宮川恵子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宮川 恵子(みやがわ[1] けいこ)は、日本の元フィギュアスケート選手(女子シングル)。1968年、1969年全日本選手権2位。1969年世界選手権代表。

経歴[編集]

1968年東京都で行われた第37回全日本選手権山下一美に続き2位(3位は湯沢恵子)に入る。その結果により、1969年世界選手権の代表に選出される[2]。初出場となった世界選手権では16位に終わる。

1969年大阪府で行われた第38回全日本選手権では、昨年と同様、山下一美に続き2位(3位は吉沢春水)となる。

主な戦績[編集]

大会/年 1968-69 1969-70
世界選手権 16
全日本選手権 2 2

脚注[編集]

  1. ^ The-Sports.org Figure Skating - Keiko Miyagawa (Japan) での"Keiko MIYAGAWA"の記載による
  2. ^ The-Sports.org Figure Skating - Keiko Miyagawa (Japan)