修羅の群れ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
修羅の群れ
監督 山下耕作
脚本 村尾昭
原作 大下英治
出演者 松方弘樹
北大路欣也
菅原文太
北島三郎
天知茂
丹波哲郎
若山富三郎
鶴田浩二
音楽 木下忠司
主題歌 北島三郎「神奈川水滸伝」
撮影 赤塚滋
編集 市田勇
製作会社 東映
配給 東映
公開 日本の旗 1984年11月17日
上映時間 123分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

修羅の群れ』(しゅらのむれ)は、1984年11月17日に公開された日本映画。製作、配給は東映[1]。主演は松方弘樹2002年2月16日に同じく松方の主演で、GPミュージアムソフトによるリメイク版が公開された。

概要[編集]

昭和初期、横浜浅間町の吉岡道場で柔道に励む青年、稲原龍二。導かれるように博徒となり、やがて関東随一の巨大組織の首領に。稲原と彼のもとに集う男たちの姿を描く実録やくざ映画。原作はモデル小説で、扶桑会の吉川清など数人を除いて殆どが仮名になっている。主人公のモデルは稲川会総裁、稲川角二[2][3]

製作[編集]

企画[編集]

クレジットにはないが岡田茂東映社長(当時)が稲川聖城の半生を映画化しようと徳間康快とまず『アサヒ芸能』での連載を決め、同じ広島出身で懇意の大下英治に書かせた原作を映画化したもの[2][4][5][6]俊藤浩滋も同様に稲川と交渉を続けていたが、岡田のルートで映画化が進んだ[4][5]。大下は直接稲川聖城に会い、長いインタビューを行い原作を書いた[7]。   

大下はこれをきっかけにヤクザをテーマにした小説を書くようになった[4]。俊藤は「小説及び映画のタイトルは私が決めた」と話しているが[6]、大下は「小説及び映画のタイトルは私と俊藤で決めた」[4]、「"修羅"という言葉は私(大下)が好きで入れた」と話している[2][4]。ヤクザ映画やビデオのタイトルに"修羅"という語が多く使われ始めたのはこの作品以降である[2][4]

キャスティング[編集]

東映生え抜きのスターながら、長年冷や飯を食わされ[8][9]、岡田社長から「松方、役者は四十からだぞ、辛抱せえよ」と言われ続け[8][10]、三十代で大作の主役を張るようになっても「まだ足が着いてない」気持ちだったという松方が、「やっと独り立ちできた」と生涯の代表作と誇っていたのが本作[3][8][10][11][12]。ただ、当初主役を予定されていたのは、本作で脇役として出演しているライバル・北大路欣也であった[8]。北大路が文芸作品と撮影が重なり、「なら松方でいいか」と松方が主役に決まった[8]

松方に絡む役で野球解説者張本勲小林繁が特別出演し話題を呼んだ[1]酒井和歌子は東映初出演[1]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

作品の評価[編集]

興行成績[編集]

セールスプロモーションに力を入れる予定だったが、事情により[19]、かけられず、配給収入は6億5千万円に留まった[19]

後の作品への影響[編集]

岡田東映社長は「やくざ映画は絶対観客はある程度いるが若い層に火がつかない。企画をよく練って、今後も年一本ぐらいは作る」などと話していた[19]。しかし『修羅の群れ』の後に松方が『戦争と平和』というタイトルで、勝新太郎警視庁合田一家の話をやろうとして、衣装合わせまで進んでいたが、当局から岡田社長に圧力がかかり頓挫し[8]、そこから実録的なヤクザ映画は撮れなくなったと話している[8]。東映は翌1985年に松方主演で波谷守之をモデルとした『仁義なき戦い』の別視点映画『最後の博徒』を製作したが[20]、以降は、本格的な実録ヤクザ映画は作られていない[8]

このため『修羅の群れ』から、東映は新しい"実録"を模索し、1988年には『極道渡世の素敵な面々』や『』を皮切りに、"ニューやくざ映画"、"ネオやくざ路線"が生まれ、これは後の東映Vシネマというジャンルを切り拓いた流れの一つとも評される[21][22][注 1]。当時東映は、女性文芸映画や女性を主役としたヤクザ映画が当たり[1][22]、仁侠映画はどんどん傍系に追いやられ『修羅の群れ』も『制覇』以来、二年ぶりの製作だった[1]

逸話[編集]

  • 星野仙一が本作のファンで、中日監督時代に遠征先でのバス移動の際や、宿舎で2chのアダルトチャンネルの代わりに上映させて自身はもちろん、コーチ陣やナインにも気合を注入していたという[24][25]
  • 主題歌「神奈川水滸伝」は、モデルとされた稲川会が気に入って式典の記録ビデオなどに使用しているという[18]

リメイク版(2002年)[編集]

修羅の群れ
監督 辻裕之
脚本 石川雅也
原作 大下英治「修羅の群れ」桃園書房
ナレーター 田辺博之
出演者 松方弘樹
夏八木勲
名高達男
鶴田さやか
貫地谷しほり
二宮さよ子
寺島進
渡辺裕之
高松英郎
梅宮辰夫
菅原文太
中井貴一
小林旭
丹波哲郎
渡哲也
音楽 奥野敦士
撮影 小松原茂
編集 金子尚樹
製作会社 ミュージアム
配給 ミュージアム
公開 日本の旗 2002年2月16日
上映時間 130分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

松方弘樹主演。俊藤浩滋の最後のプロデュース作品[26][注 2]。また、貫地谷しほりのデビュー作である[28]。「第1部 怒濤編」(76分)「第2部 風雲編」(88分)「第3部 完結編 大抗争列島」(81分)の全3作としてDVDリリース。

キャスト[編集]

  • 稲原龍二:俊藤光利(青年時代 加東伝三郎の若衆)→松方弘樹(壮年以降 加東伝三郎の若衆→鶴岡政二郎の若衆→山崎屋一家稲原組組長→稲原会初代会長→稲原会総裁)g
  • 横山新二郎(堀井一家代貸→山崎屋一家稲原組後見人):夏八木勲
  • 石井隆司(石津組代貸→稲原組系石井組組長→稲原会理事長→稲原会二代目会長):名高達男
  • 稲原雪子(稲原龍二の妻):鶴田さやか
  • 稲原秋子(稲原龍二の娘):貫地谷しほり
  • 田城綾子(山賀組三代目姐):二宮さよ子
  • 中田しずえ(雪子の母):島ひろ子
  • 加東伝三郎(堀井一家三代目総長):高松英郎
  • 山本信太郎(堀井一家代貸):武蔵拳
  • 堀井一家組員:土平ドンペイ
  • 出口辰雄(横浜愚連隊四天王→稲原龍二の若衆 モロッコの辰):寺島進
  • 井沢輝一(横浜愚連隊四天王→稲原龍二の若衆→稲原組幹部):本宮泰風
  • 林俊一郎(横浜愚連隊四天王→稲原組幹部→稲原会会長補佐):隆大介
  • 吉永金三(横浜愚連隊四天王→稲原組幹部):山下真広
  • 長谷川政治(愚連隊→稲原龍二の若衆→稲原組幹部→稲原会常任理事→碑文ジ一家):崎山凛
  • 森田新吾(愚連隊→稲原龍二の若衆→稲原組幹部→稲原会常任理事):やべきょうすけ
  • 田中圭:辰巳佳太
  • 女衒(列車の中):諏訪太朗
  • 医師:野上正義
  • 関山勝(関山組組長):梅宮辰夫
  • 石橋雅史
  • 並樹史朗
  • 町村久行(東方会会長):小沢仁志
  • 桧山宏:鈴木隆仁
  • 九道見治(九道会会長):菅原文太
  • 草山武明(草山一家総長):待田京介
  • 浜田市郎(郷里一家二代目総長):亀石征一郎
  • 田城正雄(山賀組組員→山賀組三代目組長):中井貴一
  • 山倉健造(山賀組若頭):古井榮一
  • 竹上正久(山賀組若頭→山賀組四代目組長):殺陣剛太
  • 山崎宏(山賀組組長代行→正和会会長):岡崎二朗
  • 渡会芳樹(山賀組系山倉組若頭→山賀組四代目若頭補佐):渡辺裕之
  • 岸川(山賀組組員→山賀組四代目若頭補佐):森永健司
  • 堀尾賢一(山賀組系井藤組 横浜支部長):野口雅弘
  • 安倍信作(住井一家三代目総長→元総長):小林旭
  • 鶴岡政二郎(綱島一家五代目総長):丹波哲郎
  • 稲原裕之:目黒大樹(青年時代 稲原組系石井組組員→山崎家一家組長)→渡哲也(壮年 山崎家一家組長→稲原会二代目本部長→稲原会三代目会長)

スタッフ[編集]

  • 監督:辻裕之
  • 原作:大下英治
  • 脚本:石川雅也
  • ナレーター:田辺博之
  • 企画:俊藤浩滋、伊藤秀裕
  • 製作:北側雅司、中島仁
  • プロデューサー:小野誠一、内藤三郎
  • 音楽:奥野敦士
  • 挿入曲「神奈川水滸伝」作曲:船村徹
  • 撮影:小松原茂
  • 照明:石丸隆一
  • 録音:星一郎
  • 美術:吉田直哉
  • 編集:金子尚樹
  • 助監督:横井健司
  • 題字:亀谷石嶺
  • 制作協力:エクセレントフィルム
  • 制作:ミュージアム・ピクチャーズ
  • 製作:ミュージアム

注釈[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 1983年に金子正次から買った『竜二』から、東映は"ニューヤクザ路線"を敷いたとする見方もある[23]
  2. ^ 残侠 ZANKYO』を最後のプロデュース作品とする文献もある[27]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e キネマ旬報 1984年11月上旬号』キネマ旬報社、24-25頁。
  2. ^ a b c d 22.旬刊雑誌『熟年ニュース』 : 日本報道協会 - livedoor Blog
  3. ^ a b 病魔と闘う荒ぶる役者たちの不屈秘話 「第1回・松方弘樹」(3)100人を招いての大宴会”. アサ芸プラス. 徳間書店 (2016年10月19日). 2017年10月15日閲覧。
  4. ^ a b c d e f 大下英治『トップ屋魂:週刊誌スクープはこうして生まれる!』KKベストセラーズ、2009年、280-282頁。ISBN 978-4-584-13129-9
  5. ^ a b 実話時代』、メディアボーイ、2008年2月号、 9頁。
  6. ^ a b 俊藤浩滋山根貞男『任侠映画伝』講談社、1999年、254頁。ISBN 4-06-209594-7
  7. ^ 32.旬刊雑誌『熟年ニュース』 : 日本報道協会 - livedoor Blog
  8. ^ a b c d e f g h 吉田豪「『仁義なき戦い』の頃を思い出すと...松方弘樹インタビュー」『七〇年代東映 蹂躙の光学』扶桑社、2005年9月号、pp.70–75。
  9. ^ 週刊ダイヤモンド編集部 (2017年4月11日). “松方弘樹、逆境のオンパレードを乗り越えた役者人生”. ダイヤモンドオンライン. p. 4. 2017年10月15日閲覧。
  10. ^ a b 松方弘樹 公式ブログ/恩人・岡田茂の薫陶 - GREE
  11. ^ 春日太一 (2017年2月28日). “時代に流されぬ男らしさ“松方イズム”の真骨頂!”. 文春オンライン. 2017年10月15日閲覧。
  12. ^ 松方弘樹亡き父へ果たし状…近衛十四郎代表作に挑む - ZAKZAK俺は釣りキチ松方弘樹だ、これが人生だ『松方弘樹の世界を釣った日々』
  13. ^ 【松方弘樹さんを偲ぶ会 コメント集】北島三郎「命のはかなさ感じた」
  14. ^ 大下英治『首領 昭和闇の支配者』3、大和書房<だいわ書房>、2006年、84頁。ISBN 978-4-479-30027-4
  15. ^ 大下英治『首領 昭和闇の支配者』3、大和書房<だいわ書房>、2006年、66頁。ISBN 978-4-479-30027-4
  16. ^ 『松江八束建設業暴力追放対策協議会』のHPの「暴力団ミニ講座34)稲川会」
  17. ^ 大下英治『首領 昭和闇の支配者』3、大和書房<だいわ書房>、2006年、23頁。ISBN 978-4-479-30027-4
  18. ^ a b 暴力団と演歌界 稲川会や住吉会のテーマソング歌う歌手も、NEWSポストセブン、2011年10月6日
  19. ^ a b c 『映画界のドン 岡田茂の活動屋人生』文化通信社、2012年、192-194頁。ISBN 4-636-88519-8
  20. ^ 藤木TDC「さらば、松方弘樹 『北陸代理戦争』と実録路線の松方弘樹」『映画秘宝 2017年4月旬号』洋泉社、19頁。
  21. ^ 山根貞男「東映やくざ映画の最後か 『首領を殺った男』の現場へ」『映画の貌』みすず書房、1996年、194-201頁。ISBN 4-622-04412-9
  22. ^ a b 歴史|東映株式会社(任侠・実録)
  23. ^ 谷岡雅樹『アニキの時代 ~Vシネマから見たアニキ考~角川マガジンズ、2008年、47-48頁。ISBN 978-4-8275-5023-8
  24. ^ 中日ナイン「仁侠映画」でメンタル改造 - 東スポWeb
  25. ^ 楽天山崎武「修羅の群れ」見せ若手競わす - 野球ニュース : nikkansports
  26. ^ シナリオ作家リレー日記 石川雅也 2009年4月9日(木曜日)|一般社団法人シナリオ作家協会
  27. ^ 井川徳道『リアリズムと様式美 井川徳道の映画美術』ワイズ出版、2009年、288頁。ISBN 9784898302361
  28. ^ 貫地谷しほり「足細くしてこい」パパの後押し感謝 - 芸能 : 日刊スポーツ貫地谷しほり、「芝居に貪欲になれた気がします」主演映画「望郷」公開中 : スポーツ報知

外部リンク[編集]