレイプ未遂事件が今日…!」 倉本トシユキ
暴れん坊将軍II 第107話「蛸さま命! の女剣士」 林奉行・高林武一郎 テレビ朝日
土曜ワイド劇場 / 森村誠一の魔少年
特捜最前線 第437話「逆転推理・秋の花火のメッセージ!」 瀬川邦彦
影の軍団・幕末編 第34話「危険な男の恋文」 佐々木唯三郎 関西テレビ
遠山の金さんII 第8話「女渡世人・男勝りが玉に疵!」 テレビ朝日
忠臣蔵 梶川与惣兵衛 日本テレビ
徳川風雲録 御三家の野望 1986年 天羽外記 テレビ東京
真田太平記 第40話「戦雲再び」〜
第42話「幸村散る」
毛利勝永 NHK
私鉄沿線97分署 第72話「ココは何処? ワタシは誰!?」 テレビ朝日
長七郎江戸日記スペシャル 風雲! 旗本奴と町奴 風見十蔵 日本テレビ
スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説 第37話「黒バラ館の男・父上は生きていた!?」」〜
第40話「悲しみのサキ 総統、愛のために死す」
早乙女七郎 フジテレビ
あぶない刑事 第11話「奇襲」 鳴海ジロー 日本テレビ
西村京太郎サスペンス / 隣人愛 愛されて果てた 三好 関西テレビ
長七郎江戸日記 第1シリーズ 最終回「長七郎最後の対決」 上村玄次郎 日本テレビ
ハングマンGOGO 第7話「罠に落ちて原宿宝石店襲撃!」 1987年 鳴海 朝日放送
新撰組 斎藤一 テレビ朝日
あきれた刑事 第10話「正体暴露」 宮坂四郎 日本テレビ
徳川家康 1988年 今川家臣 TBS
長七郎江戸日記スペシャル 千姫有情、母ありき 磯村 日本テレビ
土曜ワイド劇場 牟田刑事官事件ファイル 湯けむり伊豆半島・女たちの殺人スポーツツアー 小西行夫 テレビ朝日
整形復顔 女流デザイナー殺人事件 堀江宏一郎
NEWジャングル 第18話「どこかで聞いた声」 日本テレビ
織田信長 1989年 長井隼人 TBS
火曜サスペンス劇場 真夜中の病室 日本テレビ
殺人ダイアリー 川村俊夫
続・三匹が斬る! 第18話「さらば三匹、今宵大江戸の露と消ゆ!?」 笠間藩 テレビ朝日
鬼平犯科帳 第1シリーズ 第6話「むっつり十蔵」 夜鳥の仙吉 フジテレビ
暴れん坊将軍・500回記念スペシャル 将軍琉球へ渡る、天下分け目の決闘! 1990年 薮田助八 テレビ朝日
火曜サスペンス劇場 結婚指輪 日本テレビ
顔斬り
鬼平犯科帳 第2シリーズ 第17話「下段の剣」 1991年 不破の惣七 フジテレビ
土曜ワイド劇場 / 目撃証言を頼んだ女 石田洋介 テレビ朝日
はぐれ刑事純情派V 第3話「自己破産を望んだ女 カードの誘惑! 」 1992年 柴田哲也
名奉行 遠山の金さん 第4シリーズ 第19話「穴蔵の謎 炎に消えた千両箱」 太助
喧嘩屋右近 第2話「仲裁待ったなし」 鏑木陣八郎 テレビ東京
火曜サスペンス劇場 / 切り裂かれた絵 日本テレビ
プレイガール'92 黒真珠殺人事件 テレビ東京
特捜エクシードラフト 第47話「正木リターンズ!」〜
第49話「さらば、特捜警察」
1993年 正木俊介 警視監 テレビ朝日
名奉行 遠山の金さん 第5シリーズ 第5話「嫁と舅とお目付桜」 多治見市之丞
第24話「馬と下郎と大福餅」 黒川伝十郎
土曜ワイド劇場 密会の宿8 男と女の殺人ドライブ 菊地和義
過去をもって来た女 沢村誠
織田信長 1994年 前田利家 テレビ東京
水戸黄門 第23部 第19話「悲願叶えた高麗人参 -松江-」 成瀬十内 TBS
名奉行 遠山の金さん 第6シリーズ 第21話「情けが仇の美人局」 森平八郎 テレビ朝日
火曜サスペンス劇場 当番弁護士 1995年 常見警部 日本テレビ
歪んだ果実 1996年
将軍の隠密!影十八 第14話「うそ・情婦のできごころ」 テレビ朝日
火曜サスペンス劇場 / 当番弁護士2 鳥飼刑事 日本テレビ
水戸黄門 第25部 第13話「若様の水門破り」 1997年 大中亀四郎 TBS
第43話「世直し旅は日本晴れ」 梶原平九郎
月曜ドラマスペシャル / 弁護士芸者のお座敷事件簿 裁判長
水戸黄門 第26部 第23話「京の都に恋の花 -京都-」 1998年 風見又十郎
暴れん坊将軍IX 第31話「頑固爺いが一目惚れ! 襲われた蛇の目傘の女」 1999年 野沢織部 テレビ朝日
火曜サスペンス劇場 / 事件記者 村松清治 日本テレビ
水戸黄門 第27部 第12話「津軽の飴は友の味 -青森-」 川田 TBS
熱血!周作がゆく 第1話「一刀流一番手柄!」 2000年 竹田屋徳兵衛 テレビ朝日
水戸黄門 第28部 第34話「日本一の謎の影武者 -博多-」 板垣外記 TBS
ギンザの恋 第3話「さよならベイビー」 2002年 よみうりテレビ
女と愛とミステリー / 北アルプス雪山殺人迷路 テレビ東京
八丁堀の七人3 第9話「獄門に笑う女! 牢内にすべての謎が…」 本庄又四郎 テレビ朝日
女と愛とミステリー / 鬼子母の末裔 2003年 原島 テレビ東京
月曜ミステリー劇場 世直し公務員 ザ・公証人5 2005年 TBS
父が来た道
水曜ミステリー9 / 警視庁黒豆コンビ2 蒼い霧 2006年 安藤雄二 テレビ東京
月曜ゴールデン / 黙秘 TBS
土曜ワイド劇場 / 炎の警備隊長・五十嵐杜夫6〜完全密室ビル美女殺人! 2007年 高萩社長 テレビ朝日
ドラマ特別企画2011 / 帰郷 2011年 TBS

その他のテレビ番組[編集]

タイトル 放映年 放映局 備考
深夜戦隊ガリンペロ 2002年 - 2003年 フジテレビ レギュラー

オリジナルビデオ[編集]

タイトル リリース年 役名 メーカー 備考
ザ・格闘王 1994年 東映ビデオ
極道の門 二代目・流血の盃 1995年 タキコーポレーション
極道の門 最後の首領
日本極道史・残侠の盃 SHSプロジェクト
東京魔悲夜 タキコーポレーション
超力戦隊オーレンジャー オーレVSカクレンジャー 1996年 三浦尚之 参謀長 東映ビデオ
東京魔悲夜2 タキコーポレーション
魔界転生 宮本武蔵 ギャガ・コミュニケーションズ
新・第三の極道 ミュージアム
激走戦隊カーレンジャーVSオーレンジャー 1997年 三浦尚之 参謀長 東映ビデオ
新ピイナッツ ポニーキャニオン
サインはストレート 埼玉県教育委員会
日本暴力地帯2 1998年 ミュージアム
借王(シャッキング)狙われた学園 2001年 日活
百獣戦隊ガオレンジャーVSスーパー戦隊 番場壮吉 / ビッグワン(声) 東映ビデオ
誇り高き野望 2005年 鬼倉洋介 アネック
誇り高き野望4
誇り高き野望5
誇り高き野望6
宮内洋探検隊の超常現象シリーズ 2007年 角川ヘラルド映画
仁義51 〜血と掟編〜 2009年 松竹

演劇[編集]

タイトル 上演年 役名 制作 備考
河内山宗俊 1983年 京都南座
雪之丞変化 1986年 コマ・プロダクション
1987年 中日劇場
そうでしょうか 俳優座
花と龍 1988年 コマ・プロダクション
通天閣高い 京唄子劇団
女座長の唄 1989年 京唄子劇団
恋の連舞 コマ・プロダクション
雪之丞変化 1990年 京唄子劇団
滝の白糸 コマ・プロダクション
嫁と旅役者 1991年 京唄子劇団
女ねずみ小僧異聞天 天命燃ゆ コマ・プロダクション
川びらきと祝囃子 京唄子劇団
赤い風車と花笠道中 1993年
晴姿若様剣法 1994年 コマ・プロダクション
絢爛義経絵巻 1995年
ドラキュラ・イン・ジャパン 愛・時をこえて 1997年 御園座 / 新歌舞伎座
花嫁衣裳 京唄子劇団
海道一の暴れん坊 石松道中双六 1998年
石松初恋旅 2000年 明治座
立春なみだ橋 2002年
ザ・ドリフ3/5 夢の芝浜繁盛記 2005年 御園座
おゆき 2006年
ティーチャーズ〜職員室より愛をこめて〜 2007年 東映梅田芸術劇場
緋牡丹お竜 2008年 新歌舞伎座
ティーチャーズ〜職員室より愛をこめて〜 2009年 東映=梅田芸術劇場
女優 2010年 ヒューマンピクチャーズ
トウキョウ演劇倶楽部プロデュース公演Vol.7「ブラックジャックによろしく〜がん患者編〜」 2014年 六行会ホール

ゲーム[編集]

タイトル 役名 備考
仮面ライダーV3 仮面ライダーV3
仮面ライダー 正義の系譜 風見志郎 / 仮面ライダーV3

CM[編集]

ミュージック・ビデオ[編集]

音楽作品[編集]

シングル
題名 B/W・C/W 発売年 レーベル 備考
夜霧の世界 孤独のうた 1971年 テイチク
戦え! 仮面ライダーV3 少年仮面ライダー隊の歌(歌 / 水木一郎コロムビアゆりかご会 1973年 日本コロムビア 仮面ライダーV3』主題歌
出逢い まごころの時 1976年 ポリドール
二人の地平線 地獄のズバット / 男はひとり道をゆく(歌 / 水木一郎) 1977年 日本コロムビア 快傑ズバット』挿入歌
ありがとよ 旅に行っておいで 1980年 ビクター
アルバム
題名 発売年 レーベル 備考
特警ウインスペクター ヒット曲集 1990年 日本コロムビア 挿入歌「燃やせ! 瞳を」を歌唱
石ノ森章太郎 男も泣けるTV主題歌集 1998年 テイチク 『地獄のズバット』を歌唱

著作[編集]

  • 宮内洋 『ヒーロー神髄』 風塵社1998年ISBN 9784938733551
    • 芸能生活30周年記念出版。ヒーロー=宮内洋と人間=宮内洋の両面を披露する。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 宮内の著書『ヒーロー神髄』では生年月日を1945年(昭和20年)6月14日としている[2]
  2. ^ 宮内の著書『ヒーロー神髄』では出身地を満州国奉天市としている[3]
  3. ^ 宮内の著書『ヒーロー神髄』ではデビュー時の体重を69kgとしている[5]
  4. ^ 特に『V3』ではスタッフに何度も頼んで変身後のアクションシーンを変身前に変更してもらったと述懐している[15]
  5. ^ 東映プロデューサーの平山亨阿部征司は、後年「ドアを蹴破って入ってきた」と述べているが、宮内はそこまではやっていないとこれを否定している[13]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 宮内洋” (日本語). 株式会社オフィス28 (2012年9月). 2012年9月28日閲覧。
  2. ^ ヒーロー神髄 1998, p. 24.
  3. ^ ヒーロー神髄 1998, p. 要ページ番号.
  4. ^ a b c 宮内洋プロフィール” (日本語). YAHOO! JAPAN 人物名鑑. 日本タレント名鑑 (2011年2月). 2011年2月27日閲覧。
  5. ^ ヒーロー神髄 1998, p. 29.
  6. ^ a b c d e f g h i j k 仮面ライダー1971-1984 2014, pp. 142-145, 「INTERVIEW 宮内洋」
  7. ^ キャラクターランド 2015, p. 43, 「ヒーロー俳優、宮内洋の系譜」.
  8. ^ キャラクターランド 2015, p. 43, 「宮内洋、銚子市のふるさと大使に就任!!」.
  9. ^ ブレインナビ編 『快傑ズバット大全』 双葉社、2002年、P189。ISBN 9784575293715
  10. ^ a b c d e f 昭和マガジン 2015.
  11. ^ 『帰ってきた怪獣VOW』 宝島社1995年[要ページ番号]
  12. ^ 『さらば!怪獣VOW』 宝島社、1996年[要ページ番号]
  13. ^ a b c d OFM仮面ライダー3 2004, p. 26, 「主演俳優の素顔3 宮内洋」
  14. ^ 『快傑ズバット大全』 双葉社2002年[要ページ番号]
  15. ^ ファミリー劇場 『ファ見る!』 2008年8月号でのインタビューより[出典無効]
  16. ^ 宮内洋、4年前に8時間人工血管大手術” (日本語). デイリースポーツ (2012年4月). 2012年4月13日閲覧。
  17. ^ OFM仮面ライダー3 2004, pp. 17、26.
  18. ^ ヒーロー神髄 1998, p. 79.
  19. ^ a b c d e f キャラクターランド 2015, p. 44, 「仮面ライダーV3」
  20. ^ LD-BOXのライナーノート
  21. ^ 『怪獣VOW』[要文献特定詳細情報]のインタビュー
  22. ^ ブレインナビ編 『快傑ズバット大全』 双葉社、2002年、184頁。ISBN 9784575293715
  23. ^ ヒーロー神髄 1998, p. 61.
  24. ^ 「テレビマガジン特別編集 秘密戦隊ゴレンジャー大全集」 講談社、1988年、181頁。ISBN 9784061784093
  25. ^ ヒーロー神髄 1998, p. 101.
  26. ^ a b c キャラクターランド 2015, p. 46, 「秘密戦隊ゴレンジャー」
  27. ^ 「ヒーローファイル ジャッカー電撃隊」『甦る!石ノ森ヒーローファイル』 Gakken〈Gakken Mook〉、2013年9月10日、62頁。ISBN 978-4-05-610166-9
  28. ^ a b c キャラクターランド 2015, p. 50
  29. ^ 2004年1月8日放送の読売テレビダウンタウンDX』より[出典無効]
  30. ^ a b c d キャラクターランド 2015, p. 48, 「快傑ズバット」
  31. ^ 岡謙二・著 ソニー・マガジンズ・編 『不滅のヒーロー 仮面ライダー伝説』(ソニー・マガジンズ・1999年)66頁。
  32. ^ OFM仮面ライダー5 2004, p. 30, 早川優「仮面ライダー音楽考 第9回 ライダーソングの歌い手たち」.
  33. ^ OFM仮面ライダー2 2004, p. 26, 「主演俳優の素顔5 佐々木剛」.
  34. ^ 『トラック野郎 浪漫アルバム』 30頁。
  35. ^ 『映画「トラック野郎」大全集:日本最後のアナーキー・プログラム・ピクチャーの伝説」』 65頁。
  36. ^ 誠直也&宮内洋、不仲説一蹴!ゴレンジャー以来の共演…映画「死ガ二人ヲ─」”. スポーツ報知. 2012年9月1日閲覧。
  37. ^ アイドリング!!!、新曲「My Fate」のミュージックビデオをGYAO!にて先行解禁 - PONY CANYON NEWS

参考文献[編集]

  • 『KODANSHA Official File Magazine 仮面ライダー』(講談社
  • 『仮面ライダー1971-1984 秘蔵写真と初公開資料で蘇る昭和ライダー10人』 講談社 編、講談社、2014年11月20日ISBN 978-4-06-218566-0
  • 雑誌インタビュー
    • 「秘蔵写真で綴る!! 宮内洋大全集」、『HYPER HOBBY PRESENTS キャラクターランド』Vol.1、徳間書店2015年6月1日、 pp.42-50、 ISBN 978-4-19-730134-8
    • 「特撮ヒーロー界のレジェンドが語る“ヒーローの在り方”」『俺たちのPLAY-BACK 昭和マガジン VOL.2 ボクらのスーパー戦隊』 ダイアプレス〈DIA Collection〉、2015年6月18日、pp.54-58。ISBN 978-4-8023-0030-8

関連項目[編集]

外部リンク[編集]